明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
驚きの千円ぽっきり
2008年10月30日(木) 19:09
新高速料金プラン!東京→青森1000円

http://8.dtiblog.com/admin.php?mode=editor&process=new


 1000円で高速道走り放題!?金子一義国土交通相は29日、追加経済対策の目玉の1つとして、地方圏の高速道路料金について休日(土日祝日)は原則として1000円を上限とし、平日は3割程度引き下げる方針を明らかにした。年内の実施を目指し期間は2年の予定だ。

 値下げされるのは、東日本、中日本、西日本、本四高速会社の営業エリアのうち、東京、大阪圏以外。休日は普通車と軽自動車が対象で、上限は原則1000円だが、一部地域では1500円程度になる。平日は全車種で3割程度引き下げ、深夜の5割引きなど既存の割引は継続する。1000円以下の短距離は対象外。

 いずれも自動料金収受システム(ETC)の利用が条件。金子氏は「予算案が国会を通過後、2年間実施したい。5000億円が必要で、財源は財務省と調整している」と述べ、必要額を第2次補正予算案に盛り込む。

 首都高速と阪神高速も休日に一定の割引をする。さらに、東京湾を横断するアクアラインの通行料金は、休日に普通車(現行3000円)と軽自動車(同2400円)を一律1000円に引き下げる。本四連絡橋(4100〜5450円)も1500円とする。

 政府・与党は昨年末に高速道路料金の値下げなどに10年間で2兆5000億円を充てることで合意しているが、金子氏は「今回の5000億円は2兆5000億円とは別枠だ」と語った。

 休日の通行量が必然的に増加し、渋滞は起きやすくなると予想されるが、観光面などで消費拡大の効果に期待できる。ただ、民主党は追加景気対策で高速道路全面無料化を決定しており、国会での新たなバトルの火種となりそうだ。





☆「追加経済対策26兆9000億円 政府決定、財政支出は5兆円」の一つとなっているそうです。


しかし、議会を通りますかね? 民主党は反対しそうでが・・・。 


民主党も高速道路の無料化や小沢党首が20兆円を超える経済対策を主張していたので、ここで反対すると墓穴を掘りそうです。 バカな鳩山は「解散総選挙しないと協力しない。」などとバカ丸出しなことを言っておりますが。 本当救いようがないです。


柴犬は二大政党賛成者なので、民主党には頑張って政権を取って欲しいと思っていますが、民主党が政権を握った後日本がわやくそになって国民が「もう二度と民主党には入れない。」と思うのが一番怖いです。


民主党がそこそこまともな政権担当政党になってくれないと二大政党制は成立しません。 そう考えると、小沢や鳩山が政党の上部に居るのちょっとね・・・。

もう少し、上手く立ち回れる現実的な人に切り回した欲しいです。ホント。




☆ところで、今回の大型経済対策ですが1930年代の大恐慌では唯一効果があったのはこの手の経済対策だと言われています。 


米国だとルーズベルトのニューディール政策だし、ドイツだとヒットラーが行ったアウトバーンの建設他の不況対策でした。 いわゆるケインズ経済学的な対策です。 ○ケインズは世界恐慌前後に活躍した経済学者で、かれがマクロ経済学を発明したことを指してケインズ革命と呼びます。

彼以前の経済学者は、簡単にいえば「神の見えざる手」に代表される、市場原理至高主義に陥っていました。要するに、政府は市場経済に出来るだけ手を出さない方が良い、という立場です。ただ、独占や公共財といった、市場原理だけでは上手くいかないことも、既に知られていました。

大恐慌の後、経済学者は「政府の各種規制が回復を遅らせている」と主張しました。要するに、政府は手出しするな、という意見です。

一方でケインズが主張したのは
みんな金を持っていない→誰も買わない=物が売れない→生産を減らす=給料が減る→更に金を持っていない
という連鎖を、政府が物を買ったり人を雇ったりして断ち切る、という政策で、ニューディール政策の経済学的根拠を示します。実際には、充分な成果が出る前に戦争が始まってしまうわけですが・・・。

http://209.85.175.104/search?q=cache:WHUSzfCJ6jAJ:oshiete1.watch.impress.co.jp/qa2228238.html+%E3%82%B1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BA%E7%B5%8C%E6%B8%88%E5%AD%A6+%E7%B0%A1%E5%8D%98%E4%BD%8D%E8%A8%80%E3%81%88%E3%81%B0&hl=ja&ct=clnk&cd=5&client=opera




☆え〜。この説明にも書いてあるようにニューディール政策に代表される「ケインズ理論」本当に有効だったかどうかには疑問もあります。

それに関しては明日。


倉敷でも紅葉
2008年10月29日(水) 13:22




種松山に花を撮りに行ったのっですが、既に時期が遅くバラは盛りを過ぎていた。 そんなわけでぶらぶらしながら被写体を探していると良い具合に紅葉した桜の葉があった。


なかなか、鮮やかな赤色なので+0.6ほど補正して撮りました。



本命のバラさんはかろうじて活きの良いのをマクロで撮しました。






倉敷にも秋の気配が感じられます。 ハイ。
金はどっちに向いてる
2008年10月28日(火) 20:28



<金日足 緑:18日平均移動線 青」12日移動平均線>  



☆金の下落が続いています。 少し前に「これからは金か現金(円)だ。」と書きましたが、残念ですが今の所外れています。



もう少し見てみましょう。






<金月足 緑:18ヶ月平均移動線 青」12ヶ月移動平均線>  



   「・・・」



これまでのサポートラインだった18ヶ月移動平均線を完全に割ってます。 これから月末までに、813ドルまで戻すことは難しそうです。


というわけで、「金」は下落トレンドに入ったようです。(外しました。)


そう思っている内に急激に戻している・・・。 う〜んマンダム。(古い) 難しいの〜。
macro写真
2008年10月27日(月) 20:26




マクロレンズを付けて散歩をして花を撮っていたのですが・・・。


なにやら動く影が。


コガネムシ? らしき者がひょっこり顔をだした所をパチリ。


しかし、だんだん寒くなっていきますね〜。


通貨危機再び
2008年10月26日(日) 19:27
お隣の韓国では最近の通貨危機のあおりを受けてウォンが急降下(まあ、ウォンだけじゃなが)、経済危機がささやかれIMFがアイスランドの次に介入するのは韓国ではないかと言われ始めています。


ご存じの方も多いとは思いますが、実は韓国は10年前に通貨危機に陥りIMFの管理下に入り、そのときに日本から援助を受けています。


で、その事をアンケートした結果が下記です。(エンコリより。)


97年の通貨危機の時日本に援助をしてもらったのを知っているか?

http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=tlife&nid=1276299&chk_poll=YES


結果確認

教科書で習った   5.5% (35人)

知らない     4.2% (27人)

噂で知っている   4.2% (27人)

知っているが日本には感謝しない   12.7% (81人)



日本政府の捏造だ   73.3% (467人)






  ・・・・。






 捏造とは・・・。 言ってくれますね。 


 では、当時の大統領だった金大中がどう言っているかというとですね。(通貨危機の当初は金泳三だった。)




IMF時韓国を助けた日本に感謝する金大中 (前略)

◆日本経済回復はアジアの機関車

 尊敬する議員の皆様。

 わが民族は過去半世紀間、祖国の分断と、同族が殺し合う戦争という、つらい経験をしました。しかしその中でも、わが韓国国民は決して挫折することなく、一九四八年の建国以来、四つの大課業を遂行してまいりました。

 第一は、共産主義者たちの反対を押し切って、国連監視のもと、圧倒的な国民が参加した民主選挙を通じて、大韓民国政府を樹立したことと、第二には建国後わずか二年にして、北韓共産主義者の南侵が行われた時、韓国国民は数百万の犠牲を払いながらも撃退したことであります。そして第三は、戦争の廃虚の中で再起して、世界で第十一位規模の経済大国を築き上げたことであり、第四には、下からの運動により、韓国国民の自力で民主政府を実現させたことであります。

 しかし、急速な産業化と高成長の過程で、政経癒着と官治金融が澎湃(ほうはい)し、世界経済の変化に適応しきれなかった結果、ついに外貨危機を迎えるところとなりました。そしてわが国民はいま、全面的な経済構造の調整に伴う苦痛を耐え忍んでいます。

 昨年の十二月十九日、私が当選した時、わが国の外債総額は実に千五百五十億ドルに達していました。うち、すぐに返済すべき短期外債が二百三十億ドルであったのに対して、外貨保有高はわずか三十八億ドルに過ぎませんでした。それこそ国家破産の危機にひんしていたのでありました。  そのような外貨危機を克服する過程で、日本の支援が大きな力となりました。日本は、韓国の短期債務延長にあたり、その三分の一を超える七十九億ドルを、中長期債務に転換して下さいました。世界のどの国よりも、多くの協力をして下さったのであります。


 「苦しい時の友人が真の友人」という言葉があります。私はこの席をかりて、改めて、日本の積極的で誠意のこもったご協力に対し、衷心より感謝の意を表する次第であります。


 今、わが韓国の国民は一丸となり、経済難局克服のために邁進しています。現在、外貨保有高はかなりの程度に達しており、外国の投資も引き続き増加しています。国内的にも金融、企業、労働、それに公共部門に対する改革が、着実に進んでいます。私と韓国国民は現在推進中の改革を必ず成功させ、経済再跳躍の基盤を固めるため、全力を傾注しています。

 韓国が経済危機を克服する上で、何よりも切実なのが外国からの投資であります。わが政府は、外国の投資家が国内投資家と同一の条件下で活動できるよう、関連制度と法律を果敢に改善しました。韓国は今、外国投資家たちが安心して、自由に企業活動ができる国を造りつつあります。

 私はわが韓国国民に、「外国資本もわが国に投資すれば、われわれの企業である。今は、資本所有主の国籍が問題ではなく、その企業が、どこに投資しているかが重要である。われわれは外国資本を歓迎し、積極的な協力を惜しんではならない」と、説得してまいりました。

 私は、日本の投資家たちがこうした韓国政府の努力を信じ、韓国に対して積極的に投資を拡大して下さるよう、期待しております。

 世界経済とアジア経済における日本の役割は、いくら強調しても強調しきれません。私は、日本の構造改革と内需振作努力が成功を収めて、日本経済が早急に回復し、アジアの経済危機克服の機関車となって下さるよう、心より期待しております。


(後略)


1998年10月8日の金大中大統領の参議院での演説

http://www.mindan.org/shinbun/981014/topic/topic_e.htm 






☆涙が出そうなほど言い演説です。 



しかし、自国の韓国では知られていない様ですね。




「苦しい時の友人が真の友人」なら僅か10年でそれを忘れてしまう者を何と呼べばいいのでしょうか?



そこんとこをよーく考えましょう。
やる時はやる台湾
2008年10月25日(土) 23:57
台湾野党、「反中」の大規模デモ 台北市内、10万人超が参加

 【台北=新居耕治】台湾独立志向の野党、民進党は25日、中国側窓口機関である海峡両岸関係協会の陳雲林会長が過去最高レベルの中国要人として11月上旬に初訪台するのを前に、台北市内で大規模デモを実施した。10万人超とみられる住民が参加し、陳氏の訪台反対や、メラミン混入問題に対する中国の謝罪・賠償などを訴えた。

 民進党の発表によると、デモ参加者は60万人。台湾では中国との関係改善による台湾経済の活性化を強調していた馬英九政権下で経済不振が鮮明になっていることで、住民の不満が高まっている。中国製の乳製品などに有害物質メラミンが混入していた問題に対する反発も強く、民進党は陳氏訪台前の大規模デモで馬英九政権を揺さぶることを狙っている。





☆最近印象の薄い台湾ですが。 


反日で知られる馬英九が政権を取ったときには、「これで台湾も中国寄りか。」と思ったのですが、そうでも無いようですね。 中国の本性を知れば知るほど危機感を感じるのは当然でしょう。

日本もやっと最近そうなってきましたが・・・。




しかし、媚中派の政治家に注意しましょう。





ハイ。
気分転換をしましょう。
2008年10月24日(金) 22:15
株式市場も下げ止まらないし、為替もめちゃくちゃ。

混乱の極みですが、少し冷静になりましょう。 落ちるところまで落ちたら後は上がりますって。






そんなわけで、お気に入りの写真です。 ハイ。



<写真は九十九島> Tukumo islands

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET