明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/07
  • 2017-08 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/09
財政赤字カウンター
2008年04月14日(月) 19:30
リアルタイム財政赤字カウンター 8



☆先週土曜日に暫くぶりにYamaちゃんと倉敷の9494(居酒屋)で飲ました。 その時に彼が「日本の財政赤字。一人当たりいくらかな?」と言うので「1000兆の借金を1億2500万で割るから〜。」

え〜。 酔いもあって頭が回らず直ぐには答えが出てこない。(笑い)

「1億掛ける1万が1兆らから、1000億割る1億2500万で約900。 で、万を付けるから900万位らね。」(ろれつがあやしいくなっている。それでも、ちゃんと計算したのは我ながらあっぱれ。 自画自賛です。)


そんな、週末でしたがしらふに返って考えてみれば新生児から老人まで含めた人口の一人当たりの借金が900万とは尋常ではない。 静岡のイーダからも「特別会計予算」について書いて欲しいという要望もあったので、ここは新シリーズで「恐慌前夜」を立ち上げます。(パチパチ)


誰もが気にしていて、見ないふりをしている日本の財政破綻。



何とか逃れたいでしょ?    た!


そんな、あなたの為に調べてみましょうわい。(新居浜の方言です。)



で、今日は取り合えず一番上の赤字カウンターをご覧下さい。 では、またお会いしましょう。

日本の財政破綻が先か、中国の崩壊が先か?
お待たせしました。とにかく変化の時代にいよいよ突入ですね。
個人的には、この時期を待ち望んでいました。

なぜか?
それは変化が面白いからです。

たとえば日本の金利が暴騰し、超インフレが襲ってきても、お金を持っていない我々庶民は、少しは不自由をするが、ああそうですかですむ。
食いすぎでたるんだお腹がすっきりする。

中国の共産党政権の崩壊はもっと影響が大きいだろうと思います。

まあ面白くなりますね。
目が離せないですね。
視点を色々変えて見ると、面白い出来事でいっぱいです。 
読めない先を無理をしてでも読んで見ようと思います。

まあ、当たるかどうかは何とも言えませんが。 (笑い)
すばらし!!
大変だ、大変だと言っても、どれだけ大変かは把握しにくいもの。

この赤字カウンターは凄い具体的ですね。

まさにビッグバンの秒読みの興奮があります。

人は変化に接するとアドレナリンが出るからでしょうかドキドキワクワクして自意識が消し飛び変化に注目して夢中になれます。

人間が活き活き生きるために変化は役にたつでしょう!!
いよいよカオスのフチを覗くときかな!
考えてみれば我々日本人は65才以上の人を除いては平和な日本しか知らず、太平の世を満喫しすぎて、本当の厳しさを体験していない。
どうでもいいような小さな事を、あれこれ言い立てて、まことに日本国中が「小人閑居して不全をなす」状態です。

キゴウ殿の言うように、ここらでアドレナリン全開で、生きるため、食うために頑張ってみるのもいい経験でしょう。

それに老人層にかたよっている資産の再配分にも有効です。
たとえ1千万円、1億円持っていると自慢していても、超インフレで10年前のロシアのように貨幣価値が30分の一、100分の一に下がれば、ただの貧民になります。

こんなときに強いのはいま現実に稼いでいる若者層。
一挙に老人パワーを駆逐できます。

ぬくぬくと年金で暮らしている私たち老人は、そのままでは飢え死にする恐れがあるので、メタボの腹をなでながら重い腰を上げて、若者に頭を下げ、社会のために少しはお役に立って、明日喰う米を買う金を稼ぎましょう。

はりあいが出て、痴呆になってる暇が無い健全な年寄りが増えるでしょう。

そう考えると、財政破綻はいいことづくめで、心配することはありません。

勇気が涌いてきますね。

syn 3 へ

リクエストにお応えいただきありがとうございます。
イーダ殿
特別会計に振れるのはもう少し先の事になりそうです。 
暫くお待ち下さい。
雲池垢斎殿
経済破綻した時に何も出来ずに呆然とするだけの大人にはなりたく無いですね。

その為にもしっかりと防衛策を立てていけるよう、考えてみたいと思います。
キゴウ君
このカウンターの面白いところは、どこで爆発するか判らないことです。

でも、いつかははじけるハズなんですよね。 ハイ。 それが問題です。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://syn3.dtiblog.com/tb.php/573-44e8d879

国債・借金
「吉備国発パンドラ屋 syn3 の毎天是好日子」さんのところで、面白い記事が投稿されていたので、こちらでも!(←まねっこじゃい!)(^^;; というのも、オランダの蔵相が、「アメリカの不況がオランダに影響を及ぼさない」と言ったとか・・・? イラクに兵士を派遣し、連日

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET