明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
「愛郷心」と「土地」について考える
2006年12月31日(日) 19:05
中国には、ノーベル賞の受賞者は一人もいない。 が、中国系アメリカ人には何人もいる。 なぜなら優秀な中国人は、亡命者か移民しているから。 中国では今でも、裕福な人は米国などに密航する。 貧乏では5万−6万ドルといわれる密航費用が払えないからだ。

ではお隣の韓国はどうかというと、前回の通貨危機の際8割(確か)が移民したいと思ったそうです。今も30〜40代の移民熱は強いようですから元宗主国の中国と似たようなものでしょう。

比べて、日本では現在それほどの移民熱は無いと言える。 この違いはどこから来るのか? それを考えてみよう・・・。


☆藤原正彦氏の「国家の品格」の中にあったと思いますが、「日本人は愛国心と言うより郷土愛というか生まれ育った土地への愛着がつよい。」というのがありました。  最近は愛郷心という言葉が使われる様ですが。

ぼくも、日本人の土地への愛着が愛郷心の元だと思ってます。 なぜなら、奈良中期の墾田永年私財法以来、日本は公地公民制じゃないですからね。<注>  知らない人が多いけど、百姓も土地を所有していたし。ヨーロッパの農奴なんかとはかなり待遇がちがう。(左翼の人は百姓も農奴も同じように言うけどね。その方が、彼らにとって都合がいいから。) 逆に、欧米人は日本の百姓を農奴と同じと誤解してますが・・・。

一生懸命はもともと一所懸命だったと言うくらい土地への執着がある。土着ですね。とにかく日本人は土地への思いが強かった。それが、DNAのなかに刻み込まれてきた。(本当か)

比べて中国はずーっと公地公民で農民が土地を持ったことがない。今でもそう。知らない人が多いんだなこれが。 だから、中国のことを誤解してしまうし、NHKにだまされる。(この件については別の機会に書きたい。)

為政者の都合で与えられたり取り上げられてきたので土地への愛着がない。そんなわけで愛郷心なんか育ちようが無かったのでしょう。だから、すぐに逃げるし移民もする。 人民が土地を捨てて逃げるのは、三国志の中だけの話じゃない。

韓国はよく知りませんが、多分中国と同じだと思います。土地所有は日帝時代に生まれたものでしょう。中国を宗主国とする儒教国家ですから。たぶん日韓併合まではなかったのでは? そうでないと移民熱の高い、今の彼らの行動を理解できないからです。

☆ともかく、日本と中国(韓国)では土地を介した愛郷心と言うものがまるで違うことを知っておくことが、彼らの行動を理解する上で役に立つことは間違いないです。

簡単にいえば、腹黒光いわく「韓国民や中国人の愛郷心の無さはすさまじく。具合が悪くなったり、金をうまくせしめられたら、あとは野となれ山となれで、平気で国外へ脱出する。」ということです。

注) 八世紀頃の日本は一応「公地公民制」だった。土地は国のものだったと言うこと。中国は未だに土地は国のもので、国民は所有できない。
これが崩れたのは、三世一身法(723)その後の墾田永年私財法(743)によって。

今年最後の記事となりそうです。来年がみなさんにとって楽しい年でありますように。 m(_ _)m


★ブログランキングに参加しています。 一日一回お願いします。
☆Blog Ranking <(_ _)>←ここをクリック願います。


年忘れ温泉旅行 大雨神降臨す
2006年12月31日(日) 04:50
28日朝から、友人Mと木部谷温泉・松乃湯を目指して出発する。 玉島インターから山陽自動車道を西に走り、浜田自動車道で北上し中国道に乗り換えて六日市で降りる予定で走る。

毎年、年末と新年には忘年会をかねて温泉へ行くのだが・・・。 

毎回悪天候に見舞われている。 おかげでいつの間にか私についた名前が、「大天神」じゃなくて「大雨神」。 前回、去年の温泉津温泉・出雲大社は浜田自動車道が通行止めになる大雪。 その前の湯原温泉スッポン鍋会が3月も終わりに近いと言うのに、季節外れの大雪。 

去年2月に羽合温泉 望湖楼に宿泊した際も朝方に降った雪で湖上露天風呂に入ることができなかったし、その前の四国カルストも大雪に見舞われてたどり着けず・・・。 あ〜ぁ。 我ながら良く悪天候に見舞われるものだ。 神道なら祟られていると言うべきか・・・。

そんな、汚名返上もあったのだが。 浜田自動車道に入った頃には既に雪がちらつくし、中国自動車道を降りるころには本降りとなる。 第一の温泉地。 柿木温泉「はとの湯荘」を目指して走る。が、雪はひどくなっていく・・・。

柿木温泉「はとの湯荘」で外湯を楽しむ。鉄分が入っていると言うことで、茶色いお湯。源泉の温度が低いので加熱はしてある。 なかなか味わい深く、友人Mは気に入っていた様子。 時刻はまだ2時まえなのだが、ここで津和野に行くか迷う。

結局、津和野は明日の29日に寄ることとし、宿へ・・・。 10分程度でつく。 ま、近くなのだが。(笑い) 近くに繁華街があるわけでもないので、温泉に入る。 泉質は柿木温泉とほぼ同じ。

何も考えずに「ボー」っとして、湯船に浸かるのは、いいね〜。 人生の宝。 至福の時。 
風呂から出ると、Mが持ち込んだオールドパーをちびりちびりやる。



6時からの夕食は、豪華過ぎず、多過ぎずで好ましいものだった。 それでも柴犬はご飯のおかわりを2回して。 Mは「よおぉ〜食べる」と半ばあきれていた。 御上と話しをすると、その日が今年の仕事納めで、柴犬一行が最後の一般客らしい。 年末・年始の稼ぎ時に、休む温泉も珍しいと正直思ったよ。

食後は、暫くしてからまた、風呂に浸かりゆら、ゆら。くつろぐ。(入浴時間は7時半まで)

☆翌朝は・・・。 やっぱり積もっていた。(笑い) 「大雨神」返上できず。

朝食時。 御上が。 「この冬、初めて積もりました。」   「・・・」 
Mが一言。「水不足の地域へ、助けに行ったら・・・。」



<車の雪かきをするM>

End・・・

神話の回廊
2006年12月30日(土) 17:33
神話への入り口10

神の鳥の降りる場所。 「鳥居」 

そして、その鳥居が続く回廊は神話への入口


神話への階段20

雪の中、鳥居が続く回廊は神話への階段だろうか。


12月29日 雪の降る「津和野 太皷谷稲成神社 島根県」にて撮影。 EF20〜35mm 使用。

神社に関してはカテゴリー<目からウロコ>の以下の記事を参照下さい。
年始の神社参りにあたって知っておこう 注連縄Part3
暗黒神話 注連縄Part2    諸星大二郎氏 由良比女神社の注連縄
結界と注連縄  Part1    注連縄には本がある
講釈師、見てきたような嘘を言い。都合のよい報道Part1
2006年12月30日(土) 08:49
☆木部谷温泉・松乃湯での話。(12月28日 夕方 TVを見ながら。)

どこの放送局かは不明だが、”飲酒運転の福岡市職員が幼児3人を死亡させる事故報道・・・”の後。  飲酒運転のさらなる厳罰化報道が続き。アナウンサーが「世界的に甘い、日本の飲酒運転に対する取り締まりに・・・うんぬん。」

友人Mが、「『同僚のフィンランド人が、日本の飲酒運転取り締まりはきびしい。』というとるで。」と一言。 「まあ、日本とは歩道と車道の作りが違うけどな。」と付け加えてはいたが。

自分が欧州で生活中、食事などで飲酒した後の運転は珍しくなかった。 他の同僚も同様だったが、飲酒運転で捕まった人間は記憶にない。(スピード違反で捕まったケースは多数あるが。) ちょっとした飲酒運転は日常茶飯だった為に、帰国してから無飲酒運転に戻れるかが不安だったくらいだ。

なにも、飲酒運転を弁護しているわけではない。 証拠も無く、正確さや公平さに欠ける報道をあいも変わらず行っていることに怒りを感じるのである。 彼らの言う「世界」とはどこなのか? 

イスラム世界なら、そもそも飲酒自体が戒律違反なので飲酒運転の取り締まりが厳しいとはいわんだろうし。 米国か? しかし、米国だけでは世界とはいえんだろう。 報道のいう世界とはどこのことか? 夢の世界をさしているのか? 教えてほしいものである。

☆報道機関によるこの手の話は多くて。「日本のこのような〜は、〜で、アジアの国々から批難を受けている。」と言うので、調べてみたら。 批判しているのは、中国・北朝鮮・韓国の特定アジア三国だけだった・・・。 と、言うのはザラにある。

報道機関にとっての、アジアとは中国・北朝鮮・韓国だけかい。 笑止。 狭い了見である。

「講釈師、見てきたような嘘を言い。」と一昔前の人は良く言ったものだが・・・。

今は、「放送局、自分に都合のよい事を言い。」である。

だまされちゃいけないよ。 彼らは、こすっからく情報を操作して大衆を誘導しようとしている。
だまされないためには、自分の頭で考えよう。 脳トレやってる場合じゃない。

つづく。
お品書きです。さあ、いらしゃい。
2006年12月30日(土) 08:39
20061221123900

お品書き (^^)/  品書きを作りました。好きな物をお選び下さい。
ご注文は、左のCategories欄からお願いします。

☆最新記事は トリプトファン事件とは何だったのか。 遺伝子組み換え食品Part4End

<風景>  一眼レフとそのレンズの描写力を目撃せよ
神話の回廊     津和野 太皷谷稲成神社 島根県 雪の降る日に
ローマの夕暮れ
Beach 夕暮れ   祭りの後の寂しさがただよう 心を洗う池 みくりが  立山連峰に囲まれた紺碧の池
九十九の夕暮れは、ため息を呼ぶ  
Mittenwald 知らんだろ。     ドイツ・イザール川上流の町
湖上ホテル     インド・カシミール・ダウ湖上
オルレアンの少女  あまりにも有名なジャンヌ・ダルクの火刑場所
大酒樽
久能山東照宮    家康の遺骸が眠る場所。
スカイツアー    瀬戸大橋に挑戦。
Beach
奇巌城に日が落ちる フランス・モンサンミッシェル
北壁        スイス・アイガー北壁をのぞむ
聖夜の教会
泣きたくなる美しさ。九十九島の朱   「日本の美」ここにあり。
フォロ・ロマーノ  イタリア・ローマに乾いた風が吹く。
備中・井山の宝福寺の紅葉

<閑話>
食の3秒ルール     清潔過ぎる人への警鐘とは。
衝撃の食卓       クリスマス・イブに彼女を襲った衝撃とは?
感性が飢えるということ 最初の投稿。柴犬の原点。

<目からウロコ>
年始の神社参りにあたって知っておこう 注連縄Part3
暗黒神話 注連縄Part2    諸星大二郎氏 由良比女神社の注連縄
結界と注連縄  Part1    注連縄には本がある
冬は美術館に行こう2 印象派の発芽
冬は美術館へ行こう1 印象派

<今日の出来事>
火事      正月から火事
パンドラ屋   開店一ヶ月
X's限定ささやかなプレゼント
ICパスポート
12月5日はサンタの日
靴は中一日
おわび。
パスポート更新時の注意

<中国語>
小姐は禁止用語か?
普通語と伝言ゲーム
丈夫の意味は?
北京奥林匹克

<旅行話>
Koblenz 川の流れは 
ドイツ木組み建築
中国庭園
サンタの密会
雨のサンタンジェロ

<素朴な疑問>
トリプトファン事件とは何だったのか。 遺伝子組み換え食品Part4End
ビークCを追え。  遺伝子組み換え食品Part3
その名は・・・。           遺伝子組み換え食品Part2
遺伝子組み換え食品は本当に危険か?           Part1
やは肌のあつき血汐にふれも見で 与謝野晶子と鉄幹 
NHKは無知か恣意か  都合の良い報道Part2
講釈師、見てきたような嘘を言い。都合のよい報道Part1
少子化が世界を救う  本当に少子化は問題か??
イタリアの財政再建

<シンドラーのリスク>社会問題となった、シンドラー社のエレベーター事故に ついて柴犬が吠える。
シンドラーのリスク5 本質安全と回転ドア
シンドラーのリスク4 本質安全という考え方
シンドラーのリスク3 なぜ報道されない
エレベーターは安全か? シンドラーリスク2 エンジニアの視点
エレベーターは危険? シンドラーリスク1

<倉敷> 柴犬の散歩道
落ち葉を撮る
不思議の美観 12月半ばをとうに過ぎても緑のアイビーのツタ・・。
美観地区紅葉 何故か12月19日にもなって紅葉している美観地区。
美観地区

<車生活>
ほられる前にほれ?? 追突防止Part3
ほられてからでは遅い!!・追突事故防止Part2
追突の原因は? 追突事故防止の為にPart1
レギュラーVSハイオク。勝のはどっち?
黒い悪夢 フローズンレインの恐怖
アウトバーンで羽交い締め

<裏・近代史>
「愛郷心」と「土地」について考える
スイスは理想郷だったか 中立Part3
バイキングの末裔が守った夢 中立Part2  中立の決意はありや
夢見る中立ときびしい現実 中立Part1   安易に中立と言う無かれ

<生き物写真>
しのぶ Part1
忘年会
2006年12月29日(金) 22:09
27日 金光で毎年恒例の忘年会を行いました。

シンボルK他、わいわい組が参加。 楽しく過ごしました。
実はパンドラ屋は風邪気味で調子は今ひとつだったが・・・。

シンボルKは絶好調だった様だが・・・。
調子に乗ってワインをこぼし・・・。

「ワインの一滴は、血の一滴だ〜。」と、こぼれたワインをなめるシンボルK。

横で、踊るタカミ嬢。

最後は雑魚寝・・・。 

パンドラ屋は朝6時に起きて、アパートに帰り、8時半に友人が迎えに来る旅行の準備。
 今思えば、この時しっかり風邪をひいていた・・・。

次回、年忘れ温泉旅行につづく・・・。
落ち葉を撮る
2006年12月29日(金) 18:24
20061229181302.jpg

パンドラ屋です。

先ほど、津和野から帰ってきました。

27日は忘年会。 28、29日で忘年会温泉旅行というハードスケジュールで ブログの更新が遅れてました・・・。 まあ、年末のせいか、来客数も半分以下 なんですけどね・・・。 少し、さびしいです。

☆ で、写真は倉敷美観地区の落ち葉です。(笑い)

今回から、デジタル一眼レフカメラが戦列に加わりました。(拍手〜。パチパチ。)

ただの落ち葉でも、描写によってはこれだけ見せることができる。 かな?

もう一枚は、美観地区のカモ井付近の写真です。 いよいよ冬らしくなってきました・・・。
20061229181337.jpg

記事が、たまったのでバンバン更新しまっせ。

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET