明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
一色正春氏たかじんに出演
2011年05月27日(金) 16:24
○5月29日(日)の「たかじんのそこまで言って委員会」(読売テレビ系)で好評企画「本人喚問」が放送される。

今回は“緊急!本人喚問第2弾”として、あの尖閣沖中国漁船衝突映像をネット上に流出させた「sengoku38」こと、 元海上保安官・一色正春氏が登場。 たかじんも「だんだんテレビの中の裁判所みたいになってきたなぁ」と驚きを隠せない。

パネラーには三宅久之、田嶋陽子、桂ざこば、勝谷誠彦、宮崎哲弥、井上和彦らが登場。 「尖閣ビデオ流出事件の真相について、あなたはどう思いますか?」という質問に対し、 ざこばは「よく出してくれた」と賛同の意志を示す。 さらにざこばが「あの映像は(海上保安官なら)誰でも見ることができたんですか?」と質問すると、 一色は「元々秘密でも何でもなかった。基本的に海保はオープン。当初は東京で(報道陣に)配るDVDも用意していたと聞いている。 それを隠す理由がわからない。最終的に誰が映像を“出さない”と言ったのかわからないのが一番の問題だ」と語る。

そもそもの尖閣諸島の衝突事件についても一式はやり場のない思いを告白。 「今回だけじゃなく、悔しい思いをしたことは何度もある。日本は法治国家だが、現実はそうじゃない」とをぶちまける。 また、井上がこれまで一色が一切語っていない「Sengoku38」の意味を問いただすと、 「警察でも3日間、聞かれましたが話しませんでしたし、妻にも言ってません」と黙秘。 辛坊に「実は大した意味はないんでしょ?」と聞かれると、「その手の挑発には乗りませんよ(笑)」と言いながら、 「名前はネットカフェに行く途中で考えた」とポロリと答える。 果たしてその名前が意味するものは明かされるのか。

現在無職という一色の現状にたかじんは「『スナック海上保安庁』とかやったらどう?」と、とんでもないアドバイス。 すると一色も「実はたこ焼き屋をやろうかと思ったこともあるんです。 『たこ焼き38』という名前で、ひと舟380円で売るんですよ」と、冗談とも本気ともつかない話で笑わせる。

放送は関西ローカル。たかじんと個性的なパネラー陣がこの番組ならではの切り口で迫る事件の真相にぜひ耳を傾けてみよう。

http://natalie.mu/owarai/news/50162







☆福島原発でも菅政権は情報を開示せず野党に叩かれていますが、民主党には根強い隠匿体質がありますからね。国民の知る権利などお構いなしで民主主義の根幹を無視してます。

「Sengoku38」は「仙谷は嘘の三八」なんだろうけどね。(笑い)

土日は高野山へお遍路の御陰参りで番組が見れないのが残念です。興味がある人は是非見て下さい。

嘘は上塗り、恥はかき捨て、民主党
2011年05月26日(木) 15:58
○東日本大震災の翌日、福島第1原子力発電所1号機への海水注入が 一時中断したとされる問題で、東京電力が、実際には現場の判断によって 海水の注入は中断されていなかったと、26日午後に発表することがわかった。

 この問題では、3月12日に1号機への海水注入が、菅首相の言動を受けて 55分間中断されたとして、野党が厳しく批判していた。

 これまで、東京電力も官邸も注入の中断を認めていたが、複数の 政府関係者によると、東京電力は、実際には現場の判断で海水注入は 中断されず、中断していたとされる55分間も注水が継続していたとの 見解をまとめたという。

 東京電力はこの問題で、午後3時から武藤副社長が記者会見する見通し。

ソース:http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00200194.html






☆原子炉がメルトダウンしていたことを2ヶ月以上経って認めるなど相変わらずの隠匿体質の菅政権ですが、ここに来て恥も外聞もなく言い訳に必死の洋です。

今更素直に信じる分けないでしょ。というか、何を言っても信じる事ができないです。国民の信任を失った内閣は解散すべき何ですよね? 菅さん。 以前あなたが何度も言っていた事を実行すべきでしょう。

今こそその時です。 ハイ。

金環日食まであと1年
2011年05月23日(月) 11:57
○日本では25年ぶりの金環日食まであと1年

2012年5月21日の朝、日本の太平洋側を中心に金環日食が見られる。東京・名古屋・大阪などの都市部でリング状の太陽が見られるほか、金環帯以外の地域でも大きく欠けた様子を全国で観察することができる。

2012年金環日食の、主な都市での観測日時。クリックで拡大(「星ナビ」2011年5月号より)

2012年5月21日の金環日食まで、いよいよあと1年とせまった。

日食とは、地上のある地点から見て月が太陽の手前に重なることで太陽が欠けて見える現象をさす。2つの天体がちょうどぴったり重なるもののうち、月の見かけの大きさが大きいために太陽全体が隠れてしまうものを「皆既日食」、反対に月の見かけが小さいために太陽が完全に隠れずリング状に見えるものを「金環日食」と呼ぶ。2009年7月22日に日本や中国などで見られた「皆既日食」は大きな話題となったので記憶に新しいところだろう。

2009年の皆既日食は日本の陸地で46年ぶりに見られたが、来年の金環日食も日本では25年ぶりというやはり珍しい現象だ。2009年は奄美大島や屋久島といった限られた地域でのみ観察できたのに比べ、2012年金環日食は大阪・名古屋・東京といった大都市を含む広い範囲で見ることができる。

世界的に見ても今回の金環帯は、香港・台北に始まり、日本を経て太平洋を横断した後アメリカ西海岸を通ってテキサス州にいたるという、人口密集地域にかかっているのが特徴だ。有史以来世界の人口が増加しつづけていることを考え合わせると、「史上もっとも多くの人に見守られる金環日食」となるかもしれない。

日本での金環日食は、朝7時半前後に3〜5分間程度観測することができる(画像)。金環食が見られない地域でも、北海道から沖縄まで全国的に大きく欠けた部分日食が見られる。多くの人は通勤・通学の時間帯だが、自然の面白さに触れ、私達の地球が宇宙の中にあることを実感できるまたとないチャンスなのでぜひ目にしたい。特に子どもたちの観測機会確保に関しては、教育現場の配慮も一考に値する現象と言える。

2009年の皆既日食の際にも呼びかけられたように、太陽の光は人間の目に非常に有害であるため、専用の太陽観察用メガネを使用するなど細心の注意が必要となる。今後天文界では金環日食の情報を提供していくとともに、こうした安全事項についても強く呼びかけていく。当日晴れることを祈りながら、貴重な天文現象を安全に楽しむ準備を万端にしておこう。



http://www.astroarts.co.jp/news/2011/05/20kinkan/index-j.shtml







☆25年前にあったんですね。全然覚えていませんが。

まあ、本当に見る事ができるかどうかは天候次第なのでどうなるかわわかりませんが、期待しましょう。 ハイ。

輪番制経済危機
2011年05月16日(月) 09:51
 ○【ワシントン時事】オバマ米大統領は15日放映されたCBSテレビとのインタビューで、 米政府の債務の法定上限を引き上げないと、米国に対する信頼が揺らぐ可能性があり、 先の金融、経済危機より深刻な危機に陥ることになるかもしれないと警告した。 大幅な歳出削減を条件にする野党共和党をけん制、引き上げ実現の必要性を改めて強調した。 11日に収録された。

財務省が先に発表した予想によると、債務残高は16日にも14兆2940億ドルの法定上限に到達する。 上限に達すると原則、国債の新規発行ができなくなるが、各種特別措置で、 8月初めまではデフォルト(債務不履行)という最悪の事態は回避できる見通し。 上限引き上げをめぐるオバマ民主党政権と下院で多数を占める共和党との協議は難航している。

オバマ大統領は赤字削減には真剣に取り組む姿勢を強調。 ただ、債務上限引き上げに歳出削減の条件を付けるべきではないと改めて主張した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110516-00000006-jij-int









☆先日のギリシャ危機再燃といい、この件といい、各国が持ち回りで経済危機をあおっている様な状況です。(もちろん日本も例外ではないです。)

米国には他にも「アメリカの著名金融ジャーナリストが、ニューヨークやロサンゼルスなど100以上の都市が州と合わせて総額2兆ドルの財政赤字を抱え持続不可能な状態にあるとし、年内にも財政破綻すると予測した。」などの話があり、結構危険な経済情勢にあることは間違い無いようです。

米国・ユーロ・日本が輪番で経済危機をあおる状況は当分続きそうですね。

コモディティが暴落
2011年05月15日(日) 13:17
☆コモディティ(commodity)とは、「商品」のこと。投資用語としては原油やガスなどのエネルギー、金・銀・プラチナなどの貴金属、小麦・大豆・とうもろこしなどの穀物、銅・アルミといった非鉄金属などのことを指す。



○金や銀、原油などの商品価格が今月に入り暴落している。

これまでの急騰が一服しただけとの見方もあるが、あのヘッジファンドの帝王、 ジョージ・ソロス氏(80)まで保有する金や銀の大半を手放したという聞き捨てならない情報もある。 資産防衛のために金などを小口で購入している個人投資家にとってはピンチか、それとも 買い増しのチャンスなのか???商品価格の暴落は、皮肉にも“ゴールデン”ウイークの連休中に海外市場で起こった。

ニューヨーク市場で金先物価格は1500ドルを下回り、原油先物は1バレル=100ドルを 割り込んだ。銀先物価格に至っては、5月第1週だけで一気に25%も下落した。

商品相場は時価総額にして約990億ドル(約8兆円)が失われたのだ。??その後いったん下げ止まったものの、 「薄商いでリバウンドの域を出るものではない」(市場関係者)と警戒感は緩んでいない。??リーマン・ショック後の各国の金融緩和によるカネ余りや欧州諸国の財政リスク、 中東情勢不安などを背景に商品市況は高騰が続き、バブル状態になっていた。ここにきてなぜ暴落したのか。??市場で第1の要因として指摘されているのが米国経済の動向だ。

雇用情勢を示す指数が一部悪化するなど景気の先行きに陰りが見え、米国のインフレ懸念が後退。 このため、「インフレに強い」とされる金などの資源価格が売られたという解釈だ。??第2の要因は、欧州中央銀行(ECB)が追加利上げを先送りする見方が強まったことだ。

一般に政策金利が引き上げられるとその国の通貨は買われるので、利上げが先送りされるとの観測は 逆にユーロ売りとドル買いを誘発した。そこで何が起こったのか。??「金は『ドルの代替通貨』という性質があり、ドル安の際に買われる。ドル高になったことで 需要が減退した」(外資系金融機関幹部)??そして商品価格の下落基調に拍車を掛けたのが、先物市場の運営で世界最大手の米CMEグループによる 銀や原油先物の取引証拠金の引き上げだった。取引コストの上昇を嫌気して買いポジションを 整理し始めた投資家が多いとみられる。?

さらに、こんな指摘もある。 「根底にあるのは米連邦準備制度理事会(FRB)による量的緩和第2弾(QE2)の終了だ。 大いなる金融相場が幕を閉じたということだ」(銀行系証券ストラテジスト)。平たくいうと、 カネ余りの結果、商品に投資されていた資金が引き揚げられるということになる。

こうしたマネーの流れをいち早く読んで動いたのでは、と噂されているのがジョージ・ソロス氏だ。

ソロス氏が率いるファンドは1992年に英ポンドを売り浴びせて巨額の利益を上げ、 中央銀行に当たるイングランド銀行を破産寸前に追い込んだとされる。 ソロス氏自身は現在は一線を退いたとされるが、ソロス・ファンドは280億ドル (約2兆2400億円)の資産を運用している。 そのソロス・ファンドが、保有する金と銀の大半を4月中に売却していたと報じられた。 「その報道自体が暴落の材料となった」(前出のストラテジスト)との見方もある。

現状では暴落は一息ついた形だが、果たしてここで下げ止まるのか。 証券系テクニカルアナリストはこう警鐘を鳴らす。

「薄商いで乱高下を繰り返しながら調整色を強めてくるだろう。金価格は約1230ドル、 原油価格は約83ドルまでの調整を予測している」。 現状で金価格は1500ドル前後、原油価格は100ドル前後で推移しており、それぞれまだ 2割近く下がるという見立てだ。

消費者サイドとしては原油安や商品価格の下落は総じてメリットが大きい。 ただ、最近は金の小口投資や、商品価格に連動したETF(上場投資信託)などの個人投資家も 増えているだけに、商品価格の動向も気になるところだろう。

-以上です-

ソースは
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110514/dms1105141513015-n1.htm







☆以前からバルティック海運指数が下落を続けており、その水準がリーマンショックの最安値よりましと言うレベルまで落ちてきています。バルティック海運指数は投機資金の入りにくい実需指数なので、これが低迷していると言う事は、世界の物の動きが低調であり巷の新興国などの景気がそれほど良くはないことを意味しています。

そして、今回のコモティティの暴落。 そろそろ世界景気は調整する様です。ハイ。

進歩する太陽電池
2011年05月09日(月) 08:06
○東京大学の荒川泰彦教授らとシャープは、現在20%程度にとどまっている 太陽電池の変換効率を、75%以上にできる構造をコンピューターによる解析で突き止めた。

化合物半導体でできた数ナノ(ナノは10億分の1)メートルサイズの 「量子ドット」を敷き詰めた面を何層も重ねる。25日付の米物理学会の 論文誌「アプライド・フィジクス・レターズ」に発表する。

考案した太陽電池は量子ドットを敷き詰めた面を積層して厚さを 数〜10マイクロ(マイクロは100万分の1)メートルにし、両面に電極を取り付ける。

量子ドットの配置を最適化することで従来の太陽電池では素通りする赤外光も 電気に変えることができ、変換効率を大幅に引き上げることが可能になるという。




☆過度な期待はしていないですが、太陽電池も家庭の電気を補う位にはなりそうですね。工業用の需要を賄うことは無理でしょうが。

それにしても光合成の変換効率が1/3ですからそれを超えるとは大した物です。一枚で為なら膜を重ねてという積層構造を最初に考えついた技術者は偉いです。もちろん吸収する波長は異なるのですがね。

今後は工業用電気需要にどう対応するかが大きな課題ですね。ハイ。

東南海震災
2011年05月08日(日) 11:47
○政府による中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の運転停止要請について、 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は7日の記者会見で、 「浜岡の持つ特異な環境にかんがみて、法律を超える判断があった」との認識を示した。 保安院は今後、地元自治体へ説明に行くという。

 浜岡原発の状況について、西山審議官は「今後30年以内に震度6強クラスの 地震が起きる確率が80%以上と突出している。他の原発は数パーセント以下だ」と指摘した。

 一方、東京電力福島第1原発事故を受けた保安院の指示で、浜岡原発も電源車の 配備など短期的な緊急安全対策を実施。西山審議官は「仮に津波が来ても原子炉は 冷却でき、最後の安全機能は確保できている。法律上は(運転条件を)満たしている」と述べた。

http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2011050700303








☆東南海震災の可能性は今後30年で80%以上と言う事が政府見解の様ですね。遠からず間違い無く来ると言う事です。

それなら原発側だけの対応ではなくて、市民にも原発事故を想定した対応を準備するべきなんでしょうが、そうはならないのが日本のおかしな所です。

この電力不足によりトヨタなどの企業も打撃を受けるのは確実です。そうなると日本経済にとって手痛い打撃となるのですが、そこの所をどうするつもりなのか? まあ、どうせ考えていないのでしょうがね。

中部地域は今後電力不足という震災に見まわれるのが確実な様です。ハイ。

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET