明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/03
  • 2017-04 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/05
日本の夜明けは近い
2012年09月26日(水) 20:28
○「右傾化」→「普通の国家並み」 米メディア、尖閣対立で日本側対応分析

 【ワシントン=古森義久】米国メディアが日中の尖閣諸島をめぐる対立での 日本側の対応の分析を頻繁に報じるようになった。中国への強固な態度を集団的自衛権 の解禁や憲法改正への動きと結びつけ「右傾化」と単純に決めつける向きが一部に ある一方、日本がついに他の国家並みになってきたとする見方が多い点で、 解釈は客観的になったともいえそうだ。

 尖閣問題を機とする日本の変化については、ワシントン・ポスト(21日付)の 「日本が右寄りのシフト」という見出しの東京発の長文記事が目立った。 「(日本が)中国のために外交、軍事のスタンスが強硬にも」という副見出しをつけ、 野田首相をタカ派と呼び中国への強い態度を「右寄り」と評しつつも、 「日本はこれまで世界一の消極平和主義の国だったのがやっと(他国並みの) 中道地点へと向かうようになったのだ」と強調した。

 さらに、日本の憲法や集団的自衛権の禁止が世界でも異端であることを説明し 「これまでは中国との対決や摩擦を避ける一方だったが、日本国民はその方法では うまくいかないことがわかったのだ」とも論じた。

同紙は22日付でも「アジアの好戦的愛国主義者たち= 中国と日本の政治家はナショナリズムに迎合する」という見出しの一見、 日本の動きにも批判的にみえる論文を載せた。だが内容はほとんどが中国政治指導層への非難で、 「日本の政治家も中国の暴徒扇動には温和な対応をみせたが、 なお政治的な計算は忘れなかった」とする程度だった。

 AP通信は24日、東京発の「日本の次期政権ではナショナリズムが高まり、 中国との緊迫が強まる」という見出しで、自民党総裁候補の安倍晋三氏や 石破茂氏が対中姿勢を強くしていることをやや批判的に伝え、 日中関係がさらに悪化する見通しを強調。 しかし、同時に「日本国民全体が特に民族主義的になっているわけではない」と付記した。 (続く)



http://sankei.jp.msn.com/world/news/120926/amr12092611290003-n1.htm




 ニューヨーク・タイムズ(23日付)は「中日両国のナショナリストたちが この領土紛争を利用している」という見出しをつけた。 しかし内容は、中国側が官民で民族主義を高め日本糾弾を強めているのに対し、 日本側は「第二次大戦以来の平和主義傾向のため対決を避ける様子だったが、 中国側の激しい野望がそれを変えてしまった」とし、 日本の対中姿勢も自衛上、やむをえずとの見方を示した。





☆今までがおかし過ぎたでけで、単に左から中央に戻っているに過ぎませんって。世界中見回しても、これまでの日本は異常です。

日本にいるのは左翼と言うなの売国奴であって、まともな左翼ではなかったし、守旧派と言う売国奴はいてもまともな保守もいなかった。 ここでやっと普通の国への脱皮が図れそうな状態になりました。

自民党党首に安倍元首相が選ばれましたし、今後に注目しましょう。 日本の夜明けは近い。

寝たきりと人間の尊厳
2012年06月24日(日) 19:13
○ヨーロッパの福祉大国であるデンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人は いないと、どの福祉関係の本にも書かれています。他の国ではどうなのかと思い、学会の 招請講演で来日したイギリス、アメリカ、オーストラリアの医師をつかまえて聞くと、 「自分の国でも寝たきり老人はほとんどいない」とのことでした。一方、我が国のいわゆる 老人病院には、一言も話せない、胃ろう(口を介さず、胃に栄養剤を直接入れるため、 腹部に空けた穴)が作られた寝たきりの老人がたくさんいます。

 不思議でした。日本の医療水準は決して低くありません。むしろ優れているといっても 良いくらいです。

 「なぜ、外国には寝たきり老人はいないのか?」

 答えはスウェーデンで見つかりました。今から5年前になりますが、認知症を専門に している家内に引き連れられて、認知症専門医のアニカ・タクマン先生にストックホルム 近郊の病院や老人介護施設を見学させていただきました。予想通り、寝たきり老人は1人 もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。

 その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるの は当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民 みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方 さえあるそうです。

 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作り ませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。 したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりに なる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。

■欧米が良いのか、日本か

 さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず 、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束され ている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

 家内と私は「将来、原因がなんであれ、終末期になり、口から食べられなくなったとき 、胃ろうを含む人工栄養などの延命処置は一切希望しない」を書面にして、かつ、子供達 にも、その旨しっかり伝えています。(宮本顕二)

ソース:ヨミドクター
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=60441




☆以前にも「死生観」の事を書きましたが、日本人も真剣に自分の「死生」について考える必要があるんじゃ無いでしょうか?

僕だったら、チューブに繋がれた状態で生きているのは耐え難いです。 自分で食事ができなくなったら生き物として終わってますよ。 ハイ。

米シェールガス革命で世界の石炭価格が下落
2012年03月15日(木) 03:09
(2012年3月13日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

 ○米国の発電量のうち石炭火力発電の占める割合が約35年ぶりの低水準に落ち込んでいる。「シェールガス革命」と呼ばれる新型天然ガスの開発・生産拡大が進み、電力各社がそれに乗じて安値のガスを積極的に利用しているためだ。

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819584E3E1E2E2E18DE3E1E2E1E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2


燃料価格の内でシェールガスの価格が落ちていると言う事です。原油はガソリン価格で実感している様に高騰中。バルチック海運指数は底を這っている。

このアンバランスは非常に気になるのですけど・・・。

首都圏また帰宅難民パニック
2011年09月22日(木) 13:07
○非常に強い台風15号は近畿や東海を風速25メートル以上の暴風域に巻き込み、21日午後2時ごろに浜松市付近 に上陸、勢力を維持したまま同日夕には首都圏を直撃した。

都内では鉄道が次々と運転を見合わせるなど交通機関のダイヤが大幅に乱れ、運転再開を待つ仕事帰りの 会社員らで大混乱。銀座や渋谷などの街路樹が強風に倒される事態にもなった。

台風はその後、東日本大震災で被災した東北を通るなど日本列島を縦断。同日午後9時現在、神奈川、 岐阜、愛知、愛媛、長崎、佐賀の6県で計7人が死亡、静岡県などで計6人が行方不明となっている。

立っていられないほどの強風、横なぐりの大雨。夕方の帰宅時間帯に台風の直撃を受けた首都圏が大混乱した。J R、私鉄、地下鉄各線が次々と運休するなど鉄道網がまひ。午後5時ごろには、新宿、池袋、秋葉原など主要駅の改 札付近は、足止めされた数百人で混雑した。駅前はずぶぬれになり、タクシーやバスを待つ長い列ができた。

 東日本大震災が発生した3月11日以来の帰宅困難者も出て、警視庁は鉄道各社に「駅から乗客を締め出さないよ うに」と指示。企業や学校には「帰宅時間を遅らせるように」と要請した。午前0時までには、大半の鉄道の運転が 再開されたが、震災の日と同様に長距離を歩き、帰路を急ぐ会社員や学生の姿もあった。

 東海道新幹線も一時全線が運休し、東京駅で再開を待っていた浜松市の会社員対野義章さん(46)は「台風が静 岡に上陸したので家がどうなっているのか心配だ」とため息。「どうしたらいいのか」と床に座り込む女性もいた。 空の便も羽田空港発着路線を中心に国内線500便以上が欠航。成田では国際線など約140便が欠航した。(後略)

ソース全文
nikkansports.com http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110922-838833.html








☆そろそろ日本人も自分で考えて判断出来る様にならないとね。地震と違って台風は事前に予測がつくからね。今回の台風15号だって前の日にはかなり詳細な予測がされていたんだけどね。 

「赤信号、みんなで渡れば怖くない。」ってのが日本人の心理なんだろうけど。 交差点は自動車を運転しているのが日本人だから止まってくれるだろうけど、台風はみんなが出勤しても容赦はしてくれませんよ。 周りがどうかじゃなくて、自分はどうするかが大切なんだけどね。

12号で痛手を受けたのに、15号でも懲りないとなると救いようが無いですね。 「早く(自分で考えて判断する。)大人になろうよ。」 ハイ。

金環日食まであと1年
2011年05月23日(月) 11:57
○日本では25年ぶりの金環日食まであと1年

2012年5月21日の朝、日本の太平洋側を中心に金環日食が見られる。東京・名古屋・大阪などの都市部でリング状の太陽が見られるほか、金環帯以外の地域でも大きく欠けた様子を全国で観察することができる。

2012年金環日食の、主な都市での観測日時。クリックで拡大(「星ナビ」2011年5月号より)

2012年5月21日の金環日食まで、いよいよあと1年とせまった。

日食とは、地上のある地点から見て月が太陽の手前に重なることで太陽が欠けて見える現象をさす。2つの天体がちょうどぴったり重なるもののうち、月の見かけの大きさが大きいために太陽全体が隠れてしまうものを「皆既日食」、反対に月の見かけが小さいために太陽が完全に隠れずリング状に見えるものを「金環日食」と呼ぶ。2009年7月22日に日本や中国などで見られた「皆既日食」は大きな話題となったので記憶に新しいところだろう。

2009年の皆既日食は日本の陸地で46年ぶりに見られたが、来年の金環日食も日本では25年ぶりというやはり珍しい現象だ。2009年は奄美大島や屋久島といった限られた地域でのみ観察できたのに比べ、2012年金環日食は大阪・名古屋・東京といった大都市を含む広い範囲で見ることができる。

世界的に見ても今回の金環帯は、香港・台北に始まり、日本を経て太平洋を横断した後アメリカ西海岸を通ってテキサス州にいたるという、人口密集地域にかかっているのが特徴だ。有史以来世界の人口が増加しつづけていることを考え合わせると、「史上もっとも多くの人に見守られる金環日食」となるかもしれない。

日本での金環日食は、朝7時半前後に3〜5分間程度観測することができる(画像)。金環食が見られない地域でも、北海道から沖縄まで全国的に大きく欠けた部分日食が見られる。多くの人は通勤・通学の時間帯だが、自然の面白さに触れ、私達の地球が宇宙の中にあることを実感できるまたとないチャンスなのでぜひ目にしたい。特に子どもたちの観測機会確保に関しては、教育現場の配慮も一考に値する現象と言える。

2009年の皆既日食の際にも呼びかけられたように、太陽の光は人間の目に非常に有害であるため、専用の太陽観察用メガネを使用するなど細心の注意が必要となる。今後天文界では金環日食の情報を提供していくとともに、こうした安全事項についても強く呼びかけていく。当日晴れることを祈りながら、貴重な天文現象を安全に楽しむ準備を万端にしておこう。



http://www.astroarts.co.jp/news/2011/05/20kinkan/index-j.shtml







☆25年前にあったんですね。全然覚えていませんが。

まあ、本当に見る事ができるかどうかは天候次第なのでどうなるかわわかりませんが、期待しましょう。 ハイ。

M8級、1か月内にも再来
2011年04月14日(木) 20:23
○東日本大震災の震源域の東側で、マグニチュード(M)8級の巨大地震が発生する可能性が高いとして、 複数の研究機関が分析を進めている。

日本海溝の東側で海のプレート(岩板)が引っ張られる力が強くなっているためで、早ければ1か月以内 に津波を伴う地震が再来する危険がある。

M9・0の東日本大震災は、押し合っていた海のプレートと陸のプレートの境界面が破壊されて起きた。 そのため周辺の地殻にかかる力が変化し、東日本全体で地震が誘発されている。

京都大防災研究所の遠田晋次准教授(地震地質学)は全地球測位システム(GPS)の測定データから、 海のプレート内部で引っ張られる力が強くなっていることを突き止めた。明治三陸地震(1896年)の 37年後、昭和三陸地震を起こしたメカニズムと共通しているという。 「今、昭和三陸規模の地震が起きると、仙台市で10メートルの津波が押し寄せる計算になる」と言う。

(2011年4月14日19時01分 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866918/news/20110414-OYT1T00112.htm







☆当分収まりそうのない地震ですが、原発の方も沈静化には長い時間がかかりそうで落ち着け無い日々が続きそうですね。

まあ、どうあっても関東に住んでいるリスクというのは有るわけで・・・。大変です。

節電よりも世間の「風評」
2011年04月11日(月) 09:21
★節電よりも世間の「風評」が気になる? 夜間に看板のライトを消すコンビニの苦悩

 深夜に看板のライトを消して営業しているコンビニもよく目にする。 しかし、「電力はストックできないため、深夜に節電したからといって、 電力需要の多い時間帯に利用できるわけではない」(東京電力広報)という。

 もちろん、そんなことは多くの人が理解しており、どちらかというと 「この時期に、夜間にライトを灯しているとイメージが良くない」との 理由から消灯している店舗が多いのだろう。 ここでも、「電力消費を抑えるため」と合理的に判断しているというより、 「風評」を気にして自粛する心理が見て取れる。

 もちろん、「ライトを灯していると消費者から苦情が来る」という現状があるならば、 ある意味、合理的な判断を下しているとも言えなくもない。 「被災地のために節電を」という人々の善意が、「何故、節電しないんだ」という 敵意に変わって自身に向けられることを、恐れているとも言える。

ダイヤモンド・オンラインから抜粋 http://diamond.jp/articles/-/11798?page=3









☆「治安の為には灯りを灯して暗い場所を作らない事が大切だ。」と言うのは現在常識となっているのですがね。 それをワザワザ暗くしてしまうのもおかしな話です。

「深夜に節電しても、昼間に役立たない。」と言うのも常識だと思うのですが、本当に苦情が来ているのでしょうか? 電力会社の広報はもっと理解して貰うように頑張るべきではとも思いますが。

「風評被害」とは正しい情報が正しく伝わらない為に起こる事なので、伝える側には情報を正しく伝える義務があるだろうし、受け取る側には感情的にならず理性的に情報を受け取る努力が必要と思います。

まあ、冷静になりましょう。 ハイ。

 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET