明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
地球はどっちに向かうのか?
2009年06月30日(火) 22:53
○今月4日、米科学誌デイリーテック(Daily Tech)によると、NASAゴダード宇宙飛行センターが、 地球温暖化の影響は、太陽周期の変動が、地球の気候に大きく関係するとの研究を発表した。

研究では、太陽は11年周期で運行しており、その周期のピーク時に黒点付近で生じる活動が 活発になると、地球は太陽から発せられた熱を大いに受け、地球の気候に変化をもたらすという。

同センター気候研究者のロバート・カラハン氏は「今現在、地球は大きな氷河期と 氷河期の中間期にある」とし、またコロラド大学太陽科学研究者のトーマス・ウッド氏は、 太陽周期により約0.1度の地球温度の影響があり、もっとも太陽活動が活発なときに地球は温められ、 最低期に冷やされるという。

NASAの今回の発表によって、太陽周期が地球温暖化の要因の一つとなっている事は承認されたが、 人為的原因による地球温暖化説を支持する研究者は多くいるという。


http://www.dailytech.com/NASA+Study+Acknowledges+Solar+Cycle+Not+Man+Responsible+for+Past+Warming/article15310.htm







☆少し前の記事ですが、地球温暖化に付いてNASAの記事があったのでリンクをはっておきます。

人為的温暖化は主としてIPCCのデータと主張に基づくものですが、NASAは全く反対の主張をしている訳です。 まあ、どっちが正しいとは言いませんがいわゆる権威者でも真反対の意見があると言う事は知っておいて欲しいと思います。


では。


資源大国への道
2009年06月29日(月) 17:30
 海上保安庁が行っている海底の地形調査で、沖縄本島の北西沖に、金や銀などの金属鉱物資源が あるとみられる地形が見つかり、今後の資源開発につながるものとして期待されています。

 海上保安庁では、海図の作成などのため、去年7月からことし3月にかけて沖縄本島の北西沖、およそ 100キロの東シナ海の海底を調査し、この過程で、金属鉱物資源があるとみられる新たな地形を発見 したということです。この地形は「海底熱水鉱床」と呼ばれる直径3キロから5キロのカルデラ状のくぼ地で、 地中深くに入った海水がマグマなどに熱せられて噴出する際に、熱水の中の金、銀、銅などの重金属が 沈殿して出来たとみられています。同じような地形は、日本近海でこれまでにおよそ10か所見つかって いるということですが、海上保安庁によりますと、今回は水深が500メートルほどと比較的浅く、採掘できる 可能性が高いということです。海上保安庁では「今後の資源開発につながるもの」として、調査結果を 海底資源の開発や研究を行っている経済産業省や文部科学省の専門機関に伝えることにしています。






☆先日海水からウランを取り出すコストが現在の国債価格の3倍まで縮まってきて、運用の現実化の目処がでてきた記事がありました。

今夏は何度か話題にした、海底資源の件です。 将来を考えると、海水から鉱物を取り出す技術と海底資源の開発しか無いでしょ。 政府にも本腰を入れてほしいです。 開発費をけちりたいなら、採掘権をだしに企業に開発させるという手もあるわけだし。 


きりきりやれよ。(笑い)


夕日 三百山
2009年06月28日(日) 00:37
☆土曜日はIさんと神郷町の温泉に行って来ました。 それで温泉疲れで眠たい。 贅沢な文句です。(笑い)


そう言う訳で、先日撮った三百山からの夕日です。 下記のリンクからご覧ください。 では。



http://syn3.blog121.fc2.com/
世界のエゴの溜まり場
2009年06月26日(金) 18:55
「国連事務総長に存在感なし」  米英誌が酷評 2009.6.25


 23日発売の米誌フォーリン・ポリシーは2007年1月に就任した国連の潘基文事務総長について、 歴代事務総長の中でも特に指導力や存在感を欠き、「国連を無意味な組織にした」と酷評する論説を掲載した。

英誌エコノミストも最近、潘氏の管理・調整能力不足を指摘する記事を報じており、任期切れの11年をにらみ 「再任阻止に向けた“潘降ろし”が始まった」(国連外交筋)との見方もある。

 任期(5年)の約半分を過ぎた潘氏については、自身が最重要課題に挙げる地球温暖化問題も含め大きな実績 はなく、欧米諸国の支持を失いつつあるとも言われる。    (共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090625/erp0906251713006-n1.htm







☆まあ、最初から日本は大反対だったけどね。 目先の、いや私的な利益に目がくらんで彼に投票した人(国ではなくて)が多かったんだろうね。

期待通りに、韓国スタッフを多く入れるは、サムソン電機のディスプレイを大量購入するはで韓国の国益のために尽くしてますね。 韓国にとってはいい事務総長です。


「国連は世界で最も汚い場所である。」と言われてます。 それはつまり、各国が国益のためにエゴをぶつけ合う場所だからです。 そう言うことを理解していない日本人が多いのは困った事です。 ハイ。


もう少し、現実を知りましょう。

Water lily
2009年06月25日(木) 22:04
☆暑い日が続きますね〜。 体調を崩さない様にご自愛ください。 睡蓮の写真をアップしました。 下記のリンクよりご覧下さい。

http://syn3.blog121.fc2.com/


てつのくじら
2009年06月25日(木) 08:00
広島の呉に「てつのくじら館」ってのが有って、そこに退役した自衛艦「あきしお」が展示されていることを最近知りました。行って見たいです〜。 (所でこの写真、おかしいところが有るのですが分かりますか? 答えは文の後半で・・・。)





・今回潜水艦について書こうと考えたのは先日 雲池垢斎殿と話をしている時に翁が「最近、JSDF(Japan Self Defence Force)の潜水艦は鯨型になっている。イギリス海軍は伝統的に鯨型を採用しているんだけどね。」って言ったのがきっかけです。

調べてみると、潜水艦の形状はわかりにくい。 当然で、潜水艦は浮上しても見えるのは艦橋ほかちょとの部分で、全体の8割以上は見えないわけですから。

この「あきしお」の様に全体を見られるのは希なことです。

で、現在の潜水艦(軍用)の形状は大きく「ティアドロップ(涙滴)型」「葉巻型」「鯨型」3タイプに分類されるようです。上記写真の「あきしお」は「ティアドロップ型」です。 そう言えば長く伸びた涙滴の形に見えますね。(見えない人もいるだろうけど。 笑い。)


ではイギリスの潜水艦を見てみましょう。 下の写真はTrafalgar class submarine の HMS Tireless (「疲れを知らん」とは妙な命名ですね。無理して過労死しないでね。)





最後の「葉巻型」を見てみましょう。 ジーン・ハックマンとデンゼル・ワシントンが主演した映画「Crimson Tide」で有名なアラバマです。





では、JSDFの現在の主力艦はどうでしょうか。 「おやしお」の写真です。






確かに、イギリス海軍のトラファルガー級潜水艦によく似てます。 でも、Wikiにはなぜか葉巻型と書いて有るのですね。 なんで?


まあ、水面下が見えないので断言は出来ないですがこれは鯨型でしょう。 たぶん。


では、鯨型ってのはどんな形なのかと言うとですね。 写真をみつけてきました。 建造中のイギリスの最新鋭潜水艦です。






まさしく、マッコウクジラの様ですね。 これを見て水面下を想像して下さい。 ハイ。




<あとがき> 因みに展示されている「あきしお」についているスクリューはダミーで実際に使用されていたものとは異なるそうです。 現代の軍用潜水艦には静粛性を追求した細長くて湾曲したスクリューが付いているのですが、機密保持の為に非公開となっています。


NHKに集団訴訟
2009年06月24日(水) 18:18
★台湾統治で偏向報道…8300人、NHKに集団訴訟 「虚偽の事実捏造。極めて悪質」

・日本の台湾統治を取り上げた、NHKスペシャル「アジアの“一等国”」(4月5日放送)の偏向・歪曲問題で  8300人を超える視聴者らが25日、放送法や受信契約に違反する番組で精神被害を受けたとして、  NHKを相手に計約8300万円の損害賠償を求める集団訴訟を東京地裁に起こすことが分かった。

 問題の番組は、台湾統治を現地取材や歴史的資料をもとに振り返ったものだが、放送直後から  「全篇が“歪曲報道”の連続」(ジャーナリストの櫻井よし子氏)、「日本の台湾統治を批判するため、  台湾人の証言を都合よく操作した」(日本李登輝友の会)などと批判が続出している。

 訴状によると、原告らは、同番組について「事実に反し、一方的な『やらせ』取材をし、虚偽の事実を  捏造し、極めて悪質で偏向したものである」と断定。政治的に公平で、事実に即した良質な番組を  つくるという、放送法や受信契約に違反しており、「不法行為として損害賠償を請求できる」としている。

 【台湾人の証言も開示へ】  裁判では、NHKの取材を受けたが、「インタビューを恣意的に編集された」と激怒し、悲しんでいる  台湾人の証言も開示される予定。

 今回の提訴は東京中心だが、関係者によると、今後、同様の訴訟を全国でNHKに起こす準備が  進められているという。

 同番組は、永田町でも問題視されており、自民党の安倍晋三元首相や中川昭一前財務相ら有志議員が  11日、内容を検証する議員連盟「公共放送のあり方について考える議員の会」を発足させている。

 http://www.zakzak.co.jp/gei/200906/g2009062402_all.html








☆これまでも何度か取り上げましたが、NHKの事実に基づかない偏向報道に対して反撃の狼煙が上がりました。 めでたい事です。


これまで、NHKはこの件に関しての公開討論要求も拒絶し、「台湾人男性も抗議せず」見解発表して逃げまくってましたからね。 これで逃げ隠れはできなくなりました。 出るところへ出て決着を付けて頂きましょう。


取材を受けた台湾の男性から「あんたら中共の手先だろう。」とまで言われている(それはそれで正しいけど。笑い)NHKですから。 今後の展開が楽しみです。 ハイ。

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET