明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/03
  • 2017-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/05
歴史をコリエイトしたけれど
2012年10月25日(木) 08:29
「誤った過去を持つ民族の反逆者が、大韓民国軍の指導者であること自体が恥ずかしいことだ」

 野党・民主統合党の金光珍(キム・グァンジン)議員=31=は19日、国会国防委員会で行われた国政監査で、韓国軍の元老ペク・ソンヨプ将軍(予備役陸軍大将)=92=に対し、このように侮辱した。金議員は民族問題研究所全羅南道東部地区の元事務局長で、比例代表として国会議員に選出されている。

 金議員が問題視しているのは、日本統治時代にペク将軍が満州軍官学校を卒業し、間島特設隊の少尉として活動していた事実だ。ペク将軍も回顧録の中で自らこのことを認めており、また当時は独立軍ではなく中国共産党の八路軍を撃退する活動を主に行っていたという。またペク将軍に対しては「独立軍を討伐した」などと非難する声も以前から出ているが、ペク将軍自身は2009年のインタビューで「独立軍など見たこともないのに、どうやって討伐できるのか」と語っている。

 ペク将軍は韓国戦争(朝鮮戦争)当時、洛東江防衛ライン、多富洞(慶尚北道漆谷郡)戦闘、38度線突破や平壌奪還、1・4後退後のソウル再奪還などを最前線で指揮していた。

 そのため韓国軍関係者はもちろん、当時を知る米軍関係者もペク将軍を「韓国戦争の生きた英雄」として礼遇している。在韓米軍司令官の就任式や離任式の際「尊敬するペク・ソンヨプ将軍」という言葉であいさつを始めるのは伝統となっており、米軍の新任将校が海外で研修を受ける際「韓国でペク将軍に会うこと」は必修コースだ。また多富洞戦闘は米軍士官学校の教材や戦史にも掲載されている。ところが今回、韓国の国会で行われた国政監査で、ペク将軍は「民族反逆者」と名指しで非難されたのだ。

 また同じ国政監査の場で、今度は与党セヌリ党の金鍾泰(キム・ジョンテ)議員(元機務司令部指令官で当時の階級は中将)が、国会内にいた合同参謀議長や陸海空軍の参謀総長など韓国軍上層部40人以上に対し「制服を着た現役の将兵は全員起立せよ」と声を掛けた。彼らは最初とまどったが、しばらくして渋々立った。すると金議員は、最近になって大統領選挙の争点として浮上している北方限界線(NLL)問題について「君たちは次の大統領選挙が終わり、統帥権者が交代しても、命令に従って動かねばならない」「地上はもちろん、海上(領海線)はNLL、空の上の領空線はNLLを上に延ばした上空だ。このことが正しいと思うならその場に座り、誤っていると思うなら立っていなさい」と述べた。金議員の言葉を聞いた将校たちは、全員がふに落ちない表情で一斉に座った。たとえ元機務司令官であっても、将校たちは国会議員の命令を受ける立場ではないからだ。

 自国の軍の元老を侮辱し、現職の将校に対してこのようなことをさせるのは、先進国では考えられないことだ。ところが今、韓国の国会では31歳の若い議員が92歳の英雄を「民族の反逆者」などと侮辱することが実際に起こっている。

チョン・ヒョンソク政治部記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/10/22/2012102201197.html







☆「コリエイト」と言う新造語は「コリア」と「クリエイト」を会わせた言葉で、コリアの都合の良いように物事を捏造し創造することを言う。

歴史をコリエイトすると空想世界史やファンタジーと言われる物になるのだけど、コリアの人達にとってはそれが現実になっているらしい。

記事にもある様に、コリアは日本との併合時代に独立軍が有って独立運動をしていたと本気で信じているらしい。正気の沙汰では無いのですが、長年の反日教育の結果精神に異常を生じた様です。

問題は、そういう人達がコリアには多数いることでそれが日本との関係を悪くしていることですね。まあ、自業自得なんですけど。

ハイ。

韓国教科書にみる領土
2012年10月16日(火) 16:57
▲ 1899年に韓国で発行された教科書に「竹島は韓国領でない」の記述

まさに、やりたい放題。韓国の国会議員たちが「竹島上陸計画」を次々と発表している。国会行政 委員会で10月16日の上陸が議決され、23日にも別の委員会が上陸を計画中だ。

現在はこうして韓国が不法に実効支配し、好き放題に反日アピールが繰り広げられる竹島だが、 歴史的には明らかに日本の領土だ。その「動かぬ証拠」となる資料がある。

日本は1880年の調査で竹島を確認し、1905年に島根県に編入することを閣議決定した。ジャーナ リストの水間政憲氏が解説する。

「韓国側は『1905年当時、韓国は日本の保護国で反論できなかった』と主張しますが、そんなこと はありません。日本の保護国になる以前の1899年に韓国で発行され、教科書として使われていた 『大韓地誌』(写真)がその証拠です。教科書には韓国の領土範囲が記されていますが、そこに 竹島は含まれていない」

『大韓地誌』の記述を日本語訳すると、以下のようになる。

〈わが大韓民国の位置はアジアの東部に在り、支那の東北部から日本海と黄海・渤海の間に突出 した半島で、北緯33度15分より42度25分に至り、東経(グリニッジ天文台を基準とする)124度30分 より130度35分に至り、東は日本海を界とし、西は黄海に浜し、南は日本海と黄海に臨み、東南は 一海峡を隔てて日本の対馬と相対し……〉

この記述と、そこに添付されている地図を対照すればわかるが、「竹島は韓国領ではありません」 と韓国の教科書に書いてあったのだ。今の主張が捏造であることがはっきりわかる。

10月12日に発売された『日本人が知っておくべき竹島・尖閣の真相』(SAPIO編集部・編)では水間 氏をはじめとするジャーナリストたちが歴史資料などを丹念に紐解いたリポートを寄稿。

竹島や尖閣諸島の領有権についての韓国・中国の主張を覆す証拠が数多く示されている。間違い なく日本の領土であるという「事実」を日本人自身が知ることは、全ての議論の出発点になるはずだ。

地図・資料提供■水間政憲
※週刊ポスト2012年10月26日号
. ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20121015_149188.html?PAGE=1





☆竹島が韓国の領土ではないと言う、韓国側の資料が次々とでてきますね。まあ、尖閣列島も同じですけど。

韓国や中国にしてみればごり押しでも何でも日本がなんだかの譲歩をすれば儲けだから譲らずに来るでしょう。それが国是でもあるし。だから日本も断固として譲るべきじゃないんですけどね。

これまでは韓国や中国に気をつかってなあなあにしてきたけど、今後はガツンと対応するべきなんですよ。まあ、民主党には無理だろうけど。

野田政権には早く解散して頂いて、次期政権に期待しましょう。ハイ。

竹島問題で批判される韓国
2012年09月11日(火) 17:55
○・米ニューズウィーク誌のアジア版に掲載された竹島(韓国名:独島)問題に関する記事が  日本に偏っていると、韓国内で物議を醸したが、これに続いてアジア・太平洋地域の  外交・安保専門誌「ザ・ディプロマット」と英国経済誌「エコノミスト」も竹島問題を取り上げ、  韓国を批判する記事を掲載した。複数の韓国メディアが11日、報じた。

 韓国メディアは、「海外メディアの相次ぐ韓国叩き、背後には日本」「独島問題、海外メディアは  なぜ日本の味方?ニューズウィーク、エコノミストなど相次ぐ韓国批判」などと題し、海外の  メディアが相次いで竹島問題で韓国を批判していると伝えた。

 「ディプロマット」は4日、「日本に対する韓国の無責任な外交」と題した記事で、でハワイ・アジア・  太平洋安保研究センターのジェフリー・ホーナング教授の寄稿文を掲載。  ホーナング教授は「歴代の日本の首相は日本軍性的奴隷問題など過去の歴史について  謝罪してきた」と強調。また、「李明博(イ・ミョンバク)大統領が最近、日本に謝罪を要求したことは  歴史問題を政治目的に利用しようとするポピュリストの試みにしか見えない」と述べ、「韓国の外交は  イエローカードに相当する」と批判した。

 一方、エコノミスト・オンライン版は8日、太極旗を持った鴨(かも)が日章旗を持った鴨を殴る  挿絵とともに、「レイムダックと飛ぶ羽毛」と題した記事を掲載。「韓国の歴代大統領は、  執権中の後半まで日本に友好的歩みを見せるが、任期末に突然敵対的に背を向ける」と解説した。

 韓国メディアは、このような海外メディアの相次ぐ偏向報道は、日本政府が影響していると伝えている。

 野田首相は先月21日、竹島対策閣僚会議を開催し、外務省などに竹島に関する日本の立場を  海外に知らせるために積極的に乗り出すよう指示を出した。日本は、政府レベルで海外のマスコミを  相手に、大規模なPR活動を展開し、結果的に日本側に有利な記事が国際舞台で相次いで出てきている  との分析が見られる。

 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0911&f=national_0911_019.shtml






☆先日、米ニューズウィーク誌の竹島記事を載せましたが、他にも次々と韓国を批判し日本を支持する記事が海外メディアにて掲載されています。

日本人から見ると至極当然の記事なのですが、韓国人にすると偏った記事に見える様ですね。(笑い) 自分たちが偏っていると微塵も思わないところが韓国らしいです。

ま、今後に期待しましょう。ハイ。

韓国の常識は米国でh非常識
2012年09月06日(木) 13:06
○米国の時事週刊誌『ニューズウィーク』が、最新号(10日付)に独島(日本名:竹島)問題を扱った 「韓国対日本:岩の上の外交」と題する特集記事を掲載した。執筆したのは同誌日本版の編集長で、 日本は独島問題を国際司法裁判所(ICJ)で扱おうという立場だと伝えた一方、韓国については 「武力で島を占領」「態度が非合理的」と指摘するなど、日本の視点で報じた。日本外務省は先月 23日、外信記者を対象にした記者会見で独島を自国領と主張するなど「独島広報戦」を繰り広げて いる。

ニューズウィークは、両国が独島を自国領と主張する根拠を説明する中で「1905年に島根県に編入 されたため、韓国併合前からすでに日本の領土だった」とする日本の主張を紹介した。一方、韓国 については「1952年に当時の李承晩(イ・スンマン)大統領が一方的に海上境界線を設定し、2年後 に軍隊を送って島を占領した」と説明。先月の李明博(イ・ミョンバク)大統領による独島訪問に対して は「政治家としての信頼性に疑問を抱かせる」と評した。

同誌はまた、日本は過去にも独島問題について韓国側に国際司法裁判所への共同提訴を提案した が、韓国は独島と関連のない慰安婦問題や歴史問題を持ち出し、一切応じていないとも報じた。 「韓国は国際司法裁判所で自らの主張が通用しないかもしれないと不安を抱いている」という、日本 の学者の主張だけを紹介した。第三者の米国も韓日の争いに面食らっているとしながらも「韓国人 が非合理的な行動をしている」という元駐日米国大使のコメントだけを伝えた。

さらに、野田佳彦首相の親書を韓国が書留郵便で送り返したことに触れ「韓国が子どもじみた振る 舞いをしている」という山口壮外務副大臣の言葉を紹介した。日本が親書の内容を一方的に公開 するという外交的に無礼な行為に及んだこと、親書を返すため日本の外務省を訪れた韓国の 外交官が門前払いされたことには触れていない。また、韓国の市民が日本大使館に向け汚物の 入ったペットボトルを投げ付けた事件を取り上げたが、日本人が日本大使館前の慰安婦問題を 象徴する少女像に「竹島は日本固有の領土」と書いたくいを縛り付けた事件には言及しなかった。

この記事は、ニューズウィーク国際版の東京特派員で日本版の編集長を務める横田孝氏が 書いた。同誌ソウル特派員のイ・ビョンジョン氏は5日、本紙の電話取材に対し「今回の記事に ついて指示を受けたことはなく、関わっていない」と話した。

ソース:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/09/06/2012090600798.html






☆まあ、調べればこのような記事に成るのが当然なんだけどね。韓国がいくら訳の分からない理屈をこねて主張したところで、世界的には通らないのは明々白々。

頼りにしている米国からこういう態度を取られたら、そら不満や不安でしょうね。(笑い)慰安婦問題を見て分かるように、韓国は戦略として先ず米国の世論を味方に付けて日本を貶めようとします。

その先方がNYタイムスなんで、これまで何度も韓国側の主張のみを掲載して日本の主張は拒絶してきました。また、韓国人の多い地域に慰安婦の像を建てたりもしています。

しかし、今回のような出来事があると今後どんどん韓国の外堀が埋まってきそうですね。(笑い)

今後が楽しみです。ハイ。
非民主主義国家下朝鮮
2012年09月01日(土) 18:57
○放通審議委"親日称賛サイト制裁する"
マネートゥディ イシューチーム イ・チェミン記者

放送通信審議委員会(以下、放通審議委)が、日本を称賛して韓国を卑下する内容を入れた親日 ブログとインターネットカフェ、コミュニティなどを制裁することに決めた。

31日、東亜日報の報道によれば、放通審議委が最近急増している親日を擁護して、韓国人、韓国 史を非難する内容を主題にしたウェブサイトとブログを制裁する方針だ。 放送通信委の調査によれば、6月と8月の間だけで総1万9000件以上の親日・韓国卑下内容掲示 物がインターネット掲示板とブログに広がったことが明らかになった。

放通審議委はこれに対し一次的に親日インターネットコミュニティ、ブログなど9ヶ所に対して削除、 接続遮断などの是正措置を下した。

ソース:マネートゥデイ(韓国語) |入力 : 2012.08.31 08:50 http://www.mt.co.kr/view/mtview.php?type=1&no=2012083108223255359

"独島は日本の領土" インターネット親日掲示文削除

「独島は日本の領土だ。どこに行ってもこのように叫ぶ。独島は日本の領土」

あるインターネットカフェーに上って来たこの文は無差別的にインターネットで広がって行った。その 他にも「日本の朝鮮植民地支配は幸せだった」「慰安婦は自発的な行動だ」という文もあった。最近 インターネットで露骨的に日本をほめたたえて歴史を歪曲する掲示文が急増している。

31日、放送通信審議委員会によれば、去る6〜8月の間、親日掲示文総1万9000余件が摘発された。 「韓国人は独島を不法占拠しているので一日も早く反省して謝れ」など、歴史的事実を歪曲して韓国 人を卑下する内容だった。この文等はインターネット掲示板とブログを通じて拡散した。

放通審議委は問題になった文等を削除措置して、同じ文を反復的にあげた利用者に対しては利用 解約措置を取った。放通審議委は「われわれの歴史と伝統性を否定して青少年たちに誤った歴史 意識を植え付ける恐れがあるインターネット情報が徐々にその水位を高めている。親日掲示文の 集中モニタリングをするつもりだ」と明らかにした。

[イ・ソンヒ記者]
ソース:毎日経済(韓国語) 記事入力 2012.08.31 14:02:09 | 最終修正 2012.08.31 18:22:31

http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2012&no=554346







☆”民主主義”の対立概念は”独裁”です。 では、独裁の特徴と訊かれたらほとんどの人は「言論の自由が無い。」と答えるのではないかと思います。

民主主義の基本として、個人個人が自由に政治に対して意見を言うことが必要です。それらの意見の集約として民意が形成されていくことにります。

その民意の形成を阻害するのが、言論の統制です。韓国は民主化して20年ほどの民主主義国家として仮免中の国ですが、どうみても民主主義国として不合格の様です。

政府もその辺りをしっかりと認識して対応して欲しいものです。ハイ。

動かぬ証拠「ラスク書簡」
2012年08月30日(木) 17:01
○竹島、やっぱり日本領土だった!動かぬ証拠「ラスク書簡」とは?

 韓国が、島根県・竹島の領有権を持たないことを示す、外交文書が存在する。1951年、米国のラスク国務次官補が、竹島の領有権を求める韓国政府に送った「ラスク書簡」で、明確に「朝鮮の一部として取り扱われたことが決してない」と書かれている。韓国の不法占拠を示す、決定的な資料の1つといえる。

 ラスク書簡とは、サンフランシスコ講和条約を起草中だった米国政府に対し、当時の韓国政府が「「独島(竹島の韓国名)を韓国領に加えてほしい」と要求したことに対し、米国政府が1951年8月10日、断固拒否を通知した文書のこと。

 ここでは、竹島について「ドク島、または竹島ないしリアンクール岩として知られる島に関しては、この通常無人である岩島は、われわれの情報によれば朝鮮の一部として取り扱われたことが決してなく、1905年頃から日本の島根県隠岐島支庁の管轄下にある」と明確に書かれている。日本外務省のHPでも、書簡の写真と一部和訳が公開されている。

 米国政府が1978年4月、過去の外交文書を公開して初めて公になり、韓国政府による「歴史的、地理的、国際法的にみて、明らかなわが国の固有の領土」という主張が事実と異なることが明らかになった。

 朝鮮半島情勢に精通する元公安調査庁第2部長の菅沼光弘氏は「竹島は歴史的にも国際法的にも、日本の領土で間違いない。ところが、韓国政府は根拠のない歴史問題などを絡めて騒ぎ、日本の歴代政権は途中で沈黙してしまった」と指摘したうえで、こう続ける。

 「李明博大統領は今回、親族が何人も逮捕されるなど、自身の政治的危機から目をそらさせるために竹島上陸したが、周到な準備をしたと思われる。そろそろ、韓国の理不尽な要求を突き返さないと、日本は大変なことになる。竹島だけでなく、歴史認識についても、間違っていることには『これは違う』と毅然と反論していくべきだ」

 ちなみに、韓国側はラスク書簡について、「韓国政府にのみに秘密裏に送付された非公開文書なので、無効だ」などと主張している。

 明確な証拠を突き付けられても、恫喝をチラつかせ、へ理屈を並べて、黒を白と言いくるめる手法。韓国は最近、「対馬(長崎県)もわが領土」と言い始めている。日本人は厄介極まる隣国を持つことに認識し、自分で国を守る覚悟しなければならない。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20120830/plt1208301128004-n1.htm








☆知り合いが韓国のことを「難儀な隣人」と表しておりましたが、実際の所ヤクザやごろつきのたぐいと言った方が的確な気がします。

このブログでも何度も出てきていますが、竹島に関してはラスク書簡以外にも米国の資料で日本の領有権を示すものが多くあります。それに関して韓国は、へりくつを付けて拒否する態度をとり続けています。

まあ、国際司法裁判所に行けば確実に負けるので拒絶するしか方法が無いのでしょう。日本は色々と圧力をかけていけば良いと思います。 穴に閉じこもった穴熊は、燻りだすに限ります。(笑い)

韓国政府は今の野田政権は相手にせず、次の政府と対話を行うと言っていますが、次の政権が竹島や慰安婦問題について韓国に譲歩的になる確率は低いと思います。 ハイ。

韓国のごね得、河野談話の見直しを
2012年08月29日(水) 09:01
河野談話 「負の遺産」の見直しは当然だ(8月29日付・読売社説)  韓国の李明博大統領の竹島訪問に関連し、いわゆる従軍慰安婦問題が再燃している。

 その根底には、慰安婦問題に関する1993年の河野官房長官談話があることは否定できない。政府は、これを見直し、新たな見解を内外に表明すべきである。

 野田首相は参院予算委員会で、河野談話を踏襲するとしながらも「強制連行の事実を文書で確認できず、慰安婦への聞き取りから談話ができた」と説明した。松原国家公安委員長は談話を見直す観点から閣僚間の議論を提起した。

 河野談話は、慰安婦の募集について「軍の要請を受けた業者が主として当たった」とした上で、「本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあった」と記した。

 しかし、軍や官憲が慰安婦を強制的に連行したことを示す資料は発見できなかった。元慰安婦の証言のみが根拠とされ、これを裏付ける調査も行われていない。

 当時、韓国の元慰安婦らが名乗り出て日本政府に謝罪などを求めていた。談話の背景には、外交的配慮もあったのだろう。

 結果として、旧日本軍が女性を組織的に強制連行して「性奴隷」にしたといった誤解が、世界に定着した。米下院や欧州議会などは慰安婦問題で日本政府の謝罪を求める対日批判決議を採択した。

 だが、その後も、旧日本軍による慰安婦の強制連行を証明する資料は見つかっていない。

 米下院で慰安婦問題が取り上げられていた2007年3月、安倍内閣は「資料には軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」とする政府答弁書を閣議決定した。

 河野談話を継承しつつ、その根拠となる資料は存在しないという立場を明確にしたものだ。

 だが、このままでは国際社会の誤解を払拭することは難しい。

 大阪市の橋下徹市長が、閣議決定もされていない河野談話と07年の閣議決定は矛盾しており、河野談話の内容を見直すべきだと述べたのは、もっともである。橋下氏は河野談話を日韓の紛争の「最大の元凶」とも批判している。

 政府は、誤解の拡散を招かぬよう手立てを講じる必要がある。

 野田内閣は、旧日本軍による慰安婦強制連行の確証がないことを踏まえ、河野談話という自民党政権時代の「負の遺産」を見直し、日本政府の立場を内外に分かりやすく説明しなければならない。

(2012年8月29日01時18分 読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20120829-OYT1T00051.htm







☆ここに来て「河野談話」の見直し論が高まってきています。

それは当然で、当時社会党の村山政権は馬鹿で売国的な左翼政権でしたので、韓国に強く言い寄られ有りもしない事を認めてしまったのが河野談話ですから。

橋下大阪市長、石原都知事、安倍元首相を始め民主党の松原国家公安委員長も河野談話の見直しに触れています。野田首相も軍の強制連行を示す文書はないと発言しており、河野談話の不当性は明らかになっています。

痴漢のえん罪と同じで被害者の証言だけで既に亡くなった爺さん達を弁解の余地も無く犯罪者にしたてた罪は大きいです。速やかにえん罪を晴らしてあげるべきです。当たり前でしょ。

韓国や共産党などの国内左翼が反対して騒いでいますが、当時と違って国民の理解もあるので政府には恐れず断行して欲しいですが・・・。

まあ、民主党政権ですからね。どうなることか。ハイ。


 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET