明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/05
  • 2017-06 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/07
恐竜は実は軽かった
2012年06月10日(日) 22:16
○2億年前の大型恐竜、本当は重くなかった 英米研究 2012年06月07日

【6月7日 AFP】ジュラ紀(2億年〜1億4500万年前)に地上を闊歩(かっぽ)していた最重量級 の恐竜が、実はこれまで考えられていたよりバス6台分ほど軽かった可能性があるとした研究 論文を、英米の研究チームが6日、発表した。

 チームが新たな計算法で体重を算出したのは、大型の草食恐竜、ブラキオサウルス科の ギラファティタン(Giraffatitan brancai)だ。鼻から尾の先までの長さは25メートル。キリン のような長い首を持ち、木の上の葉を食べていたと考えられいる。これまでの推計では最高で 80トンの体重があるとされていた。

 だが、新たな体重推定方法に基づいてチームが算出した推定体重は比較的、軽い23トン程度 だった。

 この新たな計算方法を適用すれば、他の種の恐竜でも、これまで想定していたよりも体重は 軽くなるという。

皮膚と骨から体重を推定

 AFPの取材に応じた英マンチェスター大学(University of Manchester)のビル・セラーズ (Bill Sellers)氏によると、チームが用いた新たな計算法とは動物の皮膚と骨が密着する割合から 全体の体重を推定・算出するものだ。バイソン、ラクダ、ゾウ、キリン、ウマ、ヘラジカ、 ホッキョクグマ、サイなど大型ほ乳類14種の骨格を用いて考案した。

 これにより現代の哺乳類の体重は、皮膚に覆われた体積より約21%多いことが判明。この手法 を恐竜の骨格に応用した。

 ほ乳類は恐竜とは遠縁ではあるが、動きなどの仕組みは4足歩行の恐竜とほぼ共通していること から、同じ測定方法を恐竜にも応用できるとセラーズ氏は説明した。

 これまでは、美術家が作製した恐竜の復元彫刻を水に沈めて体積を測る方法などが使われて いた。だが、この方法で求められた体重は、ある程度美術家の芸術的な解釈に依存せざるを えないという不安があった。このため、セラーズ氏らは、主観性を回避できる客観的な算出方法を 考案したかったのだという。

■生物研究の鍵を握る「体重」

 生物学者にとって生物の体重は、その動物の生き様――寿命や敏しょう性、食べていた食物の 量などを判断する非常に重要な鍵となるものだ。

 今回の研究結果についてセラーズ氏は、ブラキオサウルスほどの誤差はないとしても「過去に 算出した恐竜の推計体重は、みな重すぎる可能性を示唆している」と語った。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2882396/9064667?ctm_campaign=txt_topics






☆実はこれまで、恐竜の重さが実際に地上で生活できないほど重いのは謎でした。 

現在地上最大の像の体重は最大で10トン程度、過去最大のマンモスでも20トンと言われていて、これを上回ると自分の体重を支えきれない事が生物学者からも指摘されていて謎でした。

今回の記事で、これまでの恐竜の推定体重が美術家が復元した物が元になっているって知りあきれました。せめて、解剖学者や動物学者にやってもらうべきでしょ。

まあ、何はともあれ謎が解けそうなのは良いことです。ハイ。

がんは老化 
2012年05月08日(火) 22:51
「大往生したければ医療と深く関わるな」「がんで死ぬのがもっともよい」。そんな主張をする医師が京都にいる。京都の社会福祉法人老人ホーム「同和園」の常勤医を務める中村仁一氏だ。これまで数百例の自然死のお年寄りを見送ってきた中村氏から、老人医療の問題点、これからの日本人か持つべき死生観について聞いた。(聞き書き=ノンフィクション・ライター神田憲行)
 * * *
 医者のくせに「大往生したかったら医療に深く関わるな」というと、みなさん、いぶかられると思います。でもいま、年寄りは病院で苦痛の果てに死んでいます。そのままにしていたら、医療が濃厚に介入しなかったら。きっと穏やかな死を迎えていたはずなのです。  病気やケガを治すのは、基本的には、その人が持つ「自然治癒力」なんです。医者はそれを助ける「お助けマン」、薬は「お助け物質」にすぎません。医療は年老いたものを若返らすこともできなければ、死を防ぐこともできません。「老いと死」には無力なのです。  たとえばがんですが、これは老化なんです。研究者によってまちまちなんですが、どんな人でも毎日5000個ぐらい細胞ががん化しているといわれているんです。でもそれを私たちの身体に自然に備わっている免疫の力で退治しているので事なきを得ているのです。ところが年とともにこの力が衰えますから、年寄りががんになっても当たり前、驚くにはあたらないんです。  がんの予防には「がんにはならないようにする」一次予防と「なったものを早く見つける」二次予防があります。二次予防には「早すぎる死」を防ぐという目的があります。繁殖を終えて、生きものとしての賞味期限の切れた年寄りには、もはや「早すぎる死」というものは存在しません(笑)。

 まだライフワークが残っている年寄りは別として、そうではない、普通の年寄りに「がん検診」はどれほどの意味があるのでしょう。繁殖を終えたら死ぬ、これは自然界の“掟”です。鮭は産卵後間なしに息絶えますし、一年草も種をつければ枯れるんです。

 一般にがんは強烈に痛むものと受け取られていますが、ホスピスの調査でも痛むのは7割程度と言われています。逆に言うと、3割は痛まない。つまり3人に1人は痛まないことになります。私の施設でも食が細り、顔色が悪くなってやせてきた、おかしいということで病院で検査したら末期のがんで手の施しようがない。家族も年も年だし、おまけにぼけている。これ以上苦しめたくない、というので老人ホームに戻ってきた。

 そのまま何もしないと最後まで痛まずに往生した。少なくとも発見時に痛みのない手遅れのがんは最後まで痛まないということは確実に言えそうですね。巷間いわれるように、がんが痛いものならどうして早くから痛まないのでしょうね。  胃がん・肺がん・大腸がんなど塊になるがんは抗がん剤を使っても、多少小さくなることはあっても、消えてなくなることはありません。抗がん剤は猛毒ですから、正常な身体の組織や細胞に甚大な被害を与えます。当然、Q.O.L(生活の中味)が落ち、ヨレヨレの状態になってしまいます。

 ですから繁殖を終えたら、抗がん剤は使わない方がいいと思います。延命効果はなくとも必ず縮命効果はあるはずです。よしんば数ヶ月延命したとしても、どういう状態で延命するのか考えて下さい。  青息吐息のヨレヨレの状態で生きてもあまり意味ないでしょう。長生きするつもりが、苦しんだ末に命が短くなっているのが現実ではないでしょうか。

「がんで死ぬんじゃないよ、がんの治療で死ぬんだよ」というわけです。

【中村仁一氏プロフィール】 1940年、長野県生まれ。京都にある社会福祉法人老人ホーム「同和園」付属診療所所長、医師。京大医学部卒。財団法人高雄病院院長、理事長を経て、2000年2月より現職。著書に「大往生したけりゃ医療とかかわるな」(幻冬舎新書)などがある。

http://www.news-postseven.com/archives/20120507_106149.html





☆お年寄りからよく聞く言葉は「長生きしたい。」ですが、一体いくつまで生きれば満足だと考えているのでしょうかね? 70を過ぎだら、100迄生きたいとか言う前に自分の死に様を考えるべきじゃないでしょうか? 最近の日本人をみて死生観が欠如している人が多いと感じます。

病院のベットの上にいる期間が先進諸国の中でずば抜けて長い日本ですが、そろそろそういう環境に「No!!」と言うべきじゃないでしょうかね。 

やはり信頼の日本製
2010年12月29日(水) 22:13
日立製作所が、事業規模で総額1兆円の英国高速鉄道プロジェクトについて、 年明けにも新型車両を納入する受注契約を結ぶ見通しとなった。 日本は官民挙げて鉄道や原子力発電などのインフラ輸出に取り組んでおり、 日立の受注が実現することで、今後相次ぐ鉄道プロジェクトの獲得にも弾みが つきそうだ。

日立が受注する見通しとなったのは、英運輸省が発注した高速鉄道の新型車両の 導入プログラム。 ロンドン−マンチェスター間など主要路線の車両を、30年間にわたり 最大で1400両納入する内容だ。

日立は「鉄道ビッグ3」と呼ばれる独シーメンスなどを押さえ、 2009年2月に優先交渉権を獲得していた。 しかし、財政難に苦しむ英国で今春保守党に政権が交代したことで、 同プログラムが英国内の「事業仕分け」の対象となり、プロジェクト自体が 立ち消えになる可能性も出ていた。

ただ、日立が納入し、昨年12月に運行した英国で初の日本製高速鉄道が、 厳冬でダイヤの乱れが常態化したロンドン近郊でも「唯一大きな遅れなく 走行した」(幹部)ことが高い評価を獲得。運輸省側も「日立の提案がベスト」 との報告を挙げているという。

英国財政の関連で、事業規模が当初より小さくなる可能性が残るが、 日立は受注が決まり次第、英国に新工場を建設する。 今後は近隣諸国にも売り込みをかける方針で、中西宏明社長は 「プログラムを受注してから、欧州全土を攻める」と述べた。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/101229/bsb1012290201001-n1.htm







☆ハードが持ち上げられることが多い日本製品ですが、ソフトを含めて評価された様でうれしいですね。

日本に住んで居ると列車は定刻通り来るのが当たり前に思ってますが、ユーロに住んでみると大違い。 僕は十数年前にユーロに住んでいましたが、15〜30分遅れは日常茶飯時でしたから。

クリスマス休みにスキーにSt.Anton(オーストリア)に行くためにドイツのケルン駅で夜に電車を待っていると10時発の電車が・・・。





15分





30分





1時間・・・





2時間・・・





深夜12時を過ぎて翌日になってからやっとケルン駅に列車が来ました・・・。


寒いプラットホームで待つのは疲れます。ホント。(まあ、待合室があるんだけどね。でないと凍死しますって。)


まあ、そんな訳で定刻通り来る電車なんてユーロでは滅多に見ません。ハイ。

劣化サイン
2010年08月23日(月) 09:19
○トヨタ、部品の理想的な“死に方”を追求…壊れる前の劣化サイン付加 [10/08/19]

 トヨタ自動車は部品の理想的な壊れ方を探り、新開発する部品に採用していく。 経年劣化を含めれば、どんな部品でも必ず寿命が来て壊れるが、突然、壊れて機能しなくなるのではなく、壊れる前に寿命が 近づいたことを知らせるような仕組みを、さまざまな部品に加える。 これによりユーザーが異常に気づきやすくなり、部品の不良を原因とした事故などが発生する前に整備工場などに入庫するよう になり、安全性が高まるとみている。

 トヨタではこれを「部品の理想的な死に方」(幹部)と呼んでいる。

 自動車の品質が向上し、自動車そのものも長寿命化しているが、部品はある時に突然壊れたり、経年劣化により機能不全に 陥ることもある。 ユーザーに劣化したことが分かりやすいサインを織り込むことにより、その部品が壊れる直前の状態にあり、交換や修理が 必要であることを知らせることができる。

 例えば、タイヤでは摩耗が進むとスリップサインが現れるし、ブレーキパッドでも摩耗が進むと金属音が発生しやすくなる。 また、エンジンマウント関連の部品ではゴム部品の劣化が進むと金属部品から異音や振動が発生しやすくなる。 こうした目で見えて、耳で聞こえて、肌で感じるようなサインを盛り込む部品を増やしていく。

 トヨタでは今後、長年の使用や酷使による摩耗や劣化が安全性に重要な影響を及ぼす可能性がある部品を対象に、ユーザーに 知らせるためのサインの方法などを検討し、採用していく。これにより、経年品質の向上とトヨタ車に対する信頼性向上につなげる。

▽ソース:日刊自動車新聞 (GAZOO.com) (2010/08/19)
http://gazoo.com/NEWS/NewsDetail.aspx?NewsId=3e5f707e-0ff3-4e95-8659-3a4304662b60







☆これは評価できる取り組みだと思います。 こういう事を地道にやってこそ一流企業と言えるんじゃないでしょうか? でも、運転者の質が向上しなければ無駄に終わることもあるでしょうけどね。

ここ十年間の自動車が第一当事者になった事故の内、整備不良車が第一当事者だったものは150〜200件です。 事故の割合から言えば、0.02%ほどで、これが交通事故の削減に繋がる訳では無いです。

しかし、JAFの故障車両による出動回数は年間160万回あるため、上記の取り組みによりこの手のトラブルを減らす事には意義が有るんじゃないでしょうか?

スターリングエンジンの実用化
2010年07月25日(日) 20:00
○海自潜水艦を増強 活発化する中国海軍に対処 防衛大綱改定

防衛省は24日、年末に改定する「防衛計画の大綱」で海上自衛隊の潜水艦を増強する方針を 固めた。現在の18隻態勢から20隻台に引き上げる。昭和51年に初めて策定した防衛大綱で 隻数を定めて以降、増強は初めて。東シナ海と太平洋で中国海軍の動きが活発化し、活動範囲が 広がっていることや、北朝鮮潜水艦による魚雷攻撃と断定された韓国哨戒艦撃沈事件を受け、 日米の抑止力と情報収集能力を強化する狙いがある。

海自の潜水艦は51年策定の防衛大綱の「別表」で16隻と定め、その後の大綱改定でもそのまま だった。ほぼ毎年、最も老朽化した1隻が退役する代わりに新造艦1隻が就役することで、18隻 態勢(教育訓練用の2隻を含む)が維持されてきた。20隻台に増強する際には、新造のペースは 変えず、退役時期を延ばす計画だ。船体技術の向上や運用に工夫を凝らすことで使用期間の延長が 可能という。

東西冷戦期には、海自の潜水艦の任務はソ連太平洋艦隊に備えるための宗谷、津軽、対馬の3海峡 封鎖に重点が置かれた。しかし、アジア・太平洋地域で中国海軍の存在感が増すにつれて、その任務は 中国などを念頭においた南西方面への対応にシフトしている。

中国海軍は10年以上にわたり潜水艦の保有数を約60隻で維持する一方、近代化を急ピッチで進めた。 台湾海峡有事で最大の敵となる米空母の接近を阻止するには、隠密性に優れた潜水艦が切り札になるためだ。 >>2へ続く

産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100725/plc1007250130000-n1.htm

4月、中国海軍の艦艇10隻が沖縄本島と宮古島の間を通過した際、中国が保有する潜水艦の中で最も 静粛性が高く、探知されにくいキロ級潜水艦が潜航せずにあえて浮上航行した。これは、太平洋まで 活動範囲を拡大し、「より前方で米空母を足止めできる能力を誇示した」(防衛省幹部)ものとみられている。

米国防総省が2月に発表した「4年ごとの国防計画見直し」(QDR)は、中国の接近阻止能力への対応を 重点項目に挙げ、米軍の態勢強化と同盟国の能力向上が必要としている。このため、海自の潜水艦態勢の 強化は急務となっていた。

◇ 防衛計画の大綱 日本の国防政策と防衛力整備の基本方針。昭和51年の策定以来、今年で改定は3回目。 有識者による「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」が今夏に提出する報告書と防衛省などの 計画案を踏まえ、年末に新たな大綱を閣議決定する。

◇ 海上自衛隊の潜水艦 通常型と呼ばれるディーゼル動力艦だけで原子力潜水艦は保有していないが、静粛性 などで世界最高レベルとされる。最新鋭の「そうりゅう型」はAIPという新たな動力装置を搭載し、長時間の潜航が可能。潜水艦の建造費は1隻約500億円。(了)






☆AIPとはAir Independent Propulsion(System)の略で、大気独立型推進(装置)のことです。簡単に言えば、空気を必要とせずに長時間運転可能な閉鎖系の推進機構で酸化剤を持ち外部から大気を取り込むことなく作動するものや燃焼に拠らない動力源を指すが、通例として蓄電池によるものと原子力機関を除きます。

海自の「そうりゅう型」はスターリングエンジンを採用している潜水艦で、スターリングエンジンの特徴を端的に言えば爆発力を使わないピストンエンジンと言う事でしょうか。 爆発しないので騒音は排気音を含め静かです。

そう言う意味では海の忍者に最適?なエンジンなのですが、1816年に発明されてから二百年も経つのに未だ研究開発されているというある意味実用化が難しいエンジンです。

日本の技術で何とか物にして欲しいものです。 ハイ。

ミラーレス一眼の夜明けは近い?
2010年07月10日(土) 17:53
○小型、軽量の一眼カメラ急拡大 キヤノン、ニコンは様子見

小型で軽量なのに、撮影対象に応じてレンズを交換できる「ミラーレス」デジタル一眼カメラが人気だ。 レンズから取り込んだ像をファインダーに送る反射ミラーをなくすことで小型化を実現。オリンパスや パナソニックに続き、ソニーが6月に参入して市場が急拡大している。

ただ、デジタル一眼で計約80%の世界シェアを握るとされるキヤノンとニコンは、現時点でミラーレス 一眼を出しておらず、様子見の構えだ。

調査会社BCNによると、週ごとの家電量販店の販売台数で、ソニーが6月上旬に発売した後、デジタル 一眼全体にミラーレス一眼が占める割合が、4、5月の20%前後から約35%に急増した。

ミラーレス一眼は、コンパクトカメラ並みの扱いやすさが売り物。「購入者の約30%は女性」(パナソニック)で、 反射ミラーがある一眼レフよりも女性の購入比率が高い。ソニーによると、「一眼レフを愛用していた人が 買うケースが想定以上に多い」という。

ミラーレス一眼を出していないニコンの岡本恭幸常務執行役員は「海外では話題にもなっていない」と指摘。 キヤノンも「市場状況を見ている段階」(広報)と話す。

□ソース:共同通信
http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010070901000649.html








☆世界で一番売れている一眼レフカメラは日本のキャノンとニコンです。デジカメになってもこれは変わりません。むしろデジカメになってその優位性が増してきた感じもあります。 

デジカメと言う事で受光器などの電子部品が注目されがちですが、実の所カメラの描写力を決定付けているのは光学部品であるレンズです。 キャノンとニコンはレンズが良いですからね。そこが、強み。

でも、ミラーレスの流行で変化が有るかもしれない。

これまでの一眼レフはミラーボックス構造を採用しているために、レンズとミラーの干渉を避けるためにフランジバック長に制限があります。

これが、ミラーレスになると気にしなくて良いためレンズ設計の自由度が増して広角レンズの性能アップが見込めます。 まだ、ミラーレス専用設計の広角レンズはそれほど無いようでうすが、ミラーレスが普及してくれば新設計されたレンズがその実力を発揮するのでは無いかと思います。

キャノンやニコンを脅かす程の高性能レンズを待ってます。 ハイ。




・デジタル一眼レフの構造
http://www.nikon-image.com/enjoy/phototech/manual/01/01.htm



フランジバック(flange back、英語ではふつう、flange focal length)とは、レンズ交換式のカメラにおいて、レンズマウントのマウント面から、フィルム(撮像素子)面までの距離のこと


土方、鉄方、船方。
2010年06月26日(土) 07:26
○重くて堅い物に触ると真剣度がアップ

求職中の人なら注目すべき情報だ。人事担当者は軽く薄い用紙を使った履歴書よりも重く厚い紙 の履歴書を真剣に検討する可能性がある。

最新の研究によれば、わたしたちの考え方や気分は無意識のうちに触感に左右されているという。 「人間は物理的な重さを体験、つまり感じると、それまでよりも真剣に物事を認識するようになる」と、 今回の研究を率いたマサチューセッツ工科大学でマーケティングを教えるジョシュア・アッカーマン 教授は話す。

アッカーマン氏のチームは、重さの違うクリップボードや、表面の手触りが違うジグソーパズルなど、 手触りや重さの違う6種類の物を被験者に持たせる実験を行った。その結果、触感によって被験者 が受ける印象や意思決定に差がでることが明らかになった。また、新車を購入しようとする顧客が 木の椅子に腰かけている場合は、布張りの椅子に座っている場合よりも値段の交渉に厳しくなる こともわかった。

「つまり、木の椅子に座ると話し合う気分になりにくいということだ」とアッカーマン氏は語る。総じて 被験者は、堅い物に触れていると他者との交流が難しく感じるようになると研究では述べている。

また、触感と気分との関係は、人が生まれたときから始まっている可能性が高いという。アッカーマン氏 によると、人が生まれて初めて経験するのは身体的な経験である。成長するに従って周囲の世界 との関係は抽象的な性質を帯びるが、それでも他者とのコミュニケーションは身体的な経験に頼って いる。

それは“重い決断”や“柔らかい表情”などの慣用表現にも表れているとアッカーマン氏は語る。 「私たちが経験する数多くの身体的な経験は、必然的にさまざまな事象に対する認識と結びつく、 つまり関連付けられることになる。この結びつき、つまり関連付けは、一度作られると二度となくなる ことはない。つまり、身体的な経験をさせることで、周囲の世界に対する認識の仕方を変化させる ことができるということだ」。

企業のマーケティング担当者、デザイナー、世論調査員が今回の発見を活用すれば、人々の状況 認識の方向づけも可能になるとアッカーマン氏は述べている。

今回の研究は「Science」誌2010年6月25日号に掲載されている。

ソース: ナショナルジオグラフィック

http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100625002&expand







☆以前金型屋さんから、「鉄関係をやっているとガラが悪くなる。 繊維関係者は人当たりがソフトでしょ。」と自分達の業種を表現していたけど、今回の話はその裏付けでしょうか?

関係者に言わせると、「土方、鉄方、船方。」はガラの悪い産業種だそうで、確かにどれも重量物を扱っている。

ガラが悪くなる理由の一つには、気を抜いていると一瞬の事故が生命に係わるので自然に声が大きくなり、ガラが悪く見えると言うのもあるとは思います。

まあ、知っておくと役に立ちそうな内容ではあります。 ハイ。

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET