明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/03
  • 2017-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/05
消えた年金―似たもの同士
2010年09月02日(木) 10:10
◇「消えた100歳超」、ギリシャでも 300人以上に年金支給

【8月27日 AFP】 巨大な財政赤字を抱えるギリシャで、すでに死亡している110歳以上の高齢者300人あまりに 年金を支給していたことが明らかになった。労働・社会保障省が25日、公表した。

年金を受給している110歳以上の高齢者、約500人について調べたところ、うち300人以上が 既に死亡していたことが判明したという。振り込まれた年金は、そのまま手付かずで口座に残さ れている例もあったが、遺族が引き出しているケースも確認されたという。  

ギリシャは医療費の過剰請求など国費の無駄遣いが原因で深刻な財政危機に陥っており、 政府は年金不正受給の取締りで、年間8000万〜1億ユーロ(約86億〜107億円)規模の 歳出削減を達成できると期待している。(c)AFP

AFPBBNews( http://www.afpbb.com/ )[2010年08月27日 10:17] http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2751113/6113789






  ☆日本もギリシャも公務員がろくでなしと言う面では一致していることは良く分かりました。 仕事をしない公務員のおかげで不正に年金を取得できる国が日本とギリシャの様です。

まあ、これから他の国でも問題になりそうな雰囲気だけどね。

しかし、依然としてギリシャには110歳以上の高齢者が200人もいるのでしょうか?  日本の倍もいると言うのはね。人口比率からしたら凄い事です。 ホントか?

氷山の一角
2010年08月27日(金) 20:10
○76歳以上、1233万人を調査…返信なければ年金差し止めへ

・高齢者不明問題について、長妻昭厚生労働相は27日の閣議後記者会見で、  後期高齢者医療制度を基に医療機関への受診状況を調べ、所在が確認  できない上に年金を受給している場合は、遅くとも来年2月までに年金の  支給を差し止めると発表した。

 後期高齢者医療制度は75歳以上が加入。1年間に1度も医療機関にかかって  いない場合は、都道府県単位の広域連合から情報提供を受ける。  調査対象は加入1年後の76歳以上になるため、約1233万人。

 年金の「現況申告書」を郵送し、2カ月以内に返信がない場合は、本人の生存が  確認できるまで支給を一時差し止める。現況申告書の郵送は早くても11月ごろの  見通し。

 既に厚労省と自治体の調査で行方不明の可能性があるとされた年金受給者  計47人に対しては、来週にも申告書を郵送。生存が確認できなければ10月  支給分から差し止める。

 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100827067.html










☆高齢者不明騒動の発端となりました「111歳男性」の長女が年金900万円詐取で逮捕されました。 年金の不正取得者が幾らいるのか分かりませんが、かなりの人数になるんじゃないかと思ってます。

76歳以上の老人は1200万人ちょとおられる様ですが、そのうち医療機関にかかっていない方に手紙で確認すると言うことのようです。 75歳以上だと大半は医者にかかっているでしょうから、手紙での確認はそれほど多く無いとは思いますが。

それより、返信してきた手紙が本人に寄るものかどうかの方がよっぽど問題だと思いますね。訪問して再度確認すべきとぼくは思います。

色々不具合は出てくるでしょうが、何にしてもやらないと始まらない。これまでサボってきたツケを払ってもらいましょう。 ハイ。


増税は無意味?
2010年08月16日(月) 23:09
○厚生労働省は16日、2009年度に病気やけがの治療で全国の医療機関に支払われた医療費が、 概算で35兆3千億円に上り、7年連続で過去最高を更新したと発表した。70歳以上の医療費は 15兆5千億円で全体の44%を占めた。

1人当たりの医療費も、70歳以上では前年度比で1万9千円増の77万6千円、全体では1万円増の 27万6千円と、ともに過去最高を更新した。

入院も含めた受診延べ日数は5年連続で減少し、前年度比0・6%減だったが、1日当たりの医療費は 4・1%増加。厚労省は「医療の高度化に伴い、受診回数が少なくても治療できるようになった半面、 単価の高い先端技術や新薬の使用が医療費全体を引き上げている」と分析している。

医療費は高齢化などの影響で毎年3〜4%程度の自然増が見込まれている。09年度の伸び率は 3・5%増で、従来とほぼ同じ水準だった。

http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081601000783.html










☆タイトルは「増税は無意味?」です。 TVで有る方が、「今のままで増税をしても、歳出がドンドン増えて行くのでどうにもならない。先ず、歳出を減らすべきだ。」と言う事を言われてました。

今日の記事は医療費増加の話ですが、その他にも年々増加して行く費用があり、それらが国の歳出を押し上げて行きます。 その歳出の増加を止めなければ幾ら増税しても追いつかず、無意味だと言う事です。

確かに増税は話題に上がるけれども、その前に使う予定(つまり歳出)との辻褄があっているか検討しないといけないのですが、これが議論された様子もないし、説明された記憶もない。

先ずは歳出抑制議論を大胆にやって欲しいものです。 ハイ。

やれば出来るのにやらない
2010年08月05日(木) 13:01
○100歳以上 3女性不明 松戸、野田 市で所在確認できず

高齢者が住民登録地に住んでいない問題が相次いだことを受け、松戸、野田両市が 百歳以上の高齢者を対象に確認調査をしたところ、四日までに女性計三人の所在が 確認できなかった。

松戸市によると、所在が不明なのは百三歳と百歳の計二人。

百三歳の女性は七十代の息子夫婦と同居していたが、不仲のため昭和四十年代に 家を出た。二〇〇五年に息子は東京・上野で女性と一回会い、その後は不明という。 女性は老齢福祉年金を受給していたが、〇〇年に消息不明として国の職権で停止 された。

百歳の女性は韓国籍で、家族とも連絡が取れない状態という。

一方、野田市で所在不明となっているのは百四歳。同居していた六十代の息子と ともに所在が確認できていない。〇四年に敬老祝い金を贈る市長訪問を辞退する との返信があり、今年七月に郵送した後期高齢者医療保険の保険証は受け取ったが、 送り先から転送されたらしいという。

ソース:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/20100805/CK2010080502000061.html









☆ここで重要なのは下線部の「消息不明として国の職権で停止された。」という所です。 現状の法律でも消息不明の場合は職権で停止が可能と言う事です。

消息が分からない人々が多くいることは以前より指摘されていたのに、調査が放っておかれている現状を見る限り、厚生省の怠慢は明らかですね。 まあ、これまでの年金記録問題で明らかな事ですが。 ハイ。

 | HOME | 

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET