明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/03
  • 2017-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/05
沖縄返還秘話
2012年10月03日(水) 21:40
1971年6月の沖縄返還協定調印直前、当時のニクソン米大統領とキッシンジャー大統領補佐官 (国家安全保障担当)が尖閣諸島を沖縄の一部とみなし日本の「残存主権」が及ぶことを確認してい たことが、2日までに分かった。カリフォルニア州のニクソン大統領図書館がこの時のやりとりを記録した音 声資料を保存していた。

 「残存主権(潜在主権)」は、外国施政下にある地域に潜在的に有する主権を指す。オバマ政権は 現在、日中が争う尖閣問題では「主権問題に関与しない」との立場を取っている。

 音声資料によれば、ニクソン大統領とキッシンジャー補佐官らは同年6月7日午後、ホワイトハウスの 大統領執務室で約20分間、10日後に迫った沖縄返還協定の署名と当時の中華民国(台湾)が 日本への返還に反対していた尖閣諸島の地位について検討を行った。

 キッシンジャー補佐官はこの中で、45年に日本が台湾から撤退した際、尖閣諸島は「沖縄と共に残さ れた。51年のサンフランシスコ講和条約で、沖縄の日本の残存主権はわれわれによって認められた。 その時にこれらの島々に関する大きな決断は成された」と主張した。  

中華民国の反対をめぐっては、講和条約から71年に入るまで尖閣諸島に関する「特別な交渉は一切 行われていない。既に(中華民国から)手放され、自動的に沖縄に含まれた。これが(今日までの)歴史だ」 と指摘。ニクソン大統領も、沖縄返還交渉を「台無しにすることはできない」と応じ、同補佐官の意見を 支持していた。(2012/10/03-15:47)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012100300560






☆次から次へと証拠がでてきますね。日本への沖縄返還時に抗議したのは台湾だけで、中共は抗議してないのは笑えます。

しかも台湾の抗議には正当性が無いとして日本に尖閣諸島を変換した意味は大きいですね。これらの証拠をどんどん発信しましょう。ハイ。

Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://syn3.dtiblog.com/tb.php/1562-0051a6c6

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET