明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
宣教師們的沈默
2008年03月31日(月) 09:23
70年前は宣教師達が、そして今はIOCが沈黙する。

宣教師們的沉默 (シャンジャオシメン・ダ・チンモウ 宣教師達の沈黙)











「IOCはなぜ沈黙する」
http://www.usatoday.com/sports/columnist/brennan/2008-03-26-ioc-china_N.htm


USA TODAY チベット騒乱で“糾弾”

 米紙USA TODAYは、チベット族に対する弾圧が続く中国で五輪が開かれることに関し、国際オリンピック委員会(IOC)を痛烈に批判するコラムを運動面で掲載した。クリスティーヌ・ブレナン氏による記事の抄訳は次の通り。

◇  北京五輪と言って思い浮かべるのは抗議活動や取り締まり、検閲、死などスポーツ以外のことばかり。まだ3月だ。6、7月にはどうなっているのだろう。

 IOCは7年近くの間、中国に圧政的方法を改めるよう求めることができた。中国をもっと開かれた社会にすることは、北京に五輪を与える主たる理由だったのだ。残念なことに、IOCは中国に変化を促すことを何もしてこなかった。中国に五輪を与えたことで、共産主義政権に敢然と異議を唱えた人々の生活を悪化させた。勇気をもって立ち上がった人々への弾圧が増えているのを無視し続けることは、五輪が近づくにつれ不可能になっている。

 人権団体はIOCに、中国の変化に影響を及ぼすよう要望してきた。中国が何よりも気にかけているのは五輪を通じて自らの国を誇示できるかどうかであり、その意味では、IOCが中国政府に持つ力は巨大だ。

 ロゲIOC会長は「人権団体には(IOC本部がある)ローザンヌで定期的に会っており、尊敬の念は持っているが、IOCは中国に成り代わって仕事をする役目までは負わない。私の神聖なる優先事項はスポーツ選手のためによい大会を保証することだ」と語る。

 だが、ロゲ氏が動かないことは、氏が守りたいと願う選手や五輪の状況をより悪くするだけだ。中国に意見を言わないことは、中国の政策を嫌悪する人々をさらに怒らせることになる。

 IOCは2004年五輪の前に会場整備の遅れについてアテネに厳しく当たることには躊躇(ちゅうちょ)しなかった。それが今、(アフリカのスーダンの紛争地)ダルフールやチベットでの人権というもっと重要な問題で発言を拒んでいる。IOCは、スポーツを通して世界をひとつにしようとの高い志の組織というよりも、土木技師の集団か何かのようだ。

 06年冬季五輪のスピードスケートの米人金メダリスト、ジョーイ・チーク氏は「五輪とは人権のため人々が力を合わせる方法だとIOCは言うが、なぜ今回はそれについてはっきり言わないのか」と訴えている。






☆1933年に書かれた、"Ways that are dark:The truth about China"の序章で著者のラルフ・タウンゼントは以下の様に述べている。


「宣教師」たちは真実を話したがらない。


  なぜか? 


もし事実が知られると、今まで続いてきた援助が打ち切られる危険があるからである。


次にあげた「民間実業家」たちも事実を話したがらない。


   なぜか? 


心証を害された中国人から不買運動が起こる可能性があるからである。 また、会社に罰則が課される恐れがあるからである。


最後にあげた「政府役人」は在任中は外交辞令的な事しか言えない。厳重に口止めされているからである。したがって、現場にいて状況を最も的確にあ把握しているはずの人間が、事実上「さるぐつわ」をはめられ事実を述べられないのである。



2008年となった現在でも状況はそれほど変わっていない。


「宣教師」をIOCに。


「民間実業家」をコカコーラなどのオリンピック・スポンサーに。


「政府役人」を外務省やウータン総理に変えてみれば・・・。



パンジャブまで何マイル
2008年03月30日(日) 08:09
ついにガソリンが25円下がりそうです。 これもねじれ国会となったのが原因な訳で、当然と言えば当然な訳ですが・・・。

こうなったら、中途半端に妥協したりせずに行くところまで行って欲しいと最近思う様になりましたね。 自嘲的ですが。(笑い)

正直、ウータン首相他自民党の媚中派は嫌いだし。 小沢や民主党左派も嫌いだし。 もちろん、公明党も嫌いだ。(笑い) そうなると消去法選択しかできないというまことに不本意な状況なわけです。

だったら、共倒れするまで行った方が今後のためかと思う訳です。



☆ペルシャ帝国を征服したアレクサンダーは、次にインドへの遠征を目指し、紀元前326年にインダス川を越えてパンジャブ地方に到達します。しかし、ここに至り部下が疲労を理由にこれ以上の進軍を拒否したため、やむなく兵を返すことにした。 

つまり、戦争に嫌気がさした部下達の声がアレキサンダーの遠征を止めたのです。

同じように、今の政局の混迷が行くところまで行き。 与野党共に力尽き、国民も嫌気がさした頃に、まともな選択ができるんじゃなかろうかと期待している訳です。




問題は、政局のパンジャブまで何マイルなのか?  と言うことです。 ハイ。


パブル崩壊?
2008年03月29日(土) 08:27
中国、バブル崩壊の兆し 株価下落、不動産も異変 中国新聞より


 活況に沸いた中国の株式や不動産市場で、バブル崩壊の兆しが出ている。上海株式市場の総合指数はここ五カ月間で約40%も下げ、一九九〇年代にあった日本のバブル崩壊時並みのペースで急落。不動産では香港に近い地域を中心に異変が起きている。

 サブプライム住宅ローン問題による欧米景気の先行き不安に加え、中国当局が金融引き締めを強化していることが理由。中国では「八月の北京五輪までは値上がりが確実」という見方が支配的だったが、最近は悲観論が急速に広がりつつある。


 ▽ビル建設急減

 「周囲を見てもらえば分かるが、新たに建設を始めたビルなどない」。中国南部の広東省深〓市で地元の不動産会社の女性社員はうんざりした表情で話した。二〇〇七年後半から不動産取引が激減。〇七年後半の不動産取引はピーク時の六分の一程度に落ち込んだ。

 香港に隣接する深〓は、電車を利用すれば香港中心部から約一時間。女性社員は「以前は金持ちの香港人が買いあさったけれど、ほとんどなくなった。政府の統計では値上がりが続いていることになっているが、調整局面に入ったのは確実だ」と指摘した。

 上海市にある証券会社の店内。個人投資家ら約百人が端末を使って株式を売買するが、さえない表情の人が多い。三十歳前後の女性は「一体、どれだけ損をしたのか分からない」と嘆いた。

 上海株は年間で三倍以上も上昇した時期があったが、〇七年十月に総合指数終値で六〇九二・〇六を記録した後はじりじりと下落。二十七日現在で株価はピーク時より約40%も下落した。


 ▽誤算の引き締め

 投資家の誤算は、中国当局が予想以上の利上げなどで金融引き締めを強化したこと。同国の二月の消費者物価は前年同月比8・7%増で、約十二年ぶりの上げ幅を記録するなどしており、当局にとってインフレ抑制は最重要課題だ。

 ただ、このまま株式や不動産価格が下落し続けると、中国企業にも巨額の損失が発生する恐れがある。

 深〓市に工場がある日本の情報機器メーカー幹部は「販売した製品の代金が回収できない問題が徐々に起きている」と明かす。中国企業が倒産した場合は中国の債権者を優先し、日系企業への支払いは後回しになる傾向があると指摘、バブル崩壊を前提とした対策を検討し始めたという。(深〓、共同=番場恭治)

 【お断り】〓は「土」へんに「川」を書きますが、JISコードにないため表示できません。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200803270344.html




☆オリンピックまでは政策的に大丈夫だとか、上海万博までは大丈夫だとかいわれてましたが、チキンレースも終わって投げ始めた様ですね。 ジム・ロジャースは大丈夫だと言っているようですが、中国株を大量に保有していればそう言うしか無いでしょう。(笑い)

パブル崩壊は世界中から集まって来た余剰資金が、有るきっかけで霧消していくわけですが。 中国パブルではそのきっかけが、中国企業の不透明性やチベットに見られる人権抑圧問題だった訳です。

しかし、最後の部分に書かれている様にツケは日本企業に回ってくる様で、いつの時も中国でバカを見るのは日本のようです。(まあ、調子に乗って進出した企業がおろかなんですがね。)

黒色五輪
2008年03月28日(金) 09:50
黒い五輪 (he1i wu3 lu2n   ヘィ ウールン) 

 




聖火採火式妨害 イメージ悪化恐れる中国 メディアは一切触れず
 http://mainichi.jp/select/world/news/20080326ddm007030094000c.html

【北京・堀信一郎】ギリシャで24日に行われた北京五輪の聖火採火式で、チベット情勢への中国当局の強硬姿勢に抗議する妨害行為が起きたことで、中国政府はチベット問題の世界的な影響を実感した。五輪開幕までの4カ月半、聖火リレーの妨害が拡大すれば、「平和の象徴」であるはずの聖火が「人権抑圧」のシンボルと化し五輪のイメージを傷つける恐れもある。

 「五輪聖火の採火に成功」(人民日報)、「激情は燃え、夢が伝わる」(中国体育報)−−。25日付の中国各紙は1面トップに採火式のカラー写真を掲載し、成功をたたえた。主要紙は採火式があったオリンピック発祥の地オリンピア遺跡に記者を派遣し、大々的に報じた。だが、妨害行為には触れていない。中国当局の意向に沿ったとみられる。

 中国国営中央テレビも24日夕、採火式の模様を放送したが、妨害場面はカットされた。

 一方、中国外務省の秦剛副報道局長は25日の定例会見で採火式での妨害行為について「五輪を破壊しようとする行為は許されない。卑しいのは中国ではなく、破壊分子だ」と非難。「中国は五輪を無事に行うことに自信がある」と述べた。

 聖火は31日に北京入りした後、ロンドン(英国)、サンフランシスコ(米国)、キャンベラ(豪州)、長野などを経て、8月6日に再び北京入りする。

 この間、リレーのハイライトになる世界最高峰チョモランマ(エベレスト)への登頂のため聖火は6月19日にチベット自治区に入り、20〜21日に区都ラサを通過する。ラサの情勢は「沈静化した」と中国当局は発表しているが、聖火入りに合わせて抗議行動が再燃する可能性も否定できない。

 五輪成功に国家の威信をかける中国は期間中、武装警官など約9万人態勢で安全確保を目指す。だが、海外での聖火リレーは各国の協力に頼るしかなく、推移を見守る以外に打つ手はなさそうだ。





   ☆徹底的に情報統制を行おうとしているようですが・・・。



神圣的奥运精神不容玷汚(神聖なオリンピック精神は汚される事は許されない。)
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2008-03/27/content_7865197.htm 


この記事に書かれている「鄂РI」というのが上にある上の黒色の手錠五輪です。新華社の記事では「国境無き記者団」の抗議行動に付いては書かれていても、それがチベットに対する抗議だったことには全く触れられていません。






北京は歴史に残る「黒い五輪」になる予感が・・・。



黒色五輪と後に呼ばれるかな?
不合適的真実
2008年03月27日(木) 14:43
不合適的真実 (bu4 ha2 shi4 da zhen1 shi2 プゥハァシィダチェンシィ)


☆不都合な真実

中国共産党はこれまでも不都合な事は隠蔽したり捏造して来たし、これからもそれは続くのは間違い無いだろう。今回のチベット事件に関しても「ダライ・ラマのテロ行為だ。」ととぼけた事を言っているが、そんな戯言だれが信じますかって。

アルピニストの野口健さんが、事情を知るものとして地震のブログに書かれているので是非読んで頂きたい。 この件をアップするには葛藤があったようですが、それに打ち勝って彼の知るままを書いて下さったことに感謝したい。
チベット動乱〜北京五輪出場への条件〜


そして、これが発端となった有名な動画です。
Shooting like a dog


嘘はとっくにばれているのに、いつまで一人芝居を続けるつもりなのか?
吹牛  中国玩笑 
2008年03月26日(水) 19:12
吹牛 (chui1niu2 チュィニュウ)   ほらを吹くこと。



○「国際社会は支持」中国、チベット暴動で
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080325/chn0803251917008-n1.htm


 中国外務省の秦剛報道官は25日の定例記者会見で、チベット情勢でライス米国務長官や自民党の中川秀直元幹事長らが中国とダライ・ラマ14世との対話を促したことについて「それらの人たちは国際社会(の声)を代表できない」と述べた。

 秦報道官は「110以上の国が中国の立場を支持、理解している」として、対話拒否路線は国際世論の理解を得ていると反論した。

 秦報道官は中国支持を表明した国について「いずれもダライ集団があおって起こした暴力犯罪を明確に非難している」と指摘。チベット自治区などで起きた暴動の「犯罪性」を強調した上で「(中国と14世の)どちらが正義の立場に立っているか、まだ説明が足りないというのか」と述べた。(共同)




☆「どちらが正義か?」ですって。 わかってますよ。 もちろん。




ダライ・ラマ ですって。(笑い)








シリア、北朝鮮、セルビアなど14カ国が中国を支持
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080322/chn0803221849012-n1.htm

 新華社は22日までに、チベット情勢をめぐる中国当局の対応に、 北朝鮮、シリアなど14カ国が支持を示したと伝えた。

 北朝鮮スポークスマンは「チベット分裂勢力による独立の企てを 強く非難する」と述べ、シリア外務省幹部も「一連の破壊活動は民 族団結への打撃と北京五輪妨害を狙っている」と中国を擁護したと いう。

 ほかに支持を表明したのはセルビア、フィジー諸島、ザンビア、 シエラレオネ、ベナン、カザフスタン、タジキスタン、キルギス、 グルジア、モンゴル、ネパール、バングラデシュ。(共同)



☆ロシアが入っていないのはなぜでしょうか? ロシアは今回の件に関して指示を表明していたので何か理由がありそうですね。 勘ぐってしまいます。

それにしても、新聞で14ヶ国が支持と報道されても10倍に膨らせていうのは流石中国の伝統技ですね。 それとも、春の陽気でおかしくなっているのか。 どっちにしても笑ちゃいます。



玩笑 (wa2n xia4o ワンシャオ) ジョーク
中国批判リレー開始
2008年03月25日(火) 21:38
○聖火採火式中に中国批判の抗議


国境なき記者団が妨害行為=「人権は聖火より神聖」 :時事

 ギリシャのオリンピアで24日、北京五輪の聖火採火式中に妨害行為があったが、騒ぎを起こしたのはジャーナリスト団体「国境なき記者団」(本部パリ)のメンバー3人だった。

 同団体は騒ぎの後、パリで声明を発表し、「聖火が神聖だというなら人権はもっと神聖だ。悲惨な人権状況を非難せずに、中国に平和のシンボルである聖火を渡すことは許せない」と強調。機会がある限り抗議行動を続けると警告した。

 3人のうち1人は同団体創設者のロベール・メナール事務局長で、23日にサルコジ大統領から仏最高勲章であるレジオン・ドヌール勲章を受けたばかりだった。   国境なき記者団は言論の自由擁護を掲げる国際組織。今回の妨害行為の前には北京五輪の開会式ボイコットを呼び掛けていた。




○長野の聖火リレーに中国側が“注文” :スポニチ

 中国の北京五輪組織委員会が、長野市で4月26日に行われる聖火のリレーや式典を直接妨害する行為だけでなく、中国政府を批判するメッセージを書いたプラカード類を掲げるなどの活動も排除するよう要求している。長野市のリレー実行委員会が24日、明らかにした。

 実行委によると、組織委は反対活動をする者が突然リレーを妨害するなどの不測の事態を考慮しているという。しかし、実行委は危害のない場合は「五輪に反対する横断幕を出すことまでは排除できない。日本の法律にのっとって可能な限り対応する」と、中国側の要求に困惑している。

 走者に危害を加えたり運営を妨げる行為は警察が取り締まる。

 組織委との打ち合わせで、1998年長野冬季五輪でも五輪開催に反対する集会などをやめさせなかったことを例に挙げて理解を求めたという。実行委は「組織委は危険性があるあらゆるものを排除したいようだ」と指摘した。




☆何もかも中国の思い通りになると思ったら大間違いだね。


って。 「可能な限り対応する。」ってのは何?


「日本は法治国家だし、言論の自由もあるので無理です。」ってなぜ言えない。


聖火リレーにチベットの旗を振ったからといって捕まえることわできない。(中国の旗を破いたり燃やしたりしたら捕まるよ。中国の国旗に限らないけどね。)

これから135都市を回る間に、滅多打ちにあうんだろうね。 楽しみです〜。

日本では、媚中派の連中がどんな横やりを入れるのか見物です。

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET