明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2012/02
  • 2012-03 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2012/04
ミャンマーとバングラデシュの領海問題  「大陸棚の境界は中間線を基本」
2012年03月16日(金) 20:23
○国際海洋法裁判所は14日、ミャンマーとバングラデシュの海の境界線をめぐる紛争で、「大陸棚の境界は、中間線を基本とする」 などとした初めての判決を下した。東シナ海をめぐる日中間の争いに、一石を投じるとみられる。
ミャンマーとバングラデシュは、豊富な天然資源が埋蔵されているとみられるベンガル湾の大陸棚の開発をめぐって対立し、海の 上の境界線を30年以上も確定できない状態が続いていた。 バングラデシュは、「大陸棚は自国の陸地の延長上にある」として、200海里を超える部分すべての帰属を主張するなどしていた。

ドイツのハンブルクにある国際海洋法裁判所は14日、初めてとなる海洋境界画定判決で、「大陸棚の境界については、両国間の 中間ラインを基本」にしたうえで、境界付近にある島など個別の事情を考慮した境界線を画定した。
東シナ海をめぐっては、日本が中間線を主張する一方、中国は今回のバングラディッシュと同様、大陸棚は中国側の陸地の延長に あるとして、沖縄トラフ付近までの権益を主張している。
山田吉彦東海大学海洋学部教授は「国際的な標準は、中間線をとるんだと。中国の主張は国際的には受け入れられるものではない という1つの判例が出たことになります」と話した。
国際海洋法裁判所の判断を仰ぐには、当事国すべての同意が必要なことから、今回の判決が東シナ海の問題に直ちに影響を与える ものではないが、一定の基準が示されたことで、関係各国の関心が高まるとみられる。

ソース:FNNニュース http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00219263.html







☆まあ日本がいくら言ったところで中国が譲るとは思えませんが。 もしそうなるとしたら力の裏付けがある時だけでしょう。 今の政権には無理なことでしょうけどね。 ハイ。

米シェールガス革命で世界の石炭価格が下落
2012年03月15日(木) 03:09
(2012年3月13日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 ○米国の発電量のうち石炭火力発電の占める割合が約35年ぶりの低水準に落ち込んでいる。「シェールガス革命」と呼ばれる新型天然ガスの開発・生産拡大が進み、電力各社がそれに乗じて安値のガスを積極的に利用しているためだ。

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819584E3E1E2E2E18DE3E1E2E1E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2


燃料価格の内でシェールガスの価格が落ちていると言う事です。原油はガソリン価格で実感している様に高騰中。バルチック海運指数は底を這っている。

このアンバランスは非常に気になるのですけど・・・。

被害者商売
2012年03月02日(金) 20:09
○米共和党下院議員、「ホロコースト発生の事実なし」

 アメリカのウォルター・ジョーンズ共和党下院議員が、「第2次世界大戦で、 ナチス・ドイツにより数百万人のユダヤ人や、その他の人物らが殺されたと主張する、 いわゆるホロコーストが発生した事実は存在しない」と語りました。 プレスTVの報道によりますと、ジョーンズ議員は29日水曜、 アメリカの新聞ハフィングトン・ポストとのインタビューにおいて、 「ホロコーストは発生しておらず、このような出来事は 20世紀最大の真っ赤な嘘と見なされる」と述べています。

 また、「第2次世界大戦末期に、ナチス・ドイツにより数百万人ものユダヤ人らが 大量殺戮されたというのは、でっちあげの虚言であり、ユダヤ人らの空想に過ぎない」としました。 さらに、「このようなことは、歴史に残る虚言であり、ユダヤ人らはこの虚偽の物語を 創作するために数百万ドルを費やして、この事柄に関する書籍を執筆し、映画を制作した」と語っています。

 ベトナム戦争の退役軍人であるジョーンズ議員はまた、 アメリカの現状と第1次世界大戦後のドイツとを比較し、 「アメリカは、経済、政治、文化、そして軍事面で支離滅裂の状態にある」と述べました。 そして、「サントラム元上院議員やギングリッチ議員のような好戦主義者、 そしてロムニー議員のようなイランへの敵対姿勢を示す者の発言は、滑稽で笑止の沙汰である」としています。

イランラジオ http://japanese.irib.ir/index.php?option=com_content&view=article&id=26038:2012-03-01-11-48-15&catid=17:2010-09-21-04-36-53&Itemid=116







☆どこにでも被害者を声高に叫ぶ人々は居るもので日本だと従軍慰安婦や南京事件などが思い浮かびます。 そして、ヨーロッパではホロコースト。

この三つに関して言えば共通している事があって、どれも軍の命令書が出てこない。軍隊にとって命令書は絶対で、命令無くして勝手な事をすれば軍紀違反で裁判にかけられ、重罪なら処刑もあり得る。

ドイツ軍は鉄の規律と言われたほど軍旗に関しては厳しかったし、旧日本軍も同様でした。 その軍隊が命令無しで勝手にやったと言う事は非常に考えにくい。

そういうと、「兵隊が勝手にやった事は否定できない。」という輩が必ずでてくるのですが、それなら証拠を挙げるべきなんですがね。 まあ、出てこない。いくら疑わしくても、疑わしくは罰せずが近代法の原則なんですがね。

ホロコーストに関しても、疑問が幾つもあって。戦後のユダヤ人の人口がホロコーストが有ったとするには多すぎるとか。 ガス室が居住地の真ん中にあるとか。(ガス室は毒ガスを排出することやガス漏れを考慮して居住地から離して建てるのが常識。) etc・・・

まあ、そう言うおかしな所を議論すれば良いのだけど、そうさせてもらえないのは、南京事件などと同じ。 

いや、被害者商売はかくもおいしい商売の様です。 ハイ。

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET