明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/03
  • 2017-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/05
なぜ外国人参政権案は理不尽なのか 古森氏
2009年11月10日(火) 12:58
○ワシントンで周囲のアメリカ人に「日本では外国人に参政権を与えようという動きがある」と告げると、みな一様に、びっくり仰天します。

主権国家の統治のあり方を決めることはその国の国民だけの権利であり、義務であるというのが万国共通の原則だからでしょう。

外国の人が日本の国の選挙に参加したければ、日本国民になればよいのです。

だから周囲のアメリカ人たちも、「日本在住の外国人が日本の選挙に投票までしたいというなら、日本国籍をなぜ取らないのか」と、問いただしてきます。

さて日本の民主党政権が進めようとする外国人参政権付与には日本国内でも反対が広まっているようです。

その一例として10月3日の土曜日、渋谷駅前で抗議集会があったことを「花うさぎ」さんのサイトからのTBで知りました。

その報告をみてのことなのですが、なかに紹介されている「外国人参政権に反対する会」の代表の村田春樹さんの演説を吸い込まれるように拝読しました。

村田さんの演説は外国人参政権という発想がなぜ無法であり、不純であり、危険であるかを非常にわかりやすく説いています。

これほど明快で説得力のある反対論もあまり聞いたことがないので、ここに転載させていただきました。

できるだけ多くの人に知ってほしい指摘だからです。

では以下が村田春樹さんの演説の要旨です。



                      =======


日本国憲法一五条には「選挙権を有するのは日本国民である」とハッキリ書いてある。外国人に選挙権をよこせという裁判で、最高裁は平成七年二月二十八日に明快に否定している。さらに京都と福井でも在日韓国人が裁判を起こして、二回とも最高裁に棄却されている。つまり通算して外国人参政権は三回、最高裁判所で棄却されているんですよ。

・いいですか皆さん、民団は韓国に行って、「韓国に住む永住権を持つ外国人に選挙権を与えて下さい」というお願いをしたんですよ。すると韓国の国会は「ふざけんな、憲法第一条にも書いてあるとおり、選挙権は大韓民国国民がもつ神聖な権利である」として全員一致で否決されたんですよ。

・ところが民団は「ちょっと待ってくれ、韓国にいる日本人に選挙権が与えられると、日本列島にいる韓国人が選挙権を持つことに大きな前進になるんだ。この法案さえ通れば日本は韓国の、ソウルの思い通りになりますよ」とハッキリ国会の委員会で答弁しているんですよ、皆さん。

・そしてその次の本会議では全員一致でこの法案は可決されたんですよ。どういう事がわかりますか。明らかに日本を外国の、韓国の勢力下に置こうとしているか、その意図がミエミエなんですよ皆さん。

・話は変わりますけど、北方領土も尖閣も竹島も明白な国家主権の侵害ですよね、皆さん。外国の工作員が国内に入ってきて日本人の女・子どもを拉致していく、重大な国家主権の侵害ですよね。ところが皆さんね、いま拉致の集会に行って下さいよ、閑古鳥が鳴いてますよ。北方領土の集会でも閑古鳥が鳴いてます。日本人は国家主権を侵害されて平気なんですよ。

・そしてさらに皆さん、領土も拉致も向こうから仕掛けてきたことでしょう。今度は自分たちから、自分たちの国家主権を侵害して下さいといっているんですよ。それが外国人参政権ですよ、そうじゃないですか?

・人類三千年、四千年の歴史の中で、「自分の国の国家主家を(外国に)与えましょう」そう言う政治家がいる国がありますか、皆さん。ありませんよ!人類史上はじめて日本の政治家は我が国の国家主権を他の国に渡そうとしているんですよ、まさに「売国奴」とはこのことじゃないですか!

・皆さんね、断固として外国人参政権を阻止しましょうよ。こんな事を認めたらね、世界中の笑いものになりますよ。人類の何万年の歴史の中の笑いものになります。かって日本という国があって、日本人は自ら他の国に主権を譲り渡して滅んでいった、極めて奇特な民族だ、と歴史に残りますよ!。是非、皆さんね、この外国人参政権を阻止していこうじゃありませんか。よろしくお願いします。

http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1253729/






☆何度も言いますが、国家の三要素は「領土・国民・主権」です。 しかし、悲しいかな日本はこのどれもをないがしろにしています。 そして、今回加えて国民の神聖なる権利たる選挙権を反日団体である民団他に与えようとしています。

嘗ての民団には日本人とやっていこうと言う意思が有りましたが、近年は朝総連と手を組む(すぐに分かれたが)など反日的な動きが目立ちます。 原因は分かりませんが。

なんどでも言いますが、外国人に国政参政権を認めている国はありません。 EUは一部認めていますが、地方参政権でEU相互主義にもとづくものだけです。(日本にはEUに当たるものはありません。) 外国人参政権について、 国政参政権を認めている国は皆無 ( イギリスのみ英連邦国民とアイルランド国民のみに認可 )。 (日本に属する連邦はありません。)

地方参政権を認めているのは北欧4国のみで、人口が極端に少ない北欧各国が、他ヨーロッパ地域への移住による人口激減とともに、旧ソ連側から国を守る手段として、地方参政権を認めたという特殊な事情があるためです。       しかも相手国は、EU参加国による「 相互主義( 相手国が認めるなら自国も認める )」のみと極めて限定している。  (国際間の取り決めの基本は相互主義です。 一方だけと言う事はありません。不平等になるからです。)


これでも、外国人参政権を今与えますか? よ〜く考えて欲しいものです。


確かにEUでは、相互主義ですね。「そちらがやるなら、わたしたちも・・・」と。(でも国によっては、数ヶ月住んだ後・・・などの条項がついています。)
EU外からの場合は、オランダでは5年ほどオランダ国内に住めば、地方参政権が与えられます。私も2回ほど、住んでいる行政地区の選挙に参加をしました。この5年というのは、これだけ住めば、オランダのことが分かるから(制度や言葉などを全部ひっくるめて)、直接生活にかかわる住んでいる場所の政治には、参加をさせてあげるよ・・・てな事のようです。
だから、すんなりと参政権はもらってません~~。(^^;;

もしとある国が、「住人全員に選挙権」と言い出したら、えらいことになると思いますよ。

というオランダも、上院の議員になるのには、EUの国籍では駄目で、オランダ人になった人もいます。日本のとある国会議員の奥さんがロシア人で、参政権がないから、「私の代わりに投票を!」と訴えていましたね。
夫はpolitiek is politiekといいます。政治は政治ではなく、政治は駆け引き・・・だと。裏に何があるのかを見抜かないと、後で大変なことになりますね。現在のxxチルドレンのように。

Re:ニコラ殿
コメントありがとうございます。 EU在住の方からこの件に付いて意見がもらえるのは大変参考になります。

僕もヨーロッパで仕事をするまではそれほど「相互主義」を意識しては無かったのですが、住んで居る内に相互主義を実感しました。

特にオランダは良くも悪くも現実的な合理主義に基づいている国なので、日本の様に変に性善説的な意見がまかり通る国に住んでいるとスッキリして羨ましいと感じる事もありますね。

日本には「politiek is politiek」が理解できず、妙に性善説主義の政治家が、それも総理大臣になっているなんていう冗談のような国ですから。 本当に泣けて来ます。

しかし、日本から遠く離れた場所にいるニコラさんの様な人達の方が日本の実情に対して理解があると言うのもなにかもどかしい気がします。

まあ海外で一度生活すると、日本の良いところも悪いところも客観的に見る事ができる様になるってのは大きいですが。

これからもブログで生活感のあるオランダ・EUの様子を伝えて下さるようにお願いします。 
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
Comment投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack URL

http://syn3.dtiblog.com/tb.php/1045-e8068478

選挙権 (stemrecht)
時たま遊びに来てくださるsyn3さまの記事で、気になるものがあったので、今日はちょっとお堅い話題を・・・。(^^;; (日本のニュースに疎くなっているので、助かってます!) 何でも日本では、「外国人参政権」なるものについて議論されているようですね。 現在オランダに..

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET