明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/05
  • 2017-06 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/07
「打落水狗」
2008年08月24日(日) 18:39
○8月18日、男子110メール障害1次予選で大事件が起きた。アテネ五輪の金メダリスト、 劉翔が他選手のフライングの後、自らスタート地点から去り棄権したのだ。劉翔は中国人にとって 今大会の最大の英雄だった。北島を「日本の劉翔」として中国メディアは報道していたくらいだ。 西洋人の得意種目で世界の頂点に立つアジア人という意味でそのように形容されていたのだが、 その中心はあくまでも「わが中華民族」でなければならないという意識が根底にある。

 さて、そんな期待の星、21世紀の中華人民共和国の星であり、「中華民族」という フィクションの中心的役割を果たすべき存在であった劉翔が棄権したのである。これは 中国人にとって大事件となった。ネットには劉翔を誹謗中傷する罵詈雑言が書き連ねられた。

 「金儲けばっかりして、練習を全然していないから、勝つ自信がなかったのよ。 メダルがとれないと、格好がつかないから、戦う前に逃げたんだ!」  「広告ばっかりかせいで、本業は廃業か? 体操の某みたいに、金メダルの宴会料理で ふとりすぎたんじゃないの?」  「さっさとけがのことを公開しなかったせいで、多くの広告主が泣かされたんだ。 やっぱり、ただの“ごうつくばり”だよ」  「どうして広告に出るときは、けがしていないの? 説明してよ!」  「観衆にむかって、あやまることもせずに、退場するなんて!」  「ケガがそんなにひどいなら、どうして彼を五輪に出した。このような安芝居は、 国民が愚弄され、騙されたような気がする。テレビ画面は世界数十億人がみているのだぞ。 彼に対する組織管理はどうなっていたんだ?劉翔のけがが仮病だとは疑わないし、 ケガをおして競技に参加しろとも思わないが、こうした棄権の仕方はひっじょうに遺憾だ!」

 20日になって共産党機関紙である人民日報が慌てて「劉翔も人間である。怪我をすることも あるので温かく見守るべきだ」という論評を掲載した。つまり、このような論評で国民を 誘導しなければならないほど、劉翔への個人攻撃が激烈を極めているということである。

 そして、同日早朝に行われた女子マラソンで日本の土佐礼子が右足負傷の影響で 25キロ付近で途中棄権した。土佐は救急車で北京市内の病院に搬送されたのだが、 エースの野口みずきも怪我で欠場した日本女子マラソンチームにとって大きなダメージとなった。

 しかし、土佐礼子や野口みずきに向けられた日本のネット世論の声は、大方が選手を かばうもので、叱声はむしろコーチ陣や日本陸連に向けられたものだった。

 「水に落ちた犬を叩け」という諺が中国と朝鮮半島にある。これは魯迅が言ったと 伝えられているが、中国大陸と朝鮮半島の儒教文化圏と、日本列島に花開いた日本文化は 全く相容れない異質なものであることを象徴的に表す言葉だ。「死ねばみんな神様になる」 という言葉に代表される日本式の精神的風土とは全く相容れない。

 中国人アスリートの劉翔と日本人アスリートの土佐礼子。もちろん、2人の過去の記録や 五輪への各国民の期待度は異なっているが、国の代表として五輪に臨む選手が棄権したという 点に於いて同じである。にもかかわらず、これだけ国民の反応が違うことを見て、あらためて わが国と中国の文化の異質性を再確認せざるを得ない。

 文化の違いであれば、それはそれで仕方がない部分はあるのだが、中国式あるいは 朝鮮半島式と言ってもいい文化的風土の国では、スポーツをスポーツとして評価し、 スポーツの価値観を尊重するという文化は育ちようがないのではないかと残念に思う。 五輪がいかに政治性を帯びるようになっても、「スポーツマンシップ」は失ってはならない 五輪を貫く根本理念だ。

ニッカンスポーツ
http://beijing2008.nikkansports.com/news/column/20080823.html







☆ニッカンスポーツいいこと書くじゃないか。


柴犬が今回のオリンピックで一番感動的だったのは、女子のソフトボールが決勝で米国に勝ったとき・・・。 ではなくて(もちろん感動したが。)実はその後のその後の表彰式で米国の選手や監督が日本の選手に対して拍手を送っていたのを見たときだった。

柴犬は米国は嫌いだが、やはりこのような光景を見ると素直にその国民性を評価しちゃうんだよね。 ちゃんとしたスポーツマンシップと言うものを見せてくれる。




打落水狗(da luo shui gou)

で、「水に落ちた犬を叩け」なんだけど。 これはもともと「不打落水狗」という諺が中国にあったのだが、あまりにも酷い中国人の実情を見て魯迅がこれを「打落水狗」 に言い換えたと言うことらしい。

中国民衆の、みじめな生活、みじめな人生をみつめ、民衆の中にあるものをひきだし、その弱点をえぐり取って、支配者に立ち向かえるかを考えた魯迅だったから、中国人の弱点や矛盾を容赦なく暴き出し批判した。

魯迅の最高傑作の「阿Q正伝」を読んで、中国を理解しようや。(笑い)
嘉平太何代目
2008年08月22日(金) 17:41
「格子なき牢獄」「欲しい情報だけ取って使い捨て」…女子マラソン中国代表チーム顧問となった竹内氏の「無念」な7ヶ月[8/21]

http://news24.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1219293600/l50


 中国側に招かれ、今年2月から女子マラソン中国代表チーム顧問として指導に携わった竹内伸也氏(76)=元UFJ銀行女子 陸上部監督、運動生理学者=は約7ヶ月を振り返り、きっぱり言った。


 「残念、と言うよりも無念です。こちらの真意は反映されなかった」


 竹内氏は長く日中スポーツ交流に力を注ぎ、名古屋に預かった趙友鳳を1988年ソウル五輪5位、90年北京アジア大会金メダル へ導いた。これらの実績から、昨年の大阪世界陸上に続き、周春秀、朱暁琳の両選手の指導を頼まれた。中国側と目指したのは、 過去最高の趙友鳳を上回る初のメダル獲得だった。

 本番では周春秀は銅メダル、朱暁琳は4位。陸上管理センターの王大衛副主任は「金メダルは取れなかったが素晴らしい。 歴史を塗り替えた」とたたえ、竹内氏も「最低の合格ラインには達した」と評価した。

 それでは「日中友好の礎」や「懸け橋」といった美辞から遠い竹内氏の「無念」とは何か。

 練習メニューを中国側が一方的に変える。選手の体調や疲労度などを知るのに重要な血液データを竹内氏に教えない。 科学研究班は、高地での重要な走り込み期間中に口を出し、走る量を減らしてしまう。逆に、本番まで1週間を切った時期に 「血中の疲労物質が少ないから」と気温36度下で追い込み練習をさせる。中国側の現場指導者は、連日視察に訪れる体育関係 幹部を接待漬け…。

 指導に携わったと言えるのか、知識と経験を生かせたか。憤慨して帰国を口にすると、合宿移動の際に預けたパスポートを いつまでも返さない。「格子なき牢獄(ろうごく)。欲しい情報だけ取って使い捨てですわ」

 日本をたつ前にも話していた。「中国からはスパイのように見られるし、日本からもたたかれて、いいことはないですけどね」。 それでも、学徒動員で偵察機の主翼を造った戦中世代ならではの、中国への特別な思いが心の底にあった。

 「水を飲むとき、井戸を掘った人を忘れない」
日中友好の歴史を振り返る際、中国側が使う麗句だ。


ソース(東京新聞 8/19夕刊、編集委員・桑原智雄氏「五輪交差点」)






☆岡崎嘉平太(第2代全日本空輸社長)は柴犬が知る限り日本で最初に日中友好に尽力した人物である。 岡山の吉備中央町。旧賀陽町の出身であることから岡山では尊敬している人が多いようである。 柴犬も母から岡崎嘉平太のことは何度か聞かされてきた。

岡崎嘉平太は田中角栄時代に日中友好に尽力し、日中友好の功労者として中国に招かれた際には周恩来から真っ先に「岡崎嘉平太はどこにいる。」と面会を求められた人物である。


そのさいに、周恩来が嘉平太に「水を飲むとき、井戸を掘った人を忘れない」と言ったと聞いている。


しかし、に中友好条約から36年だが未だに中国に幻想を抱いている方がいるのはある意味驚きだ。 いつま、だまされるつもりなのか?



彼で何人目の嘉平太なのだろうか?





賢者は歴史に、愚者は体験に学ぶ


ビスマルクのこの言葉をそろそろかみしめる時ではないだろうか?
殺!殺!中国支援団
2008年08月12日(火) 18:57
「殺!殺!」報復応援におぐしお萎縮


中国ペアに圧倒され、オグ(小椋・右)シオ(潮田・左)は試合中に冴えない表情を浮かべた(共同、クリックで拡大)

 オグシオを殺せ−。バドミントン女子ダブルスの小椋久美子、潮田玲子組は世界ランク3位で第2シードの中国ペアと準々決勝で対戦、0−2で惨敗した。確かに対戦相手は強かった。しかし、それ以上の難敵が、観客席にいた。

 「シャーッ! シャーッ!」。中国選手がスマッシュを打つたびに、中国人の大応援団から、敵を威嚇する獣のような声が起こった。漢字を当てると「殺!殺!」。本来はスマッシュの時のかけ声は「扣殺(コーシャー)!」がフェアな応援なのに、オグシオにむけて会場全体で一糸乱れず「殺せ!殺せ!」の大合唱をしていたのだ。

 バドミントンは中国のお家芸のひとつ。相手は確かに強かった。第1ゲームで8連続ポイント、第2ゲームで9連続ポイントを許すなど、オグシオは全く歯が立たず、途中からはまるでサンドバッグ状態に打ち込まれた。「試合で何が起きたのか全くわからなかった」(潮田)と振り返るのも、1打ごとのスタンドからの殺気がオグシオを蝕んだために違いない。

 当初は「中国の応援は気にならなかった」といっていた潮田だが帰り際に内容を聞いて「怖いです。怖いです」と何度も口にして震えていた。小椋は「最後は完全に飲まれてしまいました」と話し「この4年間バドミントンをたくさんの人たちに見てもらいたくて一生懸命やってきました。相手への対策もきちんとしてきたのに残念です」と五輪を終え、うつむいた。

 「殺せ」の引き金は、この試合よりも前に行われた女子ダブルス準々決勝。末綱・前田組が、世界ランク1位で第1シードの中国組を下す金星を挙げた。その報復として、中国人応援団が大挙してオグシオ2人に大ブーイングをしたのだ。

 アウエーの洗礼として片づけるのは簡単だが、04年サッカーアジア杯ではジーコジャパンへ前代未聞のブーイングが中国各地で起き、大きな社会問題に。北京での決勝戦では優勝したジーコジャパンメンバーのバスが一時、中国人サポーターに取り囲まれ、警官隊とにらみ合いまで起きた。

 中国側も北京五輪にむけて応援に関して「横断幕や国旗を振り回すことを厳禁」とする教則本を出したが、どこ吹く風。会場のあちこちで中国国旗が振られ、赤いシャツを着た中国応援団があちこちに陣取っていた。そして、「殺せ! 殺せ!」である。とても五輪とは思えない光景だ。

http://www.zakzak.co.jp/spo/2008_08/s2008081202_all.html ZAKZAK 2008/08/12



○そして、これが殺!殺!中国支援団(シャーシャーチョンゴウ・ジーユアンタン 応援団)のテーマ曲です。 是非、お聞き下さい。

http://jp.youtube.com/watch?v=ZTodwoHo2D4&feature=related







☆バトミントンの出来事はともかく、今日のプログは半分ジョークです。(笑い)


まあ、しかし応援団が殺す気でやってきてもびびっちゃいけません。所詮民度が低い中国のことですから。 それに、中国は歴史的に弱い相手には強いですが、強い相手からは逃げまくりますから。(笑い)

日本との戦争で、民間人は殺しても日本軍からは逃げまくっていた事をお忘れ無く。 ハイ。
五輪同時開催?
2008年08月09日(土) 19:43
ロシアが空爆地域を拡大 グルジアは非常事態宣言へ

 【モスクワ=古川英治】旧ソ連の親欧米国グルジアから分離独立を主張する南オセチア自治州を巡る武力紛争でロシア軍は8日夜、戦闘機による攻撃地域を拡大し、グルジア領内にある黒海沿岸の港湾都市など同自治州以外の民間施設を爆撃したもようだ。グルジアは戦線拡大を受け全土を対象に非常事態を宣言する見通し。国際社会は停戦に向けた調停活動に乗り出すことを決めたが、国連安全保障理事会で米ロが対立するなど、一致した行動がとれない状態が続いている。

 グルジアの安全保障会議は9日未明、ロシア軍が同国西部セナキの軍基地に続き、黒海沿岸の都市ポチを空爆したと発表した。ロイター通信などによると、ポチではロシア戦闘機により民間のタンカーや造船所が爆撃を受けたもよう。ロシア軍はグルジア各地に攻撃を加えており、首都トビリシでも警戒感が強まっている。

 ライス米国務長官とロシアのラブロフ外相は8日、3度にわたり電話協議を繰り返したが、停戦に向けた調整はつかなかった。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080809NTE2INK0509082008.html







☆上海総合指数の暴落以上に大きな出来事が昨日起こっていました。


新聞を取っていない柴犬にはわかりませんが、たぶん日本では今日の朝刊では一面はオリンピックでしょうが、世界ではグルジアvsロシアの件がトップで、オリンピックの開会式はかすんでしまいました。


どうも、平和なボケした日本ではこういう他国同士の戦争には関心が薄いようで、マスコミも報道しません。 もう少し、ちゃんと報道して欲しいものです。 ハイ。

波乱の幕開けです。
2008年08月08日(金) 20:50
 大陸8日大引け:上海B株指数は181.859ポイントで引けて、前営業日終値と比べて−16.594ポイント、
− 8.362%


深センB株指数は404.077ポイントで引けて、前営業日終値と比べて−23.868ポイント、同
−5.577%


 上海総合指数は2605.719ポイントで引けて、前営業日終値と比べて−121.858ポイント、同
−4.468%


上海180は5879.824ポイントで引けて、前営業日終値と比べて−288.089ポイント、−4.671%。上海50は 2056.916ポイントで引け、−86.887ポイント、
−4.053%


 上海A株指数は2734.363ポイントで引け、前日比−127.326ポイント、同
−4.449%


深センA株指数は 784.008ポイントで引け、同−46.773ポイント、同
−5.630%。  


http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/scn/080808/080808_mbiz106.html






☆オリンピック開会式前から既に波乱の幕開けです。(笑い)

上海総合の下落は日経では580円もの下落ですから、相当な暴落です。



で、現地のチャートが下です。

http://finance.sina.com.cn/realstock/company/sh000001/nc.shtml


他の国が上げた中で中国だけが下げるとは・・・。

やはり波乱の幕開けです。ハイ。
ガラガラ五輪
2008年08月07日(木) 20:43
日航チャーター五輪応援第1便はガラガラ
http://beijing2008.nikkansports.com/news/f-sp-tp0-20080807-392886.html


北京五輪を応援するため、日航の北京行きチャーター便第1便が7日午前11時すぎ、羽田空港を出発した。 座席数234のボーイング767の乗客はわずか78人で搭乗率33・3%。9割が「仕事で行く」というスーツ姿の男性だった。

 航空会社は五輪の度にチャーター機を運航している。日航と全日空は、 普段は政府専用機や公用機が利用している出発枠を譲り受ける形で計11便を確保。 しかし乗客の少なさに関係者は「まさかここまでとは」と声を落とした。

 それでも、中部空港発の便に乗り遅れたというサッカーファンの男性が「この便があって助かった」と話して機内に乗り込むと、 「がんばれニッポン」と書かれたプラカードを持った客室乗務員が手を振って出発を見送った。

 開会式出席のため同便には森喜朗元首相や鈴木恒夫文部科学相、二階俊博経済産業相も搭乗した。

 中国線は鳥インフルエンザや食の安全に対する不信感などで、日航、全日空のゴールデンウイーク期間中の利用率が50・8%にとどまった。 その後、四川大地震もあり先月末時点でのお盆期間(8月8−17日)の予約状況は49・9%で、国際線平均の73・3%を大きく下回っている。







☆いや〜。誠に健全な状況ですね。


国民をなめちゃあかんぜよ。(゛`O´)凸




毒餃子の件といい。




かなり国民を軽んじていませんか? 


経営者の皆さんも、政治家の皆さんと同様考えが甘いようです。 そろそろ現実的になってください。 ハイ。
どたばた五輪
2008年08月05日(火) 20:43
8月8日の北京五輪まであと少し。私は柔道やバレーボールなどを観戦するが、五輪を迎える北京の 準備態勢はまったく整っているとはいえない。

テロ警戒に重点を置いているからなのか、警察が大量に動員されてはいるが、その取締りの加減は 担当警察官しだい。法治国家でない共産主義の中国では、たとえトラブルにあっても、交渉しだいで 結果は違ってくる。

日本でも、夏は水を長期間使わない空き室のマンションなどでは配管の臭いが気になるが、北京の 三星ホテルも同じだ。ホテルのレストランのトイレは、直前になったからといって汚水処理が急によく なりはしなかった。

自動車の乗り入れナンバー規制にしても、開催直前に施行されたため、代替交通機関となった地下鉄 は大混乱している。私の利用する日本の旅行会社によると「ホテルから会場まではタクシーがなかなか ひろえないから、地下鉄を利用するか、ホテルのシャトルバスとなるが、まだそのシャトルバスの運行 スケジュールが決まっていない」という。さらに、競技会場近くの駅も、完全に出来上がっていないのだ という。

今年、中国は世界からさんざんたたかれ続けた。だからなのか、警戒のあまり、規制する方にばかり 気をとられている。外国人用ビジネスセンターのインターネット接続にも規制が強化されたが、それが 公になり苦情が殺到したというエピソードも。4年も前から、この日のために海外からの観光客受け入れ に力を入れ動いてきたとは思えない状態だ。


■空室が目立つホテルでは 激しく値引きを始めた ホテルの値段設定もお粗末である。日本の旅行会社を通して3月に予約したホテルは1泊8万円もした というのに、そのホテルのサイトを調べてみると、現在は1−3万円まで値下がりしている。

思惑が外れ空室が目立つ北京市のホテルでは、さんざん値段を吊り上げておいて、今度はバナナを たたき売るように3−4割も値段を下げだした。通常、どの国でも五輪の開幕式が近づけば近づくほど 値段は上がり、高いところは20万円くらいまで値上がりするというのに、普段は面子を気にする中国が 値下げを始めたのだ。もっとも、すでに予約していた客にそのディスカウント分が返却されるわけでは ない。これでは観光客の気持ちはつかめない。

韓国のテレビ局SBSが北京五輪の開会式リハーサルの映像を無断で放送した。中国政府は、一時は 韓国人選手を試合に出さないというほど激怒していた。

国際レコード産業連盟によると、中国で配信されている全音楽ファイルのうち99%以上が著作権を侵害 されているという。JETROによると、中国で模倣品・海賊版の被害、売上損失が1億円以上としている 企業は全体の約3割としている。もしや、中国がこれまで著作権侵害を放置していたことが、リハーサル の映像無断放送につながったのではあるまいか。五輪が始まったら、こんなことがなければいいが。

柏木理佳(中国経済ジャーナリスト)
(ダイヤモンド・オンライン 2008年08月05日)
http://diamond.jp/series/china_rika/10015/








☆中国がこれまでやってきたことの集大成がこのオリンピックで顕在化するわけですから無理もないです。 もともとオリンピックを開会する能力も資格も無い国ですから。 ここは潔く世界の審判を受けてもらいましょう。

先日も、日本のカメラマンが武装警官に暴行を受けたばかりだし、正直こんなオリンピックに観戦に行くなんて無謀でしょう。 外務省も渡航延期勧告をだすべきだよね。


何かあったら、「自己責任ですから。」と言い訳するんだろうね〜。 


あ〜ぁ。

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET