明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
対韓国外交の転換!?
2011年09月30日(金) 10:33
 ○領土問題については、これまで一方的にやられっぱなしだった日本。 だが最近、日本外交の反撃が見られるようになってきた。一体何が起きているのか。 ジャーナリストの武冨薫氏が指摘するのは自民党を中心とする「日韓議員連盟」が去ったことが影響していると指摘する。

 * * *  韓国政府は震災直後の3月末に竹島でヘリポートの拡張工事に着手し、6月には大韓航空機が通常の飛行ルートを外して わざと竹島上空をデモフライトする「領空侵犯」事件が発生、これに対し、大韓航空機の領空侵犯では、 松本剛明・前外相が「領空侵犯だ」と抗議して外務省職員に1か月間、同航空会社の利用を禁止した。 日本の外務省が韓国にはっきり「報復措置」をとったのは近来にない。

 さらに、外務省は竹島領有問題を国際司法裁判所に付託する方針を検討中だ。 韓国に付託を申し入れれば、かつて大平正芳・外相が韓国に提案して以来、49年ぶりになる。

 こうした反撃の裏には何があったのか。  民主党政権は尖閣問題はじめ領土外交で「弱腰」を批判されているが、そもそも日本の弱腰外交は自民党政権時代の負の遺産でもある。  日本政府が韓国の竹島実効支配の強化に手をこまねいてきた背景は、自民党を中心とする超党派の「日韓議員連盟」の存在がある。 彼らは常に韓国との間で波風が立たないように融和路線を取り、両国間にコトが起きると、 「金持ち喧嘩せず」とばかりに日本の主張をひっこめてきたのだ。

 それを象徴する出来事が今年8月にもあった。「竹島強硬派」の自民党国会議員3人が鬱陵島視察のために 韓国・金浦空港に到着したところで入国を拒否された事件だ。この時、メンバーの1人は事前に日韓議連の重鎮である自民党大物議員から、 「日本と韓国は、北朝鮮の6か国協議でも協力していかなければならない。ここで日韓関係を悪化させるような視察をすべきではない。 まさか本当に行くつもりじゃないだろうな」と強い圧力をかけられたという。

 外務省でも、「歴代の駐韓大使は日韓議連会長を務めた竹下登・元総理、森喜朗・元総理ら 親韓派政治家に近い官僚から起用されてきた」(同省アジア大洋州局OB)とされる。

 外交交渉で言うべきことを言わない姿勢を続けてきた結果、 自民党政権末期の2008年、日本は竹島問題で歴史的な外交敗北を喫している。

 その年8月のブッシュ大統領の韓国訪問前、米国政府の地名委員会は、韓国側の要求を受け入れて大統領の指示で 竹島の表記を「独島」に定め、事実上、帰属先を「韓国」と認めたのである。

米国は1951年のサンフランシスコ講和条約の際、 韓国への外交文書で「竹島は日本領」と説明していたから、方針の大転換だ。 当時、韓国では米国産牛肉の輸入再開に反対する反米デモが繰り広げられたとはいえ、米国が「竹島」を韓国に売ったに等しい。

 問題は、その決定に対して、時の福田政権が、 「米政府の1機関がやることに、あまり過度に反応することはない」(当時の町村信孝・官房長官)と一切抗議をしなかったことだ。 しかも、竹島問題での日本の姿勢に抗議して一時帰国していた韓国の駐日大使が、米国の独島容認後に意気揚々と日本に戻ると、 当時の薮中三十二・外務事務次官は、「結構なことだ」と歓迎した。 まさに、自民党も外務省も事なかれ外交の体質にどっぷりつかってきたといえる。

 これがわずか3年前の日本外交の姿なのである。  その後、日本では民主党への政権交代で長く日韓外交を牛耳ってきた自民党の韓国融和派は政権から去った。 しかし、鳩山政権時代も、高校の地理の新学習指導要領解説書に竹島を日本領と明記せず、 岡田克也・元外相は、「不法占拠という言葉は使わないよう交渉している」と言明するなど、極力、韓国を刺激しない姿勢をとってきた。

 勢いづいた韓国は領空侵犯のほかにも竹島の北西1kmの洋上に「総合海洋科学基地」の建設を計画し、 鬱陵島の海軍基地を3倍に拡張する工事を始めるなど実効支配を強化。 遅きに失した感はあるものの、外務省の領土派は「ここで国際社会に声をあげなければこの先チャンスはない」と 後がない状態に追い込まれていたのだ。危機感から生じた反撃だったと言っていい。

以上

※SAPIO2011年10月5日号 http://www.news-postseven.com/archives/20110926_31309.html






☆正直言えば、出てくるのは無能な政治家の名前ばかり。弱腰外交というよりは、無能だから弱買っただけのことです。

小泉元総理が最近、「靖国に参らなくても尖閣諸島問題が起きた。」と発言しましたが、「靖国に参らないから尖閣問題が起きた。」と発言して欲しかったですね。

結局外交では、弱腰=無能である事をそろそろ理解するべき何ですけどね。アホ揃いの政治家ばかりではそれも無理なんでしょうかね。

国家の危機に於いては、幕末がそうで有った様に有能なリーダーが現れると思っているのは本当に夢物語なのかもしれません。 だったら、早く夢から覚めることが必要なんですけどね。 ハイ。

ユーロ危機再び
2011年09月26日(月) 10:57
【ワシントン=芳村健次】国際通貨基金(IMF)の諮問機関である国際通貨金融委員会(IMFC)が 24日午前(日本時間24日夜)、ワシントンで開かれ、「世界経済は危険な段階に入っている」として、 ユーロ圏に対し、危機の克服に向けたあらゆる対策をとるよう求める共同声明を採択した。

声明は、ギリシャの財政問題をきっかけにした欧州の債務危機問題の解決に向け、IMFと各国が協調し、 「断固として行動する」ことで合意したとしている。その上で、ユーロ圏が緊急支援制度「欧州金融安定基金」の 機能強化など、7月に決めた対応策を確実に実行することを求めている。

また、欧州危機が拡大し、巨額の資金援助が必要になった場合などを想定し、IMFの資金力が十分か どうかを検証する必要があるとした。

▼YOMIURI ONLINE(読売新聞) [2011年9月25日23時26分]
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110925-OYT1T00582.htm







☆ユーロが再び危機的な状況に近づいている様です。既にヨーロッパに有る銀行のCDSがリーマンショック時のそれを上回っています。ユーロ圏はそれほど信用リスクが高まっていると言う事です。

*クレジット・デフォルト・スワップ (Credit default swap) とは、クレジットデリバティブの一種で、債権自体を移転することなく信用リスクのみを移転する取引である。

この調子だとユーロの下落は必死でドルとのパリティー(等価)を目指してまっしぐらと成りかねない状況ですね。 まあ、ギリシャを切り離すのが一番手っ取り早いのでしょうけど、何れポルトガルやスペインも続きそうですし…。

目が話せない状況ですね。 そろそろ世界恐慌への覚悟を決めた方が良いのかもしれません。

首都圏また帰宅難民パニック
2011年09月22日(木) 13:07
○非常に強い台風15号は近畿や東海を風速25メートル以上の暴風域に巻き込み、21日午後2時ごろに浜松市付近 に上陸、勢力を維持したまま同日夕には首都圏を直撃した。

都内では鉄道が次々と運転を見合わせるなど交通機関のダイヤが大幅に乱れ、運転再開を待つ仕事帰りの 会社員らで大混乱。銀座や渋谷などの街路樹が強風に倒される事態にもなった。

台風はその後、東日本大震災で被災した東北を通るなど日本列島を縦断。同日午後9時現在、神奈川、 岐阜、愛知、愛媛、長崎、佐賀の6県で計7人が死亡、静岡県などで計6人が行方不明となっている。

立っていられないほどの強風、横なぐりの大雨。夕方の帰宅時間帯に台風の直撃を受けた首都圏が大混乱した。J R、私鉄、地下鉄各線が次々と運休するなど鉄道網がまひ。午後5時ごろには、新宿、池袋、秋葉原など主要駅の改 札付近は、足止めされた数百人で混雑した。駅前はずぶぬれになり、タクシーやバスを待つ長い列ができた。

 東日本大震災が発生した3月11日以来の帰宅困難者も出て、警視庁は鉄道各社に「駅から乗客を締め出さないよ うに」と指示。企業や学校には「帰宅時間を遅らせるように」と要請した。午前0時までには、大半の鉄道の運転が 再開されたが、震災の日と同様に長距離を歩き、帰路を急ぐ会社員や学生の姿もあった。

 東海道新幹線も一時全線が運休し、東京駅で再開を待っていた浜松市の会社員対野義章さん(46)は「台風が静 岡に上陸したので家がどうなっているのか心配だ」とため息。「どうしたらいいのか」と床に座り込む女性もいた。 空の便も羽田空港発着路線を中心に国内線500便以上が欠航。成田では国際線など約140便が欠航した。(後略)

ソース全文
nikkansports.com http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110922-838833.html








☆そろそろ日本人も自分で考えて判断出来る様にならないとね。地震と違って台風は事前に予測がつくからね。今回の台風15号だって前の日にはかなり詳細な予測がされていたんだけどね。 

「赤信号、みんなで渡れば怖くない。」ってのが日本人の心理なんだろうけど。 交差点は自動車を運転しているのが日本人だから止まってくれるだろうけど、台風はみんなが出勤しても容赦はしてくれませんよ。 周りがどうかじゃなくて、自分はどうするかが大切なんだけどね。

12号で痛手を受けたのに、15号でも懲りないとなると救いようが無いですね。 「早く(自分で考えて判断する。)大人になろうよ。」 ハイ。

2011年09月12日(月) 17:13
○ユーチューブが韓国を遮断 K−POP宣伝ツールに使った報い

・Googleが運営する動画共有サービス「YouTube」が韓国からのアクセスを遮断したと発表。  「韓国」と設定されているユーザーは動画をアップロードすることができなくなり、また再生にも  規制が掛けられ、再生数も反映されなくなるという。

 何故このような処置が執られたのだろうか? 実は韓国は国家ぐるみで自国K-POP推しを  するために「YouTube」を使い、再生数を何百万回と再生数を上げているのだ。通常「YouTube」では  1ユーザーにつき1日回までしか同動画でカウントされないが、韓国ではツールを使い複数の  アカウントを切り替え再生数を捏造している。

 そのためブリトニー・スピアーズやアヴリル・ラヴィーンといった世界的トップアーティストよりも、  少女時代の再生数の方が上になってしまっている。こういったアタック行為に対して処置が  執られたという。

 韓国は「ブランド委員会」というものがあり、このようにYouTubeの再生数を伸ばす仕事が  実在する。もちろん韓国側は表だって認めていない。木村太郎氏がこの件を発言したところ、  干されてしまったことは記憶に新しいだろう。この発言により韓国の「ブランド委員会」から  クレームが入り、圧力が掛かったと言われている。

 しかしこのようにYouTubeに対策を取られてしまってはどうしようもなくなった今、ユーザーの  設定国を偽装するツールを使ってでもアタックを仕掛けてくるのだろうか?

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110912-00000012-scn-ent






☆今年初めに木村太郎氏がフジで「K−POPブームは韓国政府が動いてる」発言し、その為にフジテレビで仕事を干されたという報道がされましたが、どうも本当だったようですね。

これまでも散々韓国は国ぐるみで手段を選ばず自国のブランド化を推し進めていると言われていましたが、その中には不正なものもやはり含まれていたものです。

まあ、竹島の領有権問題や従軍慰安婦での彼らのやり方は見てきているので驚きはしませんが、日本もそれなりの対応を取るべきでしょうね。

米国が憂慮する半島のキチガイぶり
2011年09月07日(水) 18:47
○駐日米大使「韓国が独島関連で狂った行動をしないか心配」…ウィキリークス

日本の独島(ドクト、日本名・竹島)沖水域調査計画発表で韓日両国が対立した06年4月、当時のトーマス・シーファー駐日米国大使が独島問題と関連し、「(韓国が)狂った行動をしたり問題を起こしたりしないか懸念される」と韓国を侮蔑する発言をしていた事実が、ウィキリークスが2日に公開した公電で明らかになった。

日本の米国大使館が米国務省などに送った極秘(secret)公電によると、シーファー大使は06年4月20日、当時の谷内正太郎外務事務次官と面談した席で、独島問題について「日本は国際法の許容範囲内で権利行使をしている」と肩を持った。

半面、韓国に対しては「非合理的(irrational)に行動している」と述べた。特に「米国は韓国が狂った行動(do something crazy)をしたり重大な問題を引き起こしたりしないか憂慮している」と述べた。 シーファー大使は「問題の平和的な解決のために双方が一歩ずつ譲歩する必要がある」と付け加えた。

シーファー大使の発言は、独島問題をめぐる韓国政府の対応方式を好ましく思っていない米国政府の意中が反映されたものとみられる。

http://japanese.joins.com/article/537/143537.html






☆正直、北も南もキチガイ国家だからね。まともな国だと思って付き合うのがそもそも間違い。

北は日本の国民を拉致し、南は領土を侵害している。オマケに北南共に日本の主権に関して干渉して来ている。 近代国家の三要素。「国民」「領土」「主権」の3つを日本は犯されているわけで、こういう国と友好とかあり得ません。

戦後、米国はラスク書簡にて「竹島は韓国の領土じゃありません。」ときっぱり言い切っているにもかかわらず、韓国は不法占拠を続けています。本来武力を使ってでも取り返すべきところを日本はハーグの国際法廷でけりをつけようよう申し入れているわけですが、韓国は一向に応じません。 余程一戦交えたいようです。

早く、第二次朝鮮戦争が起こってその時に竹島を取り戻す日が来るのを楽しみにしています。 ハイ。

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET