明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/09
  • 2017-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/11
末期的政治不信状況
2012年06月16日(土) 06:56
民主8%、最低を更新=内閣支持24%、不支持55%−時事世論調査

 時事通信が8〜11日実施した6月の世論調査によると、野田内閣の支持率は前月比1.0ポイント増の24.3%、不支持率は同0.2ポイント減の54.8%だった。支持率は2カ月連続の上昇だが、ほぼ横ばいで依然として低水準にとどまっている。一方、民主党の支持率は前月比0.9ポイント減の8.1%に落ち込み、2009年の政権交代後、最低を更新した。

 調査は全国の成人男女2000人を対象に、個別面接方式で実施した。有効回収率は64.5%。4日の内閣改造による問責2閣僚の交代などが支持率に影響を与えたとみられる。

 内閣を支持する理由(複数回答)は、「他に適当な人がいない」9.9%が最多。「首相を信頼する」7.1%、「誰でも同じ」5.8%と続いた。支持しない理由(同)は、「期待が持てない」が33.4%、「政策が駄目」22.7%、「リーダーシップがない」22.3%の順だった。

 政党支持率は、自民党が前月比1.2ポイント増の13.1%。公明党4.2%、みんなの党1.3%、共産党1.0%、社民党0.5%、国民新党0.1%、新党改革0.1%。「支持政党なし」は69.7%だった。 (2012/06/15-15:04)


http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012061500608






☆しかし、与党の母体政党の支持率が8%ってどういう事? でも、他の政党の支持率を見てもおしなべて低く、支持政党無しが7割も有るってのは政治不信の極みでしょ。

政治川悪いって言うのは簡単だけど、国民がこれまで政治家をちゃんと選んでこなかったつけが来ているとも言えるわけで、ここに日本の衆愚政治は極まった感じですね。

落ちるところまで落ちたら、上がるのが普通ですが・・・。 一旦崩壊しないと駄目かもね。ハイ。

国民投票の「ギャンブル」
2011年11月02日(水) 08:57
5日前にやっと取りまとめられた救済策について国民投票を実施しようというギリシャの「ギャンブル」に、ユーロ圏諸国は不意を突かれた。 債務危機の収束にまた障害が増えた。

ドイツの与党キリスト教民主同盟(CDU)のノルベルト・バーセル議員は電話で、 ギリシャの発表について「出し抜けだった。驚きだ。極めて危険だ」と述べた。 「最悪の場合に失われるものは巨大だ。ギリシャ国民がどう反応するかは分からない。不確定要素がまた一つ増えた」と語った。

フランスのサルコジ大統領とドイツのメルケル首相はギリシャの国民投票について電話で話し合うと、仏大統領府が明らかにしている。 仏紙ルモンドはサルコジ大統領がギリシャの計画に困惑していると、同大統領の側近の話を基に報じた。

ギリシャでは相次ぐ財政緊縮策が社会不安につながっている中、パパンドレウ首相と政権の支持率は急落。 首相は10月31日に、議会で信任投票を行う計画を発表した。 採決は11月4日。 国民投票は欧州の救済合意の詳細が固まってから実施する公算だが、 欧州連合(EU)はギリシャの意向についてあらかじめ知らされてはいなかったと、EU当局者が1日に述べた。

ドイツ財務省はギリシャの国民投票について「ドイツ政府は公式の情報を何も得ていない」との声明を出した。 第2次ギリシャ救済を2011年末までに完成させるのがEUの目標であることに変わりはなく、作業は鋭意進められていると説明した。

メルケル首相率いる連立政権の一翼を担う自由民主党(FDP)の予算担当スポークスマン、オットー・フリッケ氏は電話で、 ギリシャ国民がパパンドレウ首相を支持する必要を認めないなら状況は全く違ってくるとして、 同首相が「過半数を得られなければ、第2次救済はない。自発的ヘアカットもない」と述べた。

ソース:bloomberg.co.jp
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=jp09_newsarchive&sid=a_d1ci_rZV7Q






☆いや〜、面白い事になって来ました。 ギリシャ版「サムソン・オプション」(しなばもろとも)になって来たようです。(笑い)

僕は日本の民主主義をかねてから「衆愚政治」と言ってきましたが、ヨーロッパも変わらない様です。 むしろ民主主義の本質は衆愚政治じゃなかろうか?

ホント目が話せない展開ですね。

ユーロ危機再び
2011年09月26日(月) 10:57
【ワシントン=芳村健次】国際通貨基金(IMF)の諮問機関である国際通貨金融委員会(IMFC)が 24日午前(日本時間24日夜)、ワシントンで開かれ、「世界経済は危険な段階に入っている」として、 ユーロ圏に対し、危機の克服に向けたあらゆる対策をとるよう求める共同声明を採択した。

声明は、ギリシャの財政問題をきっかけにした欧州の債務危機問題の解決に向け、IMFと各国が協調し、 「断固として行動する」ことで合意したとしている。その上で、ユーロ圏が緊急支援制度「欧州金融安定基金」の 機能強化など、7月に決めた対応策を確実に実行することを求めている。

また、欧州危機が拡大し、巨額の資金援助が必要になった場合などを想定し、IMFの資金力が十分か どうかを検証する必要があるとした。

▼YOMIURI ONLINE(読売新聞) [2011年9月25日23時26分]
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110925-OYT1T00582.htm







☆ユーロが再び危機的な状況に近づいている様です。既にヨーロッパに有る銀行のCDSがリーマンショック時のそれを上回っています。ユーロ圏はそれほど信用リスクが高まっていると言う事です。

*クレジット・デフォルト・スワップ (Credit default swap) とは、クレジットデリバティブの一種で、債権自体を移転することなく信用リスクのみを移転する取引である。

この調子だとユーロの下落は必死でドルとのパリティー(等価)を目指してまっしぐらと成りかねない状況ですね。 まあ、ギリシャを切り離すのが一番手っ取り早いのでしょうけど、何れポルトガルやスペインも続きそうですし…。

目が話せない状況ですね。 そろそろ世界恐慌への覚悟を決めた方が良いのかもしれません。

独裁者気取りのカンエッティ
2011年07月15日(金) 16:25
○閣僚から脱原発批判 首相「私的な思い」

・中野寛成国家公安委員長は15日午前の閣僚懇談会で、菅直人首相が「脱原発」を  打ち出したことについて「首相の発言が混乱を招いている。閣僚はそういう話を  聞いたことがない」と批判、原発問題に関する閣僚懇の開催を求めた。首相は  「私的な思いを述べた」と釈明。枝野幸男官房長官は、来週前半に閣僚懇を  開く考えを示した。

 これに関連し、野田佳彦財務相は記者会見で「短兵急に進める話ではない。  政府としてこれから丁寧に議論しなければならない」と述べ、脱原発は政府方針では  ないとの考えを強調した。

 http://www.47news.jp/CN/201107/CN2011071501000309.html







☆棺総理がおろかだと言う事は重々承知していましたが、この件にはカチンときましたね。(怒)

棺総理は自分が現職の総理大臣だということをどう考えておられるのお尋ねしてみたいです。自分の都合で公式発表を行っておいて、翌日に「あれは私的重いです。」って「あんたは独裁者か?」。個人の思いで国を動かしている訳?

本当にトンデモない総理ですね。

内閣支持率も12%と過去に聞いた事が無いくらい低水準だし、名前どうり片足を棺桶に突っ込んでいますね。 「棺」じゃなくて「菅」ですって? いや、彼には「棺」こそふさわしいでしょう。(笑い)

まだまだ続くか円高?
2011年07月13日(水) 14:13
○<JPモルガン・チェース銀行債券為替調査部長、佐々木融氏>  

ドル/円は78円半ばまで急落したが、まだ下げ止まり感はない。 今後も、欧州ソブリン問題を背景に急激に円が買われる場面はありうるとみており、 (過去最安値水準の)76円台も視野に入る。 ドル/円の売り手もいずれドル売りの水準を80円付近まで下げざるを得なくなり、 80円がキャップされて80円割れが長期化する可能性があるとみている。

ただ、円主導の動きはそれほど長続きすることはない。 注視しているのは、米国要因によるドル売りがいつ始まるかだ。 その時のドル/円の発射台は、80円割れになるのではないかとみている。

ドル売りを考えるうえでは、きょうのバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の 議会証言の内容を確認したい。 6月の雇用統計や欧州ソブリン問題の拡大を考えればタカ派的な発言にはなりにくく、 ポイントは米金利を低下させる発言が出るかどうかだ。 ドル安主導によるドル/円の下げは、期間も値幅もそれなりにでるとみており、 年末にはドルが75円付近まで下落するとみている。 (東京 13日 ロイター)

http://jp.reuters.com/article/forexNews/idJPnTK063110220110713







☆さて、持ち回りの危機は今回欧州の番でして、やっと円安に行くかと思っていたら再び円高に戻されました。

本当の所、一体全体どうなるのでしょうね? ホント分かりませんね。

ギリシャデフォルトほぼ確実
2011年06月18日(土) 17:35
6月16日(ブルームバーグ):グリーンスパン前米連邦準備制度理事会(FRB)議長は、 ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥るのは「ほぼ確実」だとし、 その結果、米経済はリセッション(景気後退)入りしかねないと指摘した。

グリーンスパン前議長(85)は16日、PBSテレビのチャーリー・ローズ氏とのインタビューで、 ギリシャ危機を解決する上で「政治システムが機能する可能性は極めて低いことが問題だ」と発言。 「ギリシャがデフォルトに陥らない公算は非常に小さい」と語った。

前議長は、ギリシャのデフォルトの確率は「非常に高く、逃げ場はないと言わざるを得ないような 状況だ」とし、幾つかの米銀が「八方ふさがり」となる恐れがあると述べた。

また、ギリシャの債務危機は米国を新たなリセッションに導く可能性をはらんでいると指摘。 その上で、ギリシャ問題がなければ米国のリセッション入りの「可能性は極めて低い」とし、 「米経済が近く二番底に陥ることを示唆する動きはシステム内に見当たらない」と述べた。

米国の債務問題については、「恐ろしく危険」なものになりつつあるとの認識を示した。

ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90900001&sid=a0cBUBfl0FKk







☆またもギリシャ危機ですか。「イソップの狼少年」の話と同じで何度も聞くと慣れて来て危機感が薄れてくるから不思議です。 最もそれが狙いかもしれませんが。

中国バブルの崩壊も噂される中、ババ抜き状態で経済不安の話が出てきますね。注意しましょう。 ハイ。

内閣不信任
2011年06月01日(水) 13:56
○自民、公明両党が一両日中にも衆院に提出する方針の菅政権への内閣不信任決議案に対し、 民主党の小沢一郎元代表に近い50人超の衆院議員が賛成する意向を固めた。 朝日新聞の取材でわかった。小沢氏系議員らは中間派議員にも同調を求める一方、党執行部は 締め付けを強めている。菅直人首相も31日夜、鳩山由紀夫前首相と約2時間会談し、不信任案否決に 理解を求めた。

内閣不信任案は、横路孝弘議長と欠員の1人を除く478人が採決に臨んだ場合、可決には、社民党を 除く野党と、民主党から78人の賛成が必要だ。ただ、採決を欠席する意向の議員も数人程度いるため、 その動向次第で可決ラインは変わる。現段階の約50人の賛成だけでは可決に達しないが、大量に 造反議員が出ることで、首相の政権基盤が一層弱体化することは確実だ。

今回の取材では、与党の民主、国民新の両党と与党系無所属議員計314人のうち、首相や民主党執行部に 近い96人を除く218人を対象とした。このうち150人には本人に不信任案の賛否を尋ねた。 原則実名での回答を求めたが、大半は匿名との条件付きでしか答えなかった。他の16人は最近の発言を 精査するなどして判断した。

31日夜時点の取材によると、166人のうち、不信任案に「賛成する」としたのは53人。小沢氏に近い議員や 小沢グループに属する議員が大半だ。小沢氏側近の松木謙公氏は「予算関連法案を通してもらうかわりに 首相を辞めるべきだ。辞めないなら不信任案に賛成する」と明言した。

一方、不信任案反対は62人。うち小沢氏系でも4人が反対を表明した。51人が賛否を明確にしなかった。

asahi.com http://www.asahi.com/politics/update/0601/TKY201105310753.html 








☆さてこの件も大詰めを迎えてます。仮に不信任案が否決されても菅内閣が受けるダメージは大きくて、片足を突っ込んだ棺内閣になる可能性は高いです。それでも本人は解散はしないつもりなんでしょうかね?

見物です。ハイ。

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET