明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 1969/12
  • 1970-01 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 1970/02
1970年01月01日(木) 09:00
○「対中強硬派」前原外相に中国が強く警戒

 【北京=佐伯聡士】中国の胡錦濤政権は、尖閣諸島周辺で海上保安庁の巡視船と中国漁船が 衝突した事件が日中関係に影を落とすなか、「対中強硬派」と受け止められている前原誠司氏が 外相に就任したことに警戒感を強めている。

 関係筋によると、中国側は衝突事件で日本側が船長を逮捕、拘置していることを「これまでにない 強硬姿勢」とみており、海保を主管する国土交通省の大臣だった前原氏の力が背後で働いていた と分析している。

 前原氏は民主党代表だった2005年12月、北京の外交学院で講演し、「中国は軍事的脅威」と 発言。中国軍幹部との会談でも、中国の軍備増強をめぐり激しい応酬を繰り広げた。このため、 中国では前原氏の「対中強硬派」のイメージが定着しており、今年6月に鳩山前首相の退陣を 受けて菅首相が就任した際も、「菅氏はくみしやすい相手。タカ派の前原氏でなくて安堵(あんど) した」(中国筋)との見方が支配的だった。

ソース : (2010年9月17日19時50分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100917-OYT1T00936.htm 







☆いや〜。 前原さんが外務大臣でよかった。 これだけ中国から軽快されているって事は有能なんだろうね。 無能だと歓迎されるから。

で、今回の組閣で最悪だったのが岡崎とみこの入閣。 公安だって、岡崎は公安からマークされる様な人物だろう。 まあ、どこかでボロをだして放り出されるのを願ってます。 ハイ。


中国の前原脅威論
1970年01月01日(木) 09:00
○「対中強硬派」前原外相に中国が強く警戒

 【北京=佐伯聡士】中国の胡錦濤政権は、尖閣諸島周辺で海上保安庁の巡視船と中国漁船が 衝突した事件が日中関係に影を落とすなか、「対中強硬派」と受け止められている前原誠司氏が 外相に就任したことに警戒感を強めている。

 関係筋によると、中国側は衝突事件で日本側が船長を逮捕、拘置していることを「これまでにない 強硬姿勢」とみており、海保を主管する国土交通省の大臣だった前原氏の力が背後で働いていた と分析している。

 前原氏は民主党代表だった2005年12月、北京の外交学院で講演し、「中国は軍事的脅威」と 発言。中国軍幹部との会談でも、中国の軍備増強をめぐり激しい応酬を繰り広げた。このため、 中国では前原氏の「対中強硬派」のイメージが定着しており、今年6月に鳩山前首相の退陣を 受けて菅首相が就任した際も、「菅氏はくみしやすい相手。タカ派の前原氏でなくて安堵(あんど) した」(中国筋)との見方が支配的だった。

ソース : (2010年9月17日19時50分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100917-OYT1T00936.htm 







☆いや〜。 前原さんが外務大臣でよかった。 これだけ中国から軽快されているって事は有能なんだろうね。 無能だと歓迎されるから。

で、今回の組閣で最悪だったのが岡崎とみこの入閣。 公安だって、岡崎は公安からマークされる様な人物だろう。 まあ、どこかでボロをだして放り出されるのを願ってます。 ハイ。


炭坑掘るより墓穴堀り
1970年01月01日(木) 09:00
○炭坑で銃乱射、中国人訴追 ザンビア、作業員11人負傷

・アフリカ南部ザンビアからの報道によると、同国南部シナゾングウェの炭鉱で  15日、管理職の中国人2人が、低賃金や劣悪な労働環境に抗議するザンビア人  作業員に向けて銃を乱射、少なくとも11人が負傷した。ザンビア当局は  20日までに、殺人未遂の罪で中国人2人を訴追した。

 鉱物資源獲得を狙いアフリカに積極進出している中国は、銅や石炭などの  権益確保などのため、ザンビアにこれまで30億ドル(約2440億円)を投資。  一方、各国でトラブルも起きており、ザンビアでは2008年、銅鉱山で低賃金に  怒った労働者による暴動が起きた。

 乱射事件を受け、ザンビアでは中国に対する反感が強まっており、野党は  中国大使館への抗議デモを検討しているという。

 http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/101020/mds1010202043003-n1.htm







☆墓穴を掘る掘る。 チリの落盤事故からの救出劇で炭坑に注目が向いてるなか、良くやります。 これで世界の目はいっそう厳しくなるでしょう。(笑い)

墓穴堀は中国の国技か? (爆)

実はハンターが絶滅危惧種
1970年01月01日(木) 09:00
○散弾銃などを扱える狩猟の第1種免許を持ち、クマやシカなどの駆除を担っている猟友会の会員減少が続いている。 会員の高齢化に加えて銃規制が強化されたことなどが原因で、全国組織「大日本猟友会」によると、 一時期は40万人を超えた第1種免許の所持会員は平成21年度には約9万9千人にまで落ち込んだ。 今年はクマ出没も多発しており、関係者は「野生動物管理のために駆除は必要なのに、 ハンター自体が絶滅危惧(きぐ)種になっている」と危機感を深める。(油原聡子)

「クマの目撃情報が出たので確認してください」

金沢市から出動要請があると、石川県猟友会金沢支部の広村靖男さん(68)は現場まで車を走らせる。 猟友会から支払われる日当は1日千円。それで1日に4回出動する日もある。捕獲が1日がかりになることもある。

「会員には、仕事を抜けて駆除に行く人もいる。こんな状態では若い人は続かない」。広村さんは、 駆除に携わる会員の高齢化に警鐘を鳴らす。昭和50年ごろは800人いた同支部の会員数も今では約160人。 平均年齢は65歳くらいだという。

産経新聞 10月24日(日)22時23分配信 出没多発クマ対策が危機 ハンターの方が「絶滅危惧種」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101024-00000563-san-soci







☆2〜3年前に山に登っている時に山ちゃんが「syn3猟師になりませんか。」と言ってきた。ハンターが高齢化して人で不足に陥っているのがその理由だった。

今となってはそれが、メディアでも取り上げらえる様になりました。いよいよ深刻な状態となっているようです。



これから野生動物が増えて、民家への被害が増えれば三毛別羆事件の様な事件が今後発生するかもしれない。 そうで無くても、鹿が多くなり過ぎて天敵としての狼の復活が対策として出されるなど、獣害は酷くなっていく一方です。

動物の駆除は単に「かわいそう」論だけでは片づけられない深刻な問題となっているんですよ。 ハイ。


三毛別羆事件(さんけべつひぐまじけん、1915年12月9日〜12月14日にかけて、北海道留萌苫前村(現:苫前町古丹別)三毛別(現:三渓)六線沢で発生した日本史上最大最悪の獣害(じゅうがい)事件。 冬眠に失敗した空腹の羆が数度にわたり民家を襲い、当時の開拓民7名が死亡、3名の重傷者を出した。

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET