明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
ホスピタリティー セブ旅行記Part2
2007年01月31日(水) 08:48


セブで感じたフィリピンの国民性を一言でいえばやはり「ホスピタリティー」 (hospitality もてなし; 親切; 優待; 歓待)でしょうか。  
注)「ホステ ィリティ」(hostility 敵意; 敵がい心)と間違えてはいけません。(笑い)

目線があったりすると、ほぼ必ず「ニコッ」と微笑んでくれて、知らない人にも 親切に接してくれます。 滞在中に、無愛想な対応にあうことは無かったです。でも、意外だったことがあります。 それは・・・。

Read more>>

南十字星 セブ旅行記Part1
2007年01月30日(火) 10:57
20070130105520.jpg

みなさんお待たせしました。 無事に帰ってきました。(^_^)/~


現地で更新すると言いながら、コメントしか書き込めなかったことをお詫びしま す。 どうも、日本と勝手が違って・・・。 <(_ _)> 

セブではJoさん及び奥さんのリジャやご家族には、色々お世話になり大変楽し く過ごせました。 この場を借りて感謝とお礼をさせて頂きます。 「ありがとうございました。」

今回の旅行では、楽しかったことの他に。気分が悪かったことや考えさせられる こと。 その他色々ありましたので、これから記事にしておきたいと思います。  セブ旅行記Part1としては、「南十字星」をおくりたいと思います。

南国と言えば、やっぱり「南十字星」でしょう〜。

ところで、南十字星の見分け方って知っていますか?  

Read more>>

マース川の渡し場 Part2
2007年01月22日(月) 08:15
マストリヒト第二弾です。 

ここでお知らせですが、今日夕方よりセブ島旅行スタートとなります。
セブにおいても更新を行うつもりですが、彼の地の環境次第ですので
どうなるかはわかりません。
まあ、それなりに期待してお待ち下さい。

それでは。


★ブログランキングに参加しています。 一日一回お願いします。<(_ _)>
☆Blog Ranking ←ここをクリック願います。


写真はマストリヒトのマース川西側の景色です。夕日だからね


マース川の渡し場
2007年01月21日(日) 10:54
マストリヒトは例のマストリヒト条約で有名な町ですが、元々は古代ローマ人によって、マース川の渡し場として作られたオランダ最古の街だそうです。 位置的にはベルギーにもドイツにも近くて車だと10分ちょいでどっちにも行ける感じかな。

地方としては南ブルゴーニュになるそうで、独自の陽気さが漂うそうですが・・・。 どうかな?

確かに、オランダでは珍しくカトリックの地域なので他のプロテスタント地域とは雰囲気は違うようです。この辺は、ニコラさんに聞きたいところです。(人任せです。笑い)

オランダの友人曰く、「プロテスタントは暗くて抑圧的で嫌だ。 日本に来て神道はおおらかで寛容なのでそれだけでほっとする。」と言っておりました。 

★ブログランキングに参加しています。 一日一回お願いします。<(_ _)>
☆Blog Ranking ←ここをクリック願います。


写真はマストリヒトのマース川東側の景色です。


教育にかける意気込み
2007年01月20日(土) 08:39
教育にかける熱意は、明治頃の日本政府は凄かった。 今の日本はふぬけである。 
その証拠がこの写真にあるのだが、みなさんお分かりだろうか?

20070120082931.jpg


明治40年から生き続ける小学校
旧遷喬尋常小学校(せんきょうじんじょうしょうがっこう)
住所:岡山県真庭郡久世町大字鍋屋17-1

1907年に建築。1990年まで子どもたちが学び、平成11年に国の重要文化財に指定。豪奢な洋風建築が目を引くこの建物、基礎は花崗岩と赤レンガ、宮大工が手を入れたと言われる格天井、回り階段など一世紀近い年月が経っても狂いのない造りを誇っている。海外から訪れる建築家を感嘆させる建物は必見だ。

Read more>>

ヨーロッパ大荒れ
2007年01月19日(金) 19:33
<<
仏北部から英、独、チェコを含む欧州北部一帯で18日、猛烈な強風が吹き荒れた。AFP通信の同日深夜のまとめでは、英の10人を筆頭にドイツで7人、オランダで5人など少なくとも計28人が死亡。仏英を結ぶ新幹線「ユーロスター」は夕方以降、全面不通になるなど交通網も大混乱した。

 広範な地域で秒速40メートルを超す台風並みの強風となり、倒木やはがれ落ちた建築材などで死者が出た。フランクフルト空港では出発便の約半分が欠航、夜には独国内の長距離列車が軒並み運休した。これほどの強風は10年ぶり。仏北部では10万世帯以上が停電した。(パリ=安藤淳、ベルリン=菅野幹雄)(16:01)
>>

ニコラさんがブログで書かれてい0で知ってはいましたが、かなりひどかったようですね。 

ヨーロッパの冬と言うと、”霧”で何十台も車が玉突き衝突して、死傷者が何十人というのが定番なんですが・・・。 低気圧で強風ですか。 秒速40メートルとはヨーロッパじゃ滅多に吹かないでしょうね。 10年ぶりですか・・・。 

先日、「美術館に行こう。」で西ヨーロッパは自然が穏やかだと書いたばかりですがたまにはあるんですよね。 (言い訳してる。) まあ、たまには自然の驚異を感じていただくと言うことで・・・。 たいして吉備国は今日も穏やかでした。 ありがたいことです。

セブまで残り3日。 風邪ひいたのか、鼻水はでるし、頭が痛い。 はよ寝よ。


★ブログランキングに参加しています。 一日一回お願いします。<(_ _)>
☆Blog Ranking ←ここをクリック願います。


evaprima
Sunset
2007年01月19日(金) 07:39
高梁川対岸に日が沈む。

こんにちは、夜のとばり。


★ブログランキングに参加しています。 一日一回お願いします。<(_ _)>
☆Blog Ranking ←ここをクリック願います。


日没

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET