明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
現実が見えない総理
2008年05月30日(金) 18:58
クラスター爆弾、福田首相の意向で全面禁止に同意

政府は、不発弾被害が深刻なクラスター爆弾を一部の「最新型」を除いて即時全面禁止する 条約案について同意する方針を決めた。町村信孝官房長官が30日午前の記者会見で発表した。 条約案は軍縮交渉「オスロ・プロセス」ダブリン会議で30日に採択され、日本政府はその場で 受け入れを表明する。オスロ・プロセスに参加していない米国との同盟関係に配慮し 条約案への態度を保留していたが、福田康夫首相の意向を受け、人道上の観点から同意に踏み切った。

町村氏は会見で「人道上の懸念を深刻に受け止め、実効性のある国際約束の策定を 目指して具体的な提案を行い、積極的に交渉に参加してきた。今次コンセンサスに 加わる考えだ」と明言。12月の条約署名についても「署名に向け具体的な対応を いろいろ考えないといけない」と述べた。

日本は安全保障上の理由からこれまで全面禁止に慎重姿勢を取ってきた。 同意に転じた理由について町村氏は「(安全保障と人道面の)両方のバランスを どう取るのかを検討してきたのであり、(姿勢が)180度変わったわけではない」と強調した。

日本は今後、現在持っている旧型爆弾の廃棄や、条約案で保有が認められている 一部の「最新型」爆弾への置き換えに向けた検討に入る。石破茂防衛相は30日の 記者会見で「(現有の)クラスターが規制対象になるなら、それに代わる抑止力として 最新型がどういう意味を持つか検討する」と述べた。【坂口裕彦、田所柳子】 最終更新:5月30日11時36分 5月30日11時36分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080530-00000040-mai-pol






☆親子二代にわたってのバカ首相だな。



父福田赳夫がダッカ日航機ハイジャック事件で「人命は地球より重い」として犯人側の人質解放の条件を飲み、身代金の支払いおよび、超法規的措置として囚人の引き渡しを行ったことで、テロリストの脅迫に屈したと国際的な批判を浴びることとなったことを忘れているようだね。

人道的な見地ってのはその時だけは気持ちいいかもしれんが、後のこと考えられんのかよ。 仮にも一国の総理でしょうが。

そうでなくても、陸上部隊の人員が北朝鮮や韓国、中国に比べて少ないのだから海上を突破されて上陸されたら打つ手がないじゃないか! 代案も無しに、決めるとは国防に関して無責任すぎる。


  石破さんは凄くまともなことを言ってるのだけど・・・。


トップがバカだと下の物が苦労する良い例だね。 国民は悲惨ですよ。 本当。
ハニ垣? はみがきではない。
2008年05月29日(木) 20:43
2審は文春の賠償減額 名誉棄損で谷垣氏勝訴 05/29

中国で買春したかのような虚偽の記事を週刊文春に掲載されたとして、自民党の 谷垣禎一政調会長が発行元の文芸春秋(東京)などに2200万円の損害賠償を求めた 訴訟の控訴審判決で、東京高裁は29日、1審同様に名誉棄損の成立を認めた上で、 賠償額を1審の330万円から220万円に変更した。

吉戒修一裁判長は
1)谷垣氏が、問題の日の行動など事実経緯を一切立証していない
2)記事の一部は取材相手の話が具体的で一応の信用性があり、真実と信じる理由があった

−などを減額の理由に挙げた。
一方で、記事の基になった警察庁作成とされるリストについては1審同様に 「作成者や入手経緯が不明で信用性がない」とするなど、記事全体としては真実性や 真実と信じる相当な理由がないと判断した。

判決によると、週刊文春2005年12月8日号は「ポスト小泉の資格を問う 谷垣禎一 財務大臣」の見出しで、谷垣氏が1988年の訪中の際、買春したかのような記事を掲載した。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/95758.html  




☆爆笑です〜。




つまり、裁判所は谷垣氏(以後ハニ垣)の売春行為(ハニートラップ?)には真実だろうけど、警察が作成したリストやそれを元にした記事には信憑性が無いと判断したわけですね。




『週刊文春』(12月8日号)の「谷垣禎一財務大臣 中国人女性『買春』疑惑」。より

カタブツで恐妻家、マジメ人間といわれる谷垣財務大臣がこともあろうに中国で買春していたというのだからただごとではない。 中国の公安当局が、有力政治家や財界人に女性を近づけ、関係をもったところで脅して、中国側の言いなりにさせる。 その女性たちは全員工作員−−。 政財界ではよく知られた話で、親中派といわれる某政治家などもその弱みを握られているのではないかと噂されている。

谷垣財務大臣もまた中国公安当局の工作にはまったのか?

『文春』が入手した「中国駐在商社員等に対する摘発・国外退去事案(情報)」リストによると 「事案」は1〜11までの数字が打たれ、具体的なケースが記載されているという。 摘発機関は中国公安部、被摘発者は谷垣禎一衆議院議員で事案の概要はこんな具合。 〈宿舎の「西苑飯店」のディスコで親しくなった女性を自室に連れ込み、約1時間して女性が出た後、 公安部から呼び出され、ホテルの一室で取り調べを受けた〉 事件が起きたのは1988年4月。谷垣禎一議員が北京で開かれた「第4回日中民間人会議」に出席したときのこと。



☆まあ、結局は彼が何をやるかによって判断するしかないとは思いますが、これまでのハニ垣氏の対応を見ていると中国よりといわれてもしょうが無い?


○政府外交調査会と自民党外交部会が対中ODA 終了方針を打ち出したとき、当時の武大偉中国 大使は、ODA終了方針を阻止するために 行動を起こしたが、彼が最初に会った日本人は 外務省担当課でも政府調査会でも、自民党関係者 でもなく、谷垣財務大臣だった(週刊新潮)

対中ODA削減に反比例するように、アジア開発 銀行の対中融資が激増してきた。この転換の背景 には、黒田東彦のアジア開発銀行総裁就任と、 彼を強く推薦した谷垣財務大臣の意向があった。 アジア開発銀行への対中向け追加拠出も行われて いる。(サピオ)



やってることは、やはり中国様の為のようです。


まあ、ハニ垣氏の他にも岡山の恥、中国愛人同盟会長の故橋本元総理中国人女に都内の隠しマンションを貸していた小沢一郎、中国への渡航暦の多さを誇る福田康夫、ほかにも中国愛人同盟の方々は政界・メディアに限らず多くおられるようですが・・・。


彼らの行動を注視しましょう。 ハイ。
日本争奪戦?
2008年05月28日(水) 20:23
○共和党候補確定のマケイン氏アジア戦略を読売新聞に寄稿

5月27日 読売新聞より

【ワシントン=五十嵐文】 米大統領選の共和党候補に確定しているジョン・マケイン上院議員(71)は26日、当選した場合に実施する対日政策などのアジア戦略をまとめ、 ジョゼフ・リーバーマン上院議員(66)との共同論文として読売新聞に寄稿した。

日本など同盟国との関係を最優先する方針を明確にし、中国重視路線を取る民主党との違いを鮮明にした。

「同盟国を最優先に」と題する論文は、日米同盟を、アジア太平洋地域の平和や繁栄における「かけがえのない支柱」と定義。 日本に「政治力、経済力、自衛力に見合った国際的な役割」を果たすよう促し、一層の負担を求めた。 その上で、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りへの支持を表明した。

マケイン氏が3月に党候補指名を確実にして以来、対アジア政策を発表するのは初めて。 リーバーマン氏は2000年大統領選の民主党副大統領候補だったが、現在は上院で無会派。 マケイン氏が当選すれば、国務長官への起用も取りざたされている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080527-00000067-yom-int





☆中国が「自衛隊機含む支援」を日本に要請したことが今日一のビックリ・ニュースだったでしょうか。 中国の対日姿勢は四川大地震後から明らかに変化していますが、その要因の一つに日本のハイテク技術(特に軍事関連)を取り込みたい意図があると思っています。

例えば次期戦闘機や航空機に必要な炭素繊維は日本の東レ・三菱レーヨン・帝人の三社が世界市場の7割りをしめるといわれ、圧倒的優位にある。 現在兵器に使用している物を初め、兵器に転用可能な技術も日本には多くあり、北朝鮮のテポドンは部品の約90%が日本製と言われていた。

同じ兵器を製造するにしても、日本でライセンス生産した物の方が米国製の物より性能が良い事がしられていて、米国も日本抜きでの兵器の製造は考えられない状況ではないでしょうか。

中国は日本と米国がつるんでいる間は、勝つのは無理だと分かっていますから、戦略的にこれを分離させると同時に、日本の先端技術を取り込もうと画策するでしょう。 そうなると、いつまでもぎくしゃくした対日関係を続けるのは中国の利益にならない。

そうは言ってもこれまでの江沢民による反日政策のおかげで民衆(あえて国民と言わない事に注目)の対日感情が極度に悪いため、これを何とかしたい・・・。

そこで、日本や日本軍(自衛隊)に対するアレルギーを何とかするために今回の地震を利用する事を思いつき、今回の派遣要請となったのではないかと柴犬は考えるのですが。 どうでしょうか?

とは言っても、中国も一枚岩ではなくて、江沢民の上海派も依然勢力を保っているようなのでこれからも紆余曲折があるでしょうが、今のところ日本を取り込もうとする勢力が優勢なのではないかと思います。

今後も注目していきましょう。ハイ。
福島瑞穂と原発
2008年05月27日(火) 19:31
EUで原発回帰論、欧州委員長「温暖化対策に有効」

 【ブリュッセル=下田敏】大幅な原油高や地球温暖化対策をにらみ、欧州連合(EU)で原子力発電への回帰論が広がってきた。EUのペテリング欧州議会議長は26日、二酸化炭素(CO2)の排出抑制などで「原発利用が必要になる」と語った。英国やイタリアは原発凍結政策の転換に踏み切っており、7月からEU議長国になるフランスは原発の活用をEU各国に訴える構えだ。

 ペテリング議長は原発をエネルギー調達の重要な手段と位置付けたうえで、利用拡大を検討する考えを示した。バローゾ欧州委員長は「原発利用は温暖化対策での有効な手段」と表明。加盟国が個別に決める政策としながらも、EUとして原発利用に政策の軸足を移す方針を示唆した。





☆今から十数年前。TVで福島瑞穂が「ヨーロッパでは脱原発意識が高まっていて、ドイツでは原発をやめている。」と言うような発言をした事があります。 ま、彼女は何時も反原発なんですが。

柴犬は当時ヨーロッパに居て、ドイツは電気の供給を原発推進国のフランスから受けていたことを知っていたので、まあ何と偏向したいい加減な発言をするもんだと思って身近な人にはこのことを話していたのですが・・・。



EUの大好きな福島瑞穂女史はEUに倣って方向転換するんでしょうか?(爆笑)



東大卒・弁護士という立派な経歴が冗談の様です。 ハイ。
鐙が無いと
2008年05月25日(日) 21:40
昨日に引き続き「馬」の話です。


時代劇で馬は欠かすことの出来ないアイテムで、特に戦場において馬が出てこない映画の方が珍しい位です。

馬に乗ったことの無い人にとってはどうって事ないでしょうけど、乗馬をかじった事のある柴犬にはどうも突っ込みたくなることが有るのです。(笑い)

それは、馬具に関することで具体的には「鐙」についてです。 鐙とは乗馬するときに足先を入れているあれです。 

実は鐙の歴史は意外に新しくて、確認されている最古の例は、紀元前三世紀パルティア(イラン高原東北部に興ったダーハ氏族の1支流)による弓騎兵ということです。

で、アジアですが中国で四世紀頃から遺物が確認されていて、初期のものは片側しか存在しない事から、当初は馬の背に乗る際の足がかりとして使われたものと思われていて、ペアになっており騎乗時の保持の目的として使われた事が確認できるのは、代の副葬品の騎馬傭からだそうです・・・。




勘の鋭い方は気がついたでしょう。 つまり、三国志の時代。 関羽や張飛は鐙のない馬に乗っていたわけですよ。 「関羽は大男だったので、馬に乗った際に足が地面につきそうだった。」といわれていますが、一つには鐙が無いのでそうなった訳でしょう。 もう一つは、キゴウ君が言ったようにアラブ種とは違って中国にいた馬がかなり小さいせいだと思います。

実際、モンゴルの馬はサラブレッドに比べるとかなり小さいことが知られています。「元」を当時の大帝国に導いたモンゴルの馬でさえ小さいのですから三国志時代の馬がどの程度だったかは推して知るべしだと思います。






え〜。本題から外れましたが。 映画で三国志を見ると、鐙がぁ〜




付いてます。(爆笑)



映画で鐙無しで乗馬していることは先ず無いと思います。(笑い)


まあ、しょうが無いと思うのは戦闘シーンで鐙無しで乗ったら落馬しまくりで危険だろうからね。 正直、そこまで言うのは無理な気がします。ハイ


大きな犬
2008年05月24日(土) 18:57
アメリカ・インディアンがを見たとき言った。

「なんて大きな犬なんだ。」



☆柴犬が乗馬をやっていたとき、もともと北米には馬がおらず(正確には紀元前数千年に絶滅していて)インディアンは馬の事を「大きな犬」と呼んでいた事を知りました。

母親にそのことを話すと「でも、西部劇では馬に乗っているじゃない。」としばらくは信じてもらえませんでしたが・・・。(今も、信じていないかもしれないが。 笑い。) 

まあ何事も映像などで見せられると印象が強くて忘れられなくなる物ですが、映画やテレビはあくまでも創作物であって、事実と異なる事が多くあることは認識しておいた方がよいです。


ハッキリ言えば、ほとんどはフィクションです。



☆ラスト・オブ・モヒカンとカスター将軍

この話を雲池垢斎殿に話すと、「映画『ラスト・オブ・モヒカン』ではインディアンが馬に乗らず、走っているよ。」と教えてくれました。 珍しく時代考証がちゃんとしている映画の様です。 まだ、見てはないのですが。

色々調べてみると、インディアンが馬に乗りだしたのは19世紀の半ばくらいの様です。つまり「ラスト・オブ/モヒカン」の舞台となったアメリカ独立(1783年)以前では当然インディアンは馬に乗っていない。

では有名なカスター将軍(実際は中佐)の「リトルビッグホーンの戦い」は1876年ですからこの頃はインディアンも馬に乗っていた事になります。 ダンスウィズ・ウルヴスも同じ頃の様です。

注)妻リビー・カスターは夫の死後、カスターの神格化に奔走し、新聞や出版物を使い、カスターがあたかも残虐なインディアンの奸計に落ちた正義の人であるかのようなイメージ作りを行ったようです。


まあ、いつの時代も歴史は都合の良いように創作されやすいようです。




  次回は、馬つながりで三国志をやってみたいと思います。

  歴史には意外に多い、大きな勘違い??(笑い)
観光立国
2008年05月23日(金) 00:31
 米国の有力情報ウェブサイト「トリップアドバイザー」がまとめた平成20年の観光地ランキングのアジア部門で、京都が1位を獲得した。独立行政法人「国際観光振興機構」が明らかにした。6位となった東京のほか、国際観光都市の上海(14位)やバンコク(10位)を抑えており、京都市観光振興課は「従来のツアーなどではなく、21世紀型のネットを通したランキングで選ばれたのはうれしい」と話している。

 トリップアドバイザーは月間570万人がアクセスする米国最大手の口コミ旅行サイト。旅行業者が選んだ観光地紹介ではなく、実際に旅行に行った観光客らの感想や口コミ情報が掲載されることもあり、世界的に有名な観光地だけでなく「通好み」の旅行地が多く掲載されている。

 京都は同サイトが先月末まで投票を募集した「トラベラーズ・チョイス」のアジア部門で1位、世界では24位にランクインした。世界では1位がニュージーランドのミルフォード・サウンドで、2位は同じくニュージーランドのクイーンズタウン、3位がカリブ海に浮かぶセント・マーチン島のフィリップスバーグだった。  日本人に人気のイタリアのフィレンツェは33位、サンフランシスコは34位、パリは57位にとどまった。

 市は、米国やオーストラリアなど海外5カ国に情報拠点を設置したほか、他都市に先行してネットを通した観光客誘致を推進しており、「こうした努力や施策が実を結んだ」と分析。「ネット産業が進むと、観光客はさまざまな方法で情報を仕入れるようになる。今後もネット産業に対応した戦略で世界でも1位を目指していきたい」と話している。 




☆対GDP比で観光収入が占める割合は

フランス 1.9%
スペイン 4.8%
イタリア 2.5%
米国   0.9%

香港   5.6%
シンガポール 8.1%


日本   0.1%



あの歴史的な遺産の無い米国でさえ1%近いのに日本はダントツに観光収入率が低い。(確かに米国には自然遺産は沢山あるが。)

小泉さんの時に何とかしようとアピールしていたけど、最近はとんと聞かないですね。


立山を初めとして、日本には世界に誇れる観光資源が沢山有るハズなんですけど。もちろん倉敷もそうですけど。(笑い)

やっぱり、アピールする努力が必要です。 ハイ。

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET