明るく、楽しく、嫌らしく。 難しい事は易しく。 重い話題は軽くさばきます。 syn3の私的覚書きです。
  • 2017/07
  • 2017-08 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/09
とにかく人のせいにする米国
2010年07月14日(水) 18:13
急加速事故、多くは運転ミスか トヨタ問題で米当局--新聞報道[10/07/14]

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は13日、米運輸省の 道路交通安全局(NHTSA)が「不意の急加速」が原因で交通事故に つながったとみられるトヨタ自動車の車に搭載されていた多数の 事故データ記録機(EDR)を解析したところ、アクセルペダルによる 加減速を調整する電子制御スロットルは全開でブレーキが使用されておらず、 事実上ドライバーの運転ミスであることが分かったと報じた。

関係筋の話として伝えたもので、この解析結果は、不意の急加速を訴える 一部ドライバーは、ブレーキを急にかけようとして、誤ってアクセルペダルを 踏み込んだことを意味しているという。 ただ同筋は、 (1)アクセルペダルが戻りにくい (2)アクセルペダルがフロアマットに引っ掛かる −という二つの欠陥に関する疑惑が晴れたわけではないとしている。

ソースは
http://www.jiji.co.jp/jc/c?g=ind_30&k=2010071400058







☆これまで何度かこの件に関してアップしてきましたが、結局の所運転ミスですか。(笑い)

米国人の嘘つきぶりが良く分かる今回の事件でしたね。 自分の責任もとにかく他人に押しつける。 米国で誤ってはいけない事が良く分かります。

しかし、NASAまで動員してこの結果ですから・・・。 ホント笑えます。


世界を駈ける
2010年07月12日(月) 20:02
○2010年 F1 第10戦 イギリスGPの決勝レースが11日(日)、 シルバーストン・サーキットで行われた。

優勝は、レッドブルのマーク・ウェバーで今季3勝目。 2位にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、 3位にはニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)が続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は6位でフィニッシュ。 前戦に続きポイントを獲得した。

レースは、オープニングラップでポールポジションからスタートした セバスチャン・ベッテルがリアタイヤのパンクにより最後尾に後退。 トップに立ったマーク・ウェバーが圧倒的なペースでレースを支配。 ベッテルは後方から追い上げをみせ、7位でフィニッシュした。

2007年の最終戦ぶりにレース復帰を果たした 山本左近(ヒスパニア・レーシング)は、最下位20位で完走した。

F1-Gate.com
http://f1-gate.com/result/f1_8329.html







☆日本は参議院選で盛り上がっていた上に、ワールドカップの決勝戦もおこなわれていて、非常に影が薄かったF1グランプリなんですが・・・。

  F-1 って何? と言われそうな位に人気がないですが、英国では12万人と過去最高の観客数を記録したそうです。

そんな中で、日本人ドライバーの小林が連続して6位に入賞しました。パチパチ。

カムイの凄いところは、ザウバーと言うハッキリ言って競争力が劣る下位チームのマシンを駆っての6位ですから価値が有ります。

2010年シーズンのチームを実力分けすると、四強と言われるトップGr レッドブル、 マクラーレン、 メルセデスGP、 フェラーリ。

中段の、ルノー、 ウィリアムズ、 フォース・インディア、 トロ・ロッソ。

そして下位チームである、ロータス、 ヒスパニア・レーシング、 ヴァージン、 ザウバー となっています。


各チーム2台のマシンを投入してますので、下位チームは順当に行けば17位以下になるのが順当なんですが・・・・。


そんな中で、連続で6位に入賞し。ポイントランキングで現在12位にいるカムイは凄いと思います。 F1はこれから折り返して後半戦となりますので、是非今のっている小林カムイに注目して欲しいと思います。 ハイ。


新技術のリスク
2010年02月07日(日) 19:30
★プリウス、米当局に苦情相次ぐ=急加速問題も浮上−トヨタ

 【ニューヨーク時事】米国内でトヨタ自動車のハイブリッド車(HV)新型「プリウス」について、 当局への苦情が急増している。米運輸省の道路交通安全局(NHTSA)の資料によると、 過去数日間では、ブレーキの利きが悪いとのクレームの中に、「突然の加速」「急加速」を 訴える苦情も相次いでいる。

 苦情のすべてが車の欠陥を意味するわけではない。 ただ、米政府や議会は現在、トヨタによるアクセルペダルなどの不具合に伴う大量リコール (回収・無償修理)問題で、NHTSAに寄せられる消費者らのクレームを基に、 電子制御装置の構造的な欠陥の有無について追及しようとしている。

 それだけに、新型プリウスの所有者が「突然の加速」を訴えるクレームは、 トヨタにとってさらなる逆風となりそうだ。

 NHTSAの資料によると、ブレーキ問題に絡む苦情件数は、 メディアによる一斉報道で問題が大きくなったこともあり、5日昼までに600件を超えた。

 ブレーキ問題がメディア報道で発覚した2日時点の資料では、 「突然の加速」を具体的に訴える苦情は事実上なかった。

 新たな資料では、「でこぼこ道を通過しながら下り坂を運転していると、突然の加速が起きる」 「道路のくぼみを通過中、ブレーキを踏んだままの状態の時、瞬間的に急加速した」といった 苦情が寄せられている。ブレーキ問題に絡む交通事故は16件で、4人が負傷しているという。 (2010/02/06-13:02)

時事通信 http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2010020600219







☆僕はトヨタのユーザーを見切った様な態度の車作りは好きじゃないのだけど、今回の事件に関してはトヨタに少し同情的です。

この記事に書かれている下線部の内容を見る限り、単にABS作動時の空走感が原因と考えられるからです。 窪みや段差などの瞬間的なショックを受けた際にABSが作動して空走感を感じるのは、10年以上前のABSでは一般的な事だったのですけどね。

ABSは作動すると1秒くらいはグリップが回復しても作動するのが普通ですが、結構長く感じるんですよね。 これが。

ただ疑問もあった、プリウスは初代、2代目でこれまで140万台も売れているわけで、これらで出てこなかった問題が何で3代目になって出てきたのか?

設計者などや開発者などは新型プリウスで変更したシステムやプログラムを理解しているので今回の出来事で「あ、あれか。」と思いつく所があるんだろうね。既に、対策プログラムも出来ているし。

まあ、新しいことをやる時にはリスクが付きものなんだけど、今回は裏目にでたね。 残念ながら。

チェーン規制とは
2009年12月31日(木) 15:37
○雪の影響で山陽自動車道と中国自動車道は31日、 広島県福山市から山口県美祢市にかけての上下線約250キロで通行止めとなっている。 冬タイヤを着用していないためのスリップ事故なども多発。 広島県警などによると、雪の影響とみられる事故はこの日午前だけで30件近くに上るという。

西日本高速道路会社中国支社によると、午後0時10分の段階で通行止めになっているのは、 山陽自動車道の福山西インターチェンジ(IC、広島県福山市)から、 中国自動車道の美祢西IC(山口県美祢市)間の約250キロ。 下り線の福山西ICを先頭に約3キロの渋滞となっているという。

また、広島自動車道の広島西風新都IC(広島市)―広島ジャンクション(同市)間の 上下線4キロも通行止めとなっている。

朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/1231/OSK200912310009.html











☆寒い日が続きますね。 中国地方も山間部では雪が降っているようで車の運転には要注意です。 ところで皆さんは「チェーン規制」に二通り有ることをご存じでしょうか?

一般に、「チェーン規制」チェーン又は冬用タイヤの装着が必要な路面の状況を表していますが、 状況によっては冬用タイヤとチェーンの両方が必要となることもあります。「チェーン装着車以外通行止め」と言われているようです。

非常に紛らわしいのですが、知っておいた方が良いでしょう。 スタットレスタイヤを使っていてもチェーンが必要な場合があると言う事は覚えていて下さい。 ハイ。




 今年一年ありがとうございました。 来年もよろしくお願いします。


自殺行為
2009年06月16日(火) 12:47
○高速道で歩行者はねられ死亡、車故障し車外に? 三重


 15日午後7時45分ごろ、三重県亀山市両尾町の新名神高速道路上り線で、追い越し車線を歩いていた兵庫県赤穂市加里屋、職業不詳井上荘子さん(40)が、乗用車にはねられ、死亡した。三重県警高速隊によると、井上さんの軽乗用車が追い越し車線でハザードランプをつけた状態で止まっていて、井上さんは車の故障で車外に出たとみて調べている。

http://www.asahi.com/national/update/0615/NGY200906150013.html






☆やりきれないですね。 常識を知っていれば亡くならなくて済んだものを。


先ず、「追い越し車線に車を止めてはいけません。」 右にウィンカーを出して路肩に駐めましょう。(路肩が安全だと言うわけではない。)


その前に、「軽四で追い越し車線をづっと走るな。」ってのもあります。(悲しいかな女性にはこの手の人が多い。)


「車からでたら先ず身の安全を確保。」 この場合、先ずは中央分離帯に逃げるべきだった。 追い越し車線を歩くのは自殺行為。 安全を確認してから、路側帯に非難すべきだった。




昔、同僚が夜間走行中に眠くなってアウトバーンの路側帯に車を駐めて仮眠を取っていたところ、巡回中のpolizeiがやってきて「路側帯は危険だからパーキング・ゾーンに駐めろ。」と注意されたそうです。


実際、一部区間で速度制限の無いAutobahnmの路側帯に車を駐めるのはかなり無謀だと思います。 100Kmの制限速度とはいえ日本の高速道路の路肩も決して安全ではないことも明らかなんですけどね。




多くの人に高速道路の緊急避難方法を知って欲しいと願うものです。


猛暑に備えてバッテリー交換
2009年04月16日(木) 20:21
☆前回バッテリー交換から5年経ったので車のバッテリーを交換しました。 今回使用したバッテリーは日立(新神戸電機製)フリーエースです。詳細は下記のリンクからどうぞ。

http://www.shinkobe-denki.co.jp/10.products/10.10.sbattery/10.10.10.car/10.10.10.70.html


車のバッテリーと言えば古河・ユアサ・パナソニック・などが有名ですが日立も評価が高いです。 まあこのあたりのバッテリーを使っていれば問題はないでしょう。


規格は38B19R。近くのホームセンター購入で価格はで3,950円でした。 製品は違いますが、ジェームスやイエローハットより千円安かったです。(ユアサやパナソニック製より安かった。) ネットで購入すれば表示価格は3千円前半でありますが、送料・代引き代金を入れると分からなくなるので、これで納得です。


家に持って帰った交換。 だいたい15〜20分位で交換完了。 セルスタートしてアイドリングを確認。 エンジンは快調に廻ってました。

バッテリーのエンジン側にはエンジンからの放射熱を防ぐために段ボールで熱遮蔽版を入れました。 バッテリーの寿命を延ばすには断熱は大切なのでお勧めです。 (段ボールだと簡単に作れるのが味噌。)


これで、安心して夏のドライブができます。 ハイ。


前にゾウ、後にもゾウ。
2009年04月08日(水) 21:00
皆さんお久しぶりです。 しばらく、休んじゃいました。 先週金曜日に、岡山から埼玉の春日部までお世話になった方の見舞いに車で1600Kmを30時間ほど(現地滞在の3時間を含む。)で走ってきました。 え〜。 一人ではなくて4人で交代で運転でしたが。


今回はその時自動車道や高速道路を走って感じたことです。



日頃、中四国の比較的にすいている自動車道を走っているせいで、今回の様に東名などの混んでいる高速道路を走って感じるのは、そう、「車間距離」が無い事。 「ちゃんと車間距離を取れよ。」とみんなで話していたのですが、静岡に入り富士山に近づく頃、トンネルの中で見事に多重追突事故をやってました。 それも、二件。

後から考えると、先に起きた追突事故で渋滞が起こり、その渋滞に気がつかずにトンネルに入ろうとした車がブレーキをかけた為に、後続車が多重追突をしたようです。

直ぐ次のサービスエリアに入って道路情報を確認すると、僕らが通過したのはほんの数分くらい後の様で、運が悪ければ巻き込まれた可能性も有りました。 (その時運転していたのは僕だったんだけどね。 )

まあ、止まれるだけの車間距離は開けて走っているけど問題は後の車なんだよね。


いくら、こちらが停止しても後続車に突っ込まれたら事故になる訳で。 前の車との車間距離は自分でコントロールできても後の車との車間距離のコントロールはほとんど後続車まかせ。

まあ、ルームミラーで後続車との車間距離を測りながらあんまり近い様なら減速しないでブレーキランプだけ点灯させて注意を促したりすることもあるけど。 なかなか思うようには車間距離を取ってくれないのが現実です。


下手に十分すぎる車間距離を取っていると、混雑時にはどんどん車が前に割り込んできて車間距離がかえって無くなるということもあり、現実的な対策があんまり無いのが悩ましい所です。


まあ、そうは言ってもこれを読んだ人だけは車間距離を取るように気をつけて下さい。 ハイ。


それから、極力トラックに挟まれて走るのはやめましょう。 事故になった時に悲惨ですから。 老婆心ながら。


 | HOME |   NEXT>>

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET